2019年10月から各業界で大小様々な変更があり修正奮闘中です。まだ未修正部分もありますので、必ず公式サイト等も合わせてご確認下さいますよう、宜しくお願い致します。
スポンサーリンク

【2019年10月度版】WiMAX2+おすすめプロバイダ比較ランキング。

スポンサーリンク

WiMAX2+プロバイダおすすめ比較解説

 

みなさま、こんにちは!

まなべやセービングブログのまなべ(@manabehirotsugu)です!

 

<本記事のポイント>
・WiMAX2+のプロバイダさんを徹底比較、分かりやすく解説。
・縛りなし・1年縛り・2年縛り・3年縛りなどの2019年10月からの大きな変化も分かりやすくお伝えします。
・実際の使用経験から、メリット・デメリット・おすすめポイントを徹底解説。

※本記事の料金は全て税抜き表示です。
※2019年10月現在、別途ユニバーサルサービス料月3円がかかります。
※本記事は細心の注意を払って作成しておりますが、変更や間違い等生じる可能性があります。お申込みの際は、必ず、各公式リンク先をご確認くださいますよう、何卒、よろしくお願いいたします。

 

せっちゃん
せっちゃん

この記事では、私が実際に「WiMAX2+」を使って感じていることを含めながら、分かりやすくお伝えいたします!

まなべや
まなべや

WiMAX2+で、どのプロバイダさんにしようか迷われている方にお勧めの記事です!

 

私は、WiMAX2+端末「W05」を使い始めて1年が過ぎようとしています。

節約もできていますし、ぶっちゃけ、結構気に入って使っております。

 

本記事では出来るだけ分かりやすく、WiMAX2+のプロバイダさんを比較していきたいと思います。

選択の一助になれば、幸いです。

 

<WiMAXとWiMAX2+は同じものです>
厳密に言いますとWiMAX(ワイマックス)の次の新しい世代のものがWiMAX2+(ワイマックスツープラス)ですが、現在導入出来るものにWiMAXは無くWiMAX2+しかありません。
従って、WiMAX2+も「WiMAX」とだけ書かれている事も多いです。
本記事では主に「WiMAX2+」、要所で「WiMAX」と記載しておりますが、全て新しい「WiMAX2+」ですので安心してご覧下さい。

 

 

では、結論から!

 

 

  1. 結論。【2019年10月度版】WiMAX2+おすすめプロバイダはこれだ!
  2. WiMAX2+は、縛りなしと1年縛り・2年縛り・3年縛りどれが良いのか?
    1. WiMAX2+の縛りなしプランでおすすめのプロバイダは?
    2. WiMAX2+の1年縛りプランでおすすめのプロバイダは?
    3. WiMAX2+の2年縛りプランでおすすめプロバイダは?
  3. 【注意点】2020年春頃には、5Gと楽天モバイルが始まる予定です。
    1. 今、契約中の方
    2. これから新規でWiMAXをお考えの方
  4. 【2019年10月度版】WiMAX2+おすすめプロバイダランキング!【無制限ギガ放題プランW06編】
  5. オススメNo.1は、GMOとくとくBB(月額割引キャンペーン)
  6. GMOとくとくBB(月額割引キャンペーン)のメリット・おすすめポイント・お得な使い方
    1. 1.GMOとくとくBB WiMAX2+月額割引キャンペーンは、安さ第2位です。
    2. 2.GMOとくとくBB WiMAX2+は、工事不要です。
    3. 3.GMOとくとくBB WiMAX2+は、持ち運びOKです。外でも使えます。
    4. 4.GMOとくとくBB WiMAX2+は、家の中に置いておけば、固定回線の代わりになり得ます。
    5. 5.GMOとくとくBB WiMAX2+は、1台で複数の機械にインターネットを飛ばせます。
    6. 6.GMOとくとくBB WiMAX2+は、速度も比較的速いです。
    7. 7.GMOとくとくBB WiMAX2+は、月のデータ量が無制限です。ギガ放題プランは、7GB制限がありません。
    8. 8.GMOとくとくBB WiMAX2+は、東証一部上場企業のGMOインターネット株式会社運営なので安心感があります。
    9. 9.GMOとくとくBB WiMAX2+は、8日以内のクーリングオフに加え、20日以内の解約違約金無料キャンセルが出来ます。
    10. 10.GMOとくとくBB WiMAX2+は、auスマートバリューmine適用で、auスマホ毎月最大1,000円割引されます。
    11. 11.GMOとくとくBB WiMAX2+は、UQ mobileギガMAX割適用で、UQ mobileユーザー毎月最大300円割引されます。
    12. 12.GMOとくとくBB WiMAX2+月額割引キャンペーンは、キャッシュバック受け取り自体がないので、煩雑さがありません。
  7. GMOとくとくBB(月額割引キャンペーン)のデメリット・注意点
    1. 1.強制加入オプションが2つあります。
    2. 2.3日間10GB以上で1Mbpsになる速度制限があります。
    3. 3.山間部にやや弱いです。※回避策あり
    4. 4.障害物にやや弱いです。※回避策あり
  8. 山岳部に弱いこと、障害物に弱いことの回避策は?
    1. 4GLTEはauスマホ携帯と同じ回線
    2. ハイスピードプラスエリアモード(4GLTE)にするにはどうすればいいか?
    3. ハイスピードプラスエリアモード(4GLTE)の場合、月7GBの制限あり
    4. 回避策まとめ
  9. WiMAX2+の事前確認方法3つ
    1. 1.WiMAXサービスエリアのピンポイントエリア判定をしてみましょう!
    2. 2.無料で15日間試せるサービスがあります。
    3. 3.レンタルしてみて確認する。
  10. オススメNo.2は、GMOとくとくBB(キャッシュバックキャンペーン)
  11. 私が使っているGMOとくとくBBさんで申し込んだ旧機種のWiMAX2+【W05】の紹介です。
  12. 他のWiMAX2+おすすめプロバイダ
    1. WiMAX2+プロバイダで、キャシュバックも強制加入オプションもないプロバイダ「Smafi WiMAX」
  13. WiMAX2+プロバイダさん比較の際は『実質月額料金』と『特徴』の2つだけをみればOKです!
    1. 「UQコミュニケーションズ株式会社」さんがWiMAX2+回線を管理
    2. WiMAX2+回線を20社以上のプロバイダさんに貸し出し
    3. プロバイダさんは窓口
    4. 回線や端末は「UQコミュニケーションズ」さんから提供
    5. もし、WiMAX2+を契約するなら、各プロバイダさんの料金の違い・好みの特徴のみ確認するだけでOK
  14. 最後にまとめと、感想です。さあ、WiMAX2+を使ってみましょう!
スポンサーリンク

結論。【2019年10月度版】WiMAX2+おすすめプロバイダはこれだ!

GMOとくとくBBWIMAX2+

2019年10月時点のWiMAX2+おすすめプロバイダは、

 

■プロイバイダさん:GMOとくとくBB 月額割引キャンペーン

■プラン:ギガ放題(7GBではない無制限プラン)

■機種:W06(現時点での最新機種)

 

です!

 

▼詳細:【GMOとくとくBB】WiMAX2+月額割引キャンペーン

 

 

但し、こちら「実際にやってみた!GMOとくとくBBキャッシュバック受取り方を分かりやすく解説いたします。」の回を見ていただいて、キャッシュバック受け取りの自信がある方、キャッシュバック受け取りができそうな方は、キャッシュバックプランの方がややお安い(実質月額で数十円ほどお安い)ので、こちらがオススメになります。

実際にやってみた!GMOとくとくBBキャッシュバック受取り方を分かりやすく解説いたします。
GMOとくとくBBキャッシュバック受取り方の分かりやすい解説。写真入りで分かりやすくお伝えします。

▼詳細:【GMOとくとくBB】WiMAX2+キャッシュバックキャンペーン

 

 

但し、数ヶ月の短期間で解約するかも知れない方は端末の返却が必要ですが、【Wifiレンタルどっとこむ】 さんで【W06】をレンタルするのがオススメです。

▼公式:Wifiレンタルどっとこむ 公式サイト



 

そして、もし、WiMAX2+がエリア外だったり、自分の行動範囲の中で電波が繋がりにくい場所があったり、3日間10GBで1Mbpsの速度制限が気になるなどがあれば、実質月額料金が少し高くても「どんなときもWiFi」さんのような4GLTEのポケットWiFiがおすすめです。詳細はこちらです!

▼詳細:どんなときもWiFi 公式

どんなときもWiFi(芸能人有)

せっちゃん
せっちゃん

では続きに、何故おすすめなのか?を、分かりやすく書いて行きますね!

まなべや
まなべや

2019年10月から、プロバイダさんによって契約期間と料金がバラバラになっています。その辺りも分かりやすくお伝えいたしますね!

 

 

では、徹底比較を始めます!

 

 

スポンサーリンク

WiMAX2+は、縛りなしと1年縛り・2年縛り・3年縛りどれが良いのか?

WiMAX

※各端末の写真を引用させていただきました。

 

2019年10月からWiMAX2+の料金体系は、プロバイダーさんによりざっくり下記4つの契約期間に分かれました。

  • 縛りなし:UQ WiMAX
  • 1年縛り:BIGLOBE
  • 2年縛り:UQ WiMAX
  • 3年縛り:GMOとくとくBB、Broad WiMAX、カシモ、@niftyなど

 

結論からざっくり言いますと、契約期間の有無は、

  1. 最初に端末代金を払うか
  2. 解約時に解約違約金を払うか
  3. レンタルで端末返却が必要か

の違いです。

 

WiMAX2+の縛りなしプランでおすすめのプロバイダは?

2019年10月から「UQ WiMAX」さんに縛りなしのプランが出来ました。

いつ解約しても解約違約金がかかりません。

月4,050円で、最初に本体の端末代金が15,000円一括払いで必要です。

  • 月4,050円
  • 解約違約金なし
  • 最初に、本体端末代金15,000円一括払いが必要
  • ハイスピードプラスエリアモード(au4GLTE回線)を使うと月1,005円かかる
【公式】UQ WiMAX オンラインショップ|UQコミュニケーションズ
UQコミュニケーションズ【公式オンラインショップ】超高速モバイルインターネットのWiMAX2+を提供。UQ WiMAXは、UQコミュニケーションズ株式会社の高速モバイル通信サービスです。

 

せっちゃん
せっちゃん

これは、10月からの新しい携帯キャリアと同じ料金体系ですね。

まなべや
まなべや

WiMAXは全部のプロバイダさんがそうなった訳じゃないから、今、料金体系が混在してる感じですね。

 

つまり、ざっくりですが1ヶ月で解約した場合、4050+15000円かかるので、20,000円ほどかかります。これに契約事務手数料の3,000円がプラスされる感じです。

  1. 1ヶ月:4,050+15,000=19,050円
  2. 2ヶ月:8,100+15,000=23,100円
  3. 3ヶ月:12,300+15,000=27,300円

 

そうであれば、本体端末の返却は必要ですが、【Wifiレンタルどっとこむ】 で、レンタルした方がお安いです。WiMAX2+の最新機種【W06】もあります。

  1. 1ヶ月:5,019円
  2. 2ヶ月:5,019円+以降1日161円(1ヶ月5000円ぐらい)=10,000円ぐらい
  3. 3ヶ月:5,019円+以降1日161円(1ヶ月5000円ぐらい)=15,000円ぐらい

▼詳細:Wifiレンタルどっとこむ 公式サイト



 

WiMAX2+は短期間だとレンタルの方が良いと思います。

WiMAX2+のほとんどのプロバイダさんは端末本体を売っているため、契約上、短期間だと本体代金分が高くついてしまいます。

なので、短期間であればレンタルを視野に入れた方が良いと思います。

WiMAX2+はどちらかというと光回線などの固定回線の代わりとして、1年以上使うつもりだと、もう少しお安く出来る感じです。

 

例えば、数日であれば、【Wifiレンタルどっとこむ】 さんで借りる、または、1ヶ月、2ヶ月、3ヶ月とかであれば、WiMAX2+ではなくポケットWiFiの「FUJIWiFi」さんなどの方がお安くて使い勝手が良いかも知れません。

4GLTEなのでWiMAX2+回線より上限速度がやや遅く、レンタルなので端末の返却が必要ですが、データ量が25GB/月2500円・50GB/月3100円・100GB/月3800円などがあります。

 

▼詳細:FUJIWifi 公式



 

WiMAX2+の1年縛りプランでおすすめのプロバイダは?

BIGLOBE WIMAX2+ 1年縛りプラン

2019年10月から「BIGLOBE」さんが1年縛りのプランになりました。

月3,980円で、解約違約金は1,000円、最初に端末代金が19,200円かかります。

  • 月3,980円
  • 解約違約金12ヶ月目まで1,000円。13ヶ月目から無料。
  • 最初に、本体端末代金19,200円一括か、クレジットカードの場合800円×24回でもOK。(24回払い終える前に解約したら残金一括請求)
  • ハイスピードプラスエリアモード(au4GLTE回線)を使うと月1,005円かかる。

▼詳細:BIGLOBE WiMAX 2+ キャンペーン

BIGLOBEさんのこの1年プランは、初月無料でキャッシュバックが10,000円もらえます。

本体は19,200円で一括の場合と、クレジットカードの場合は800×24回でもOKです。

但し、その場合24回以内で解約してしまうと、解約時に端末代金残金を一括で請求されます。(BIGLOBE IDあればそちらで分割継続になる場合もあり)

 

1年〜2年ぐらいを考えておられる方は、3年契約しておいてから考える方法もありです。

1年〜2年ぐらいで解約するかも、、という方は、このBIGLOBEさんの1年プランにするのもよいと思います。

13ヶ月以降は解約違約金も無料なので、いつ解約しても、あとは本体代金の残高のみですので、特に心配もなく気分的に楽だと思います。

 

が、もう一つの方法としまして、下記2つの考え方もあります。

  1. GMOとくとくBBさんのキャッシュバックキャンペーンで3年縛り契約しておいて、キャッシュバックを受け取ってから考える。使い続ける場合はそのまま。解約する場合は解約違約金を払って解約する。
  2. 同じくGMOとくとくBBさんの月額割引キャンペーンで3年縛り契約しておいて、後から考える。使い続ける場合はそのまま。解約したいときは解約違約金を払って解約する。

でも良いんじゃないか、と考えました。

 

なぜ、こんなことを言っているのかと申しますと、GMOとくとくBBさんなどの3年縛りのプロバイダさんは基本、端末代金が無料0円だからです。

3年契約する代わりに端末を無料にしてくれる、というプランのままなのです。

 

せっちゃん
せっちゃん

今の流れだと、そのうち他のプロバイダさんも端末が無料じゃなくなるかも知れませんが。。

まなべや
まなべや

うむ。。

UQ WiMAXさんの縛りなし/2年縛りと、BIGLOBEさんの1年縛りは、最初に端末代金がかかりますので、その分、どうしても高くなってしまいます。

実際、自分もGMOとくとくBBさんのWiMAXを使っておりますが、GMOとくとくBBさんの場合は端末が無料0円で、初期契約解除でなければ端末含め何の返却も必要がないのが、とてもありがたいです。

 

最初に端末代を払うか?後から解約違約金を払うか?

そのため、例えば下記3つの考え方は、お金がかかるという面では、ざっくりほぼ同じです。

  • BIGLOBEさんで最初に端末代金を19,200円払う、
  • UQ WiMAXさんで最初に端末代金を15,000円払う、
  • GMOとくとくBBさんで最初に無料で端末を貰って、13〜24ヶ月後だったら解約違約金14,000円払う、25ヶ月目以降だったら解約違約金9,500円を払う、

のは、結局は同じ事だと言えます。

 

つまり、WiMAX2+の使い方として、

1〜2年ぐらいで解約するか?解約しないか?がまだ分からない場合、最初から3年契約にしておいていいんじゃないか、という考え方も可能です。

 

その上で結局やっぱり3年継続した、という場合はそれでOKですし、どうしても解約しなければいけない場合が来る事もある訳で、それはそれでしょうがない訳です。解約も正当な権利です。

だったら、初めから3年契約にしておいて、使い勝手も踏まえて、後から考えるのでも良いんじゃないかなと思います。

 

その根拠としてましては、その方が総額がお安いという事もあります。

自分が観測できた範囲になりますが、見落としがなければ、3年契約が最安です。

下記の表のように、最初に端末代金を払うよりは、後から解約違約金を払って解約する方が、お安い場合が多いように思います。

 

1年(14ヶ月目)で解約した場合の料金表

GMOとくとくBB
キャッシュバック
3年縛り
GMOとくとくBB
月額割引
3年縛り
BIGLOBE
1年縛り
UQ WiMAX
2年縛り
UQ WiMAX
縛りなし
契約事務手数料3,000円3,000円3,000円3,000円3,000円
端末代金0円0円19,200円15,000円15,000円
契約月3,609円2,170円0円3,880円4,050円
キャッシュバック0円0円-10,000円0円0円
1ヶ月目3,609円2,170円3,980円3,880円4,050円
2ヶ月目3,609円2,170円3,980円3,880円4,050円
3ヶ月目4,263円3,480円3,980円3,880円4,050円
4ヶ月目4,263円3,480円3,980円3,880円4,050円
5ヶ月目4,263円3,480円3,980円3,880円4,050円
6ヶ月目4,263円3,480円3,980円3,880円4,050円
7ヶ月目4,263円3,480円3,980円3,880円4,050円
8ヶ月目4,263円3,480円3,980円3,880円4,050円
9ヶ月目4,263円3,480円3,980円3,880円4,050円
10ヶ月目4,263円3,480円3,980円3,880円4,050円
11ヶ月目4,263円3,480円3,980円3,880円4,050円
キャッシュバック-34,500円0円0円0円0円
12ヶ月目4,263円3,480円3,980円3,880円4,050円
13ヶ月目4,263円3,480円3,980円3,880円4,050円
解約違約金14,000円14,000円0円1,000円0円
合計40,220円61,790円63,940円73,320円74,700円
実質月額
合計/14
2,873円4,414円4,568円5,238円5,335円

※変更や間違いあるかも知れませんので、詳細は必ず公式サイトをご確認下さいね。
※BIGLOBEの1年縛りはBIGLOBE会員であれば、月200円引きになります。

 

最初から解約するつもりでも、解約しないつもりでも、

最初から解約するつもりでも解約しないつもりでも、結局はいつ解約するかは当人の状況次第なので、だったら最初に3年縛りで契約しておいた方が良いんじゃないか、とも考えます。

ただし、何だか途中解約で解約違約金を払うのもめんどくさいし、、気持ち的にスッキリできる方が良いし、、という事であれば、縛りなしのUQ WiMAXさんか、1年縛りのBIGLOBEさんを選ぶのもアリだとは思います。

 

あと、もう一つの要因としまして、3年縛りじゃない契約の場合、ハイスピードプラスエリアモード(au4GLTE回線)を使った場合ですが(後で分かりやすく説明しています)、LTEオプション料として月1,005円かかってしまうというのがあります。(auスマートバリュー mine」をご契約されている月は無料です。)

 

GMOとくとくBBさんの3年縛りであれば、ハイスピードプラスエリアモード時も月1,005円が無料です。

どちらにしても、ハイスピードプラスエリアモード(au4GLTE回線)は7GB制限がありますので、自分はあんまり使ったことはないですが、それでもWIMAXの電波が届きにくいビルの奥のお店とかで数回使ったことがあります。

 

 

WiMAX2+の2年縛りプランでおすすめプロバイダは?

「UQ WiMAX」さんは上記で紹介しました月4050円の縛りなしプランと、月3,880円の2年縛りプランがあります。

2年縛りの概要は下記です。

  • 月3,880円
  • 更新月以外は解約違約金1,000円。
  • 最初に、本体端末代金15,000円一括が必要。
  • ハイスピードプラスエリアモード(au4GLTE回線)を使うと月1,005円かかる。
【公式】UQ WiMAX(ルーター)│超速モバイルネット WifiサービスはUQ WiMAX
UQ WiMAXの公式サイトです。UQ WiMAX(ルーター)は満足度No.1の超高速インターネット通信サービス。wifiで家でも外でもインターネット可能!一台のルーターで工事不要・即日開通、ワイヤレスだから配線ナシで、ケーブル不要でお部屋スッキリ!

 

また、下記リンクからのみ、端末は旧式の【W05】ですが、キャッシュバックが3000円つきます。

▼詳細:【WiMAX2+】【ご契約で、商品券3,000円をプレゼント】



が、本ブログでは、通常時もお申し込み可能で、速度などが安定している最新機種の【W06】をオススメしております。続きの比較表も【W06】を選んだ場合を比較しております。

 

2年縛りの場合でも、3年縛りの場合でも、上記の1年縛りの場合と考え方は同じです。

数ヶ月の短期間でないなら最初から3年縛りで契約しておいて、状況を見て継続か解約かを考える、というのが結果的に見て総合的にお得で良いんじゃないか、と考えられます。

 

 

 

スポンサーリンク

【注意点】2020年春頃には、5Gと楽天モバイルが始まる予定です。

ただ、注意点といいますか、念頭に入れておいた方が良いと思うのは、2020年春頃から次世代無線通信規格の5G(ファイブジー/ゴジー)と、キャリアになった楽天モバイルの正式稼働が始まります。

5Gは今の無線回線電波(4GLTE)の100倍ぐらい速い(!)とのことです。

そして、WiMAX2+からも数倍〜数十倍速いようです。

 

5Gは月データ使い放題で月8,000円ぐらいになるんじゃないか、と言われていますがまだ詳細は不明です。

楽天モバイルはの料金体系も不明ですが、『超安くする!』と発表していますので、それによって、他社の料金プランがどのように変化するか全くわかりません。

 

今、契約中の方

私もそうなのですが、今、WiMAX2+やポケットWiFiを契約されている方は、大きな不満がないならとりあえずそのまま使って、5Gと楽天モバイルの料金体系が発表されてから、改めて、解約するなり、継続するなり考えるのが良いんじゃないかな、と思います。

 

せっちゃん
せっちゃん

私も、とりあえず今は待ちの状態でいようかなと考えており、5G/楽天モバイルが良さそうであればWiMAXを途中解約して乗り換えようと思っていますよ!料金次第ですが。。笑

まなべや
まなべや

5Gも楽天モバイルもどうなるんだろうねえ

 

これから新規でWiMAXをお考えの方

 

難しいのは、これから2,3年の契約をしようと思われている方でしょうか。

いや、その場合でも、例え5Gになっても、まだ4GLTEもWiMAX2+も残っており併用して使えますし、5Gよりも4GLTEやWiMAXの方が料金的にお安いと思いますので、今から2年/3年契約しても問題ないといえば、多分、問題ないと思います。

なのですが、やはり5Gが始まってみないと、どういう感じになるのか正直分かりません。

 

また、楽天モバイルの料金体系はかなり気になりますし、それによって他社がどうなるのか不明点が多いのも確かです。

 

なので、今これからWiMAX2+で、3年などの長期のご契約をお考えの方は、

  1. 「GMOとくとくBB」でとりあえず3年縛り契約して、5Gや楽天モバイルがよければその時に解約違約金を払って解約して乗り換えるか、
  2. 端末代金はかかりますが、「BIGLOBE」で1年縛り契約にしておいて、1年後ストレスなく、簡単に、5Gや楽天モバイルに乗り換えられる方向にしておくか、
  3. 月額は高いですけど、いつでもストレスなく解約できるように、「UQ WIMAX」で縛りなしで契約するか、

という3つのやり方があるのかな、と思います。

 

どちらにしても、WiMAX2+を選ぶなら、現時点では「GMOとくとくBB」さんで3年契約をしておいたほうが、1年(14ヶ月目)以降ぐらいに解約することになって解約違約金を払うにしても、総合的にはそのほうがお得です。(私の観測範囲では。)

が、今後の通信環境の大きな変化で、もっとすごいお得な方法が出てこないとは限らない、ということは念頭に入れておいた方が良いかも知れません。

 

 

 

スポンサーリンク

【2019年10月度版】WiMAX2+おすすめプロバイダランキング!【無制限ギガ放題プランW06編】

ランキング最低契約期間実質月額料金総額料金特徴公式サイト
第1位
GMOとくとくBB
GMOとくとくBB

月額割引
3年3,477円132,093円20日間契約解除手数料無料GMOとくとくBB 月額割引キャンペーン
第2位
GMOとくとくBB
GMOとくとくBB

キャッシュバック
3年3,383円128,532円キャッシュバック受け取り手続きあり。20日間契約解除手数料無料
GMOとくとくBB キャッシュバックキャンペーン
第3位
BIGLOBE
BIGLOBE

キャッシュバック
1年
4,568円63,940円1年縛り。12ヶ月間解約違約金1000円以降解約違約金無料。BIGLOBE会員なら月-200円引きBIGLOBE WiMAX2+公式サイト
第4位
UQWiMAX

UQ WiMAX
2年4,573円118,880円2年縛り。2年間解約金1000円。縛りなしは月4050円UQ WiMAX
第4位
Smafi

Smafi
by GMOとくとくBB
3年3,593円136,503円キャッシュバック手続き・オプション強制加入一切なしのシンプル月額値引き。2年10ヶ月以降は事務手数料3,000円で最新機種と交換出来る。20日間契約解除手数料無料Smafi WiMAX
第5位
Dti-dreamjp

DTI WiMAX2+
3年3,611円137,190円NTTグループカードで12ヶ月500円キャッシュバック・会員限定「DTI Club Off」利用可DTI WiMAX2+
第7位
Broad WiMAX

Broad WiMAX
3年3,656円138,913円他社からの乗換え時契約解除料負担。口座振替可能。【BroadWiMAX】月額2,726円(税抜)~!
第9位
GMOとくとくBB
GMOとくとくBB

得の極み
3年3,686円140,059円契約月と1ヶ月目800円工事不要!WiMAX2+が月額800円(税抜)~!
第10位
カシモWiMAX

カシモ WiMAX
3年3,714円141,127円W05なら実質月額3,618円カシモWIMAX
第11位
hi-ho WiMAX

hi-ho WiMAX
月額割引
3年3,747円142,360円契約月+1ヶ月目〜5ヶ月目まで2,980円hi-ho WiMAX2+ 
第12位
hi-ho WiMAX

hi-ho WiMAX
キャッシュバック
3年3,949円150,040円キャッシュバック有りhi-ho WiMAX2+ 
第13位
so-net

So-net WiMAX
3年4,027円153,035円カペルスキーなど12ヶ月間無料。So-net接続コース会員の方はモバイルコース料金月200円不要。左記は月200円必要時の金額です。2年10ヶ月以降は最新機種0円で交換出来る。【So-net モバイル WiMAX 2+】
第8位
nifty
@nifty
3年4,711円179,002円他の@nifty接続サービスと併用なら月250円不要【@niftyWiMAX】
保留
JP WIMAX

JP WiMAX
Amazonギフト券
3年3,438円127,200円Amazonギフト券にてキャッシュバック
W06は時間を頂く場合ありとの公式記載有りのため保留中。
JPWiMAX

※実質月額の計算方法:契約事務手数料3,000円+初期費用+端末代金+送料+端末発送月(0ヶ月目)を1日に受け取ったとした料金+1ヶ月目〜36ヶ月目の月間料金+解約月の月額料金ーキャッシュバック料金/契約月数(端末発送月・解約月含む)

 

 

次は、上記表と私の経験から自信を持って選んだ、おすすめプロバイダさん2つです!メリット・デメリット・おすすめポイント・注意点・感想コメント等を書いて行きますね。迷ったら、この2つから選んでいただければOKです!

 

 

スポンサーリンク

オススメNo.1は、GMOとくとくBB(月額割引キャンペーン)

GMOとくとくBB 月額割引キャンペーン
GMOとくとくBB公式サイトより引用。

 

GMOとくとくBB」さんは、GMOインターネット株式会社さんが運営しているプロバイダになります。

GMOインターネット株式会社は東証一部上場企業ですので、安心してお申込みできると思います。

 

▼公式:WiMAX2+ GMOとくとくBB 月額割引キャンペーン 公式

 

 

スポンサーリンク

GMOとくとくBB(月額割引キャンペーン)のメリット・おすすめポイント・お得な使い方

1.安さ、第2位です。
2.工事不要です。
3.持ち運びOKです。外でも使えます。
4.家の中に置いておけば、固定回線の代わりになり得ます。
5.1台で、複数の機械にインターネットを飛ばせます。
6.速度も比較的速いです。
7.月のデータ量が無制限です。ギガ放題は、7GB制限なし。
8.東証一部上場企業運営の安心感。
9.8日以内のクーリングオフに加え、20日以内の解約違約金無料キャンセルもできる。
10.auスマートバリューmine適用で、auスマホ毎月最大1,000円割引。
11.UQ mobileギガMAX割適用で、UQ mobileユーザー毎月最大300円割引。
12.キャッシュバック受け取り自体がないので、煩雑さがない。
13.GMOとくとくBBが10周年・契約者数130万件突破で、抽選でプレゼントキャンペーン中!

 

▼公式:WiMAX2+ GMOとくとくBB 月額割引キャンペーン 公式

 

 

1.GMOとくとくBB WiMAX2+月額割引キャンペーンは、安さ第2位です。

GMOとくとくBB 月額割引キャンペーン

GMOとくとくBBさんのWiMAX2+には、

  1. キャッシュバックキャンペーン(実質月額3,383円)
  2. 月額割引キャンペーン(実質月額3,477円)

の2つがあります。

 

違いは、

  • キャッシュバックか?月額割引か?の料金体系の違い
  • 3年間でキャッシュバックキャンペーンの方が実質月額数十円安い

です。

それ以外、プロバイダさんも中身も端末も電波も速度も何も違いはありません。

 

ではなぜ、この安さ第2位の月額料金キャンペーンをオススメしているかですが、

  • キャッシュバックキャンペーンは、キャッシュバックの受け取りがやや面倒で、あまり慣れていない人にはオススメしにくい。

からです。

 

キャッシュバックキャンペーンについては後述いたしますが、実際に私自身がキャッシュバックキャンペーンでキャッシュバックを受け取りしてみた実感として、その面倒さから受け取りにくい方もいらっしゃるかも知れないと感じ、月額キャンペーンをオススメしております。

 

月額料金キャンペーンであれば、キャッシュバックの手続きもないので楽です。

しかも、差額は実質月額で月数十円ほどアップするだけです。

WiMAX2+が届いたら設定して使うだけで良く、端末も買取の0円無料なので、たとえ途中で解約したとしても端末代金の支払いも端末の返却も必要なく、総合的に「GMOとくとくBB WiMAX2+月額料金キャンペーン」のほうがNo1のオススメである、と判断しております。

 

月額割引キャンペーンの料金体系

GMOとくとくBBギガ放題料金

 

契約事務手数料が最初に3,000円必要で、端末到着月と1,2ヶ月目は2,170円、その後3,480円、3年目から4,263円になり、3年トータル金額を契約月数で割った実質月額は、3,477円になります。

これは、ポケットWiFiでも、比較的かなりお安い方になります。

 

根拠となる、具体的な他のポケットWiFiのお値段は「ポケットWiFi・モバイルWiFi・レンタルWiFi・WiMAX2+比較。メリット・デメリット・注意点・おすすめポイントを分かりやすく解説いたします。」の回で徹底比較しております。

お時間ある時にでも、ぜひ、ご覧になってみてくださいね。

 

具体的には、無制限で月額割引キャンペーンより安いものは、同じGMOとくとくBBさんのキャッシュバック手続きが必要なものぐらいです。

 

端末代金も無料0円。送料も無料0円。

さらに、端末代金も無料ですし、送料も無料です。

 

『端末代金無料』という謳い文句には注意が必要です。

実は、端末代金が無料というものには、2種類あります。

  1. 無料でもらえる、0円無料タイプ
  2. 本当は数万円払っているけど、月々数千円×36回ぐらい割引して無料にする、実質無料タイプ

 

2の実質無料タイプは、仮に更新月ではない途中月で解約すると、解約違約金に加え、残りの端末代金を請求されます。

プロバイダによって、たまに実質無料タイプがありますので、注意が必要です。

 

GMOとくとくBBさんのWiMAX2+端末は1の無料でもらえる0円無料タイプです。

これは、更新月ではない途中月で解約しても、解約違約金はかかりますが、残りの端末代金を支払う必要がない、という事にもなりますので、そういう点でもオススメになります。

 

端末はレンタルではなく、買取でしかも無料0円。

しかも、レンタルでは無いので、解約時に端末の返却も、SIMの返却も必要ありません

これが結構重要で、実際、他はレンタルでお安くしている所もあるのですが、レンタルは解約時に端末とその中に入っているSIMと、箱と説明書なども一緒に返さなければいけないので、無くなってしまったりして、それがかなりめんどくさい原因になったりします。

 

SiM(シム)というのは、WiMAX2+端末の中に入っているチップみたいなもので、普段も特に全く気にしなくてもOKなものです。

以前はSiMの返却のみ必要だったらしいですが、現在はSiMの返却は任意だそうで、返却がなくても全く問題ないとのことです。

これは、実際にGMOとくとくBBさんに確認し、回答をいただいております。

 

契約を3年にして、月額料金を下げる方向です。

契約は、3年間です。

3年以内に解約すると、下記契約解除料がかかります。

  • 端末発送月とその翌月を1ヶ月目とした1ヶ月目~12ヶ月目までのご解約の場合:19,000円
  • 13ヶ月目~24ヶ月目までのご解約の場合:14,000円
  • 25ヶ月目以降、契約更新月以外のご解約の場合:9,500円

 

これは、3年間お使い頂くことにより月額料金を下げている、という根拠にもなっています。

 

その為、できるだけ、更新月での解約をおすすめいたします。

しかし、どうしても3年以内に解約しなければいけない時もあると思います。

仮にそうなっても、端末等の返却が必要無いので、そういう面でとても楽に解約できると思います。

  • 3年間実質月額料金3,477円
  • 端末代金無料0円
  • 送料無料
  • 買取のため端末/SiMの返却必要なし

 

▼公式:WiMAX2+ GMOとくとくBB 月額割引キャンペーン 公式

 

 

2.GMOとくとくBB WiMAX2+は、工事不要です。

WiMAX2+は工事不要

それから、GMOとくとくBBさん含む、WiMAX2+のポケットWiFiの一番の良い所は、工事が一切不要な所です。

例えば、ドコモ光や、ソフトバンク光、auひかりなどの光回線は、工事が必要で、しかも、光回線を受信するホームゲートウェイと呼ばれる受信機械も必要になります。

 

WiMAX2+の場合は、端末が届いたら電源オンすると、パソコン・タブレット・スマートフォン・ゲーム機などに自分のWiMAX2+回線の名前が表示されますのでそれを選び、パスワードを入力するだけですぐ使えます。

設定方法も全て説明書に載っておりますので、本当に、とっても簡単です。

 

3.GMOとくとくBB WiMAX2+は、持ち運びOKです。外でも使えます。

WiMAX2+W05

WiMAX2+は持ち運びOKなので、外に持っていってもOKです。

と言いますか、持ち運ぶことが前提になっていますので、ガンガン外に持っていきましょう!

 

せっちゃん
せっちゃん

私も家と、外出時は普通に外に持っていってます!

まなべや
まなべや

持ち運べるのは、ほんと普通に便利です!

 

引越しのとき、外でパソコンやタブレット・スマホを使うとき、誰かの家で使うときなど、とても便利

私がWiMAX2+を使ってて本当に便利だと思っているのは、まさにこの、どこでも持ち運べる所です。

実際の経験として最高に便利だと思ったのは、

  1. 引越し時などに、新居で何もない状態でも、古い家で何もなくなった状態でも、自分のWiMAX2+端末があればインターネットが使える。
  2. 誰かの家にパソコンを持って行く時でも、どこかのお店や喫茶店にパソコンやタブレットを持って行く時でも、自分のWiMAX2+端末を持っていくだけなので、何も設定せずにそのまま使える。

ことです!

 

せっちゃん
せっちゃん

引越しの時は、まじ便利だと思いました!

 

おすすめの充電器・モバイルバッテリー

Ankerモバイルバッテリー

WiMAX2+を外に持って行く場合、充電器を常備するのがベストです。

おすすめは、私も愛用しております、上記写真の『Anker』という会社のプラグがついているタイプのモバイルバッテリーです。

モバイルバッテリーは、絶対に、そのまま電源コンセントにさせる『プラグ』が付いている方が良いです。

なぜなら、喫茶店などでもそのまま充電できるからです。

本当に、凄く使い勝手が良くなりますので、1台お持ちになる事をオススメいたします。

 

 

4.GMOとくとくBB WiMAX2+は、家の中に置いておけば、固定回線の代わりになり得ます。

WIMAX2+パソコン接続

WiMAX2+をそのまま家の中に置いておけば、固定回線の代わりになり得ます。

必ずしも繋がなくてもいいのですが、「USB3.0 Type-Cケーブル」でWiMAX2+とパソコンとを有線接続すれば、充電もできますし、通信の安定性も上がりますのでおすすめです。

 

WIMAX W05 再起動

最新端末の【W06】に関しては、電波の繋がりやすさがアップしている分、上記写真のような台座(クレードル)は廃止されました。

もし、台座が必要であれば、充電はできませんが市販のスマートフォンスタンドに載せるか、同メーカーの旧機種W05の台座(クレードル)にも乗せることが出来るとの情報がありますので(未確認)、一度、試してみるのも良いかと思います。

  • USB3.0 Type-Cケーブルで繋げる
  • 市販のスマートフォンスタンドに載せる
  • 旧機種W05の台座(クレードル)にも乗せられるかも

 

5.GMOとくとくBB WiMAX2+は、1台で複数の機械にインターネットを飛ばせます。

WiMAX

※各端末は公式サイトより引用。

 

WiMAX2+は、1台で複数の機械にインターネットを飛ばせます

最新端末の【W06】であれば、同時最大接続数16台です。

16台あれば、お家の中のものは、ほとんど大丈夫じゃ無いかと思います。

 

我が家ではWiMAX2+を、iPhone・パソコン・PS3・任天堂Switchに飛ばして、常時インターネットに繋げております。

 

▼公式:WiMAX2+ GMOとくとくBB 月額割引キャンペーン 公式

 

6.GMOとくとくBB WiMAX2+は、速度も比較的速いです。

WiMAX2+の最新機種【W06】は、下り最大速度1.2Gbps上り最大速度75Mbpsなのですが、エリアがまだまだ狭いなど制約があります。

事実上は、下り最大440Mbps上り最大速度30Mbpsです。

 

他社のポケットWiFiなどは下り最大150Mbpsなどが多いので、WiMAX2+の事実上の下り最大440Mbpsというのは、比較的速い方です。

 

私が使っているのは旧機種のW05なので参考程度で考えて頂きたいですが、日々使っている時の実測は、毎日昼夜時間問わず、大体、実測10〜30Mbpsぐらい、調子が良い時で50Mbps以上出る時もあります。

新機種の【W06】であれば、もう少し速い速度が出ると考えられます。

 

特に、普段WiMAXは「2.4Ghz」の電波なのですが、端末の設定から簡単に「5Ghz」の電波に変更できます。

家の中で使う用みたいな感じなのですが、「5Ghz」にすると電波の特性上、速度が速くなることが多いので、お家で使う分には「5Ghz」にするのも良いと思います。

しかし、速度に問題がなければ、この「2.4Ghz」「5Ghz」切り替えは特に気にしなくても大丈夫です。

 

あと、私の感覚で言えば、もちろん速いに越したことはありませんが、普段使いで実測10Mbps以上あれば、特に体感的にストレスなくインターネットが出来ていると感じられます。

 

せっちゃん
せっちゃん

下記は、ここの速度測定サイトで計測してみました値です!

WiMAX回線速度

 

 

7.GMOとくとくBB WiMAX2+は、月のデータ量が無制限です。ギガ放題プランは、7GB制限がありません。

WiMAX2+には2つの料金プランがあり、どちらでもお申込みできます。

  • ギガ放題プラン:月のデータ量が無制限です。(実質月額3,477円)
  • 7GBプラン:月のデータ量は7GBですが安いです。(実質月額2,753円)

 

WiMAX2+を使うなら、絶対に、月データ量が無制限の「ギガ放題プラン」をおすすめいたします。

なぜなら、7GBは心もとなく、緊急的な大容量にも耐えられて、大は小を兼ねる、ギガ放題プランの方が総合的な使い勝手が良いからです。

 

月データ量無制限月3,477円ー7GB月2,753円=月724円の差額を上回る、使い勝手の良さが月データ量無制限にはあると、私は実際に使っているWiMAX2+にて実感しております。

また、7GBで良いのであればWIMAX2+のポケットWiFiを持つ必要はなく、スマホなどのお使いの機器のデータ容量を上げるほうが、現実的でお得だと思います。

 

実際、私はWiMAX2+端末1台の契約で、家の外でも中でもガンガン使っておりますので、毎日平均3GB〜5GBぐらい、月50GB〜100GBぐらい使っています。

それでも、追加の料金は一切発生する事はありません。

ギガ放題は月のデータ量無制限なので、月額料金のみでOKです。

 

▼公式:WiMAX2+ GMOとくとくBB 月額割引キャンペーン 公式

 

8.GMOとくとくBB WiMAX2+は、東証一部上場企業のGMOインターネット株式会社運営なので安心感があります。

上記しましたが「GMOとくとくBB」さんは、GMOインターネット株式会社さんが運営しているプロバイダになります。

GMOインターネット株式会社は東証一部上場企業ですので、そういう面でも安心してお申込みできると思います。

 

▼公式:WiMAX2+ GMOとくとくBB 月額割引キャンペーン 公式

 

9.GMOとくとくBB WiMAX2+は、8日以内のクーリングオフに加え、20日以内の解約違約金無料キャンセルが出来ます。

GMOとくとくBBさんのWiMAX2+は、お申込み後、自分の状況とは違っていたとか、思うように通信出来なかった等でキャンセルしたい場合、8日間以内であれば、国が定めています、契約事務手数料の3,000円と端末返却でお申込みをキャンセルできる、クーリングオフキャンセル制度(初期契約解除制度)の対象です。

初期契約解除制度は、同じくこちらの「WiMAX2+ GMOとくとくBB 月額割引キャンペーン 公式」の下の方に載っています。

 

但し、8日間を超えてしまうと、通常3年縛りの場合19,000円等の解約違約金がかかってしまいます。。

しかしそういう事態を踏まえ、GMOとくとくBBさんであれば、20日以内であれば解約違約金19,000円無料でキャンセル出来る制度があります。(最初に払う、契約事務手数料・端末返送料・月額料金などはかかってしまいますが。)

 

この20日以内解約違約金無料キャンセルは、GMOとくとくBBさんしか行っていないため、すごく良心的だと思います。

詳しくは、同じ公式サイトの下の方の「■20日以内の解約違約金無料キャンセル適用について」載っています。

 

そこにも書かれていますが、この解約違約金が無料になるのは住所がピンポイントエリア判定で「◯」になっている必要があります。

同じサイトの上の方にある、ピンポイントエリア判定で調べることが出来ますので、ぜひ、お申込み前に調べてみてくださいね。

 

▼公式:WiMAX2+ GMOとくとくBB 月額割引キャンペーン 公式

 

10.GMOとくとくBB WiMAX2+は、auスマートバリューmine適用で、auスマホ毎月最大1,000円割引されます。

GMOとくとくBB auスマートバリューmine

加えて、auのスマートフォン・携帯をお使いのauユーザーの方は、GMOとくとくBB WiMAX2+をセット(同一名義)で使うと「auスマートバリュー mine」という制度で、プランにより月500円〜1,000円永年割引があります。

 

auスマートバリューmine手続き

  1. GMOとくとくBB WiMAX2+をお申し込みします。
  2. auで手続きします。
    <店頭>お近くのauショップほか、au取扱店
    <お電話>KDDIお客さまセンター
    au携帯電話から:(局番なし)157 (通話料無料)
    一般電話から: 0077-7-111 (通話料無料)
    受付時間:年中無休 (オペレータとの通話は9:00~20:00)

で、適用されます。

 

auスマートバリューmine割引額

auスマートフォン
auピタットプランシンプル:1GBまで割引対象外
スーパーカケホ/カケホ:2GBまで
シンプル:1GB超~2GBまで
au携帯電話の利用料金から月500円OFF
スーパーカケホ/カケホ/シンプル:2GB超~20GBまでau携帯電話の利用料金から月1,000円OFF
auフラットプラン
データ定額5/20/30
LTEフラット
ISフラット※受付終了プラン
データ定額5cp
U18データ定額20
データ定額8/10/13
プランF(IS)シンプル
au携帯電話の利用料金から月934円OFF
データ定額2/3
ジュニアスマートフォンプラン
カケホ(3Gケータイ・データ付)※受付終了プラン
シニアプラン
データ定額3cp
LTEフラット cp(1GB)
au携帯電話の利用料金から月743円OFF
データ定額1au携帯電話の利用料金から月500円OFF
ケータイ(4GLTE)
データ定額5(ケータイ)

※受付終了プラン
データ定額8/10/13(ケータイ)

au携帯電話の利用料金から月934円OFF
データ定額2/3(ケータイ)au携帯電話の利用料金から月743円 OFF
データ定額1(ケータイ)au携帯電話の利用料金から月500円OFF
ケータイ (3G)
カケホ(3Gケータイ・データ付)au携帯電話の利用料金から月743円OFF

 

WiMAX2+はドコモやソフトバンク、格安SiMのユーザー、パソコン、タブレット、ゲーム機などにも使えます。

もちろん、ドコモやソフトバンクのユーザーの方や、他のいわゆるMVNOと言われている格安スマホ、タブレット、ゲーム機等々をお使いの方も、問題なくWiMAX2+を使う事が出来ますので、安心してくださいね。

ただ、auとWiMAXは同じ系列の会社なので、auユーザーの方にサービスがありますよ、という感じになります。

 

auユーザーの方は、他のポケットWiFiと迷った場合、「auスマートバリューmine」があるのでWiMAX2+を選ぶとトータルの通信費としてお得になることが多いと思います。

 

▼公式:WiMAX2+ GMOとくとくBB 月額割引キャンペーン 公式

 

11.GMOとくとくBB WiMAX2+は、UQ mobileギガMAX割適用で、UQ mobileユーザー毎月最大300円割引されます。

WiMAX2+とUQ mobileでギガMAX月割

上記の「auスマートバリュー mine」と同じように、UQ mobileユーザーの方はGMOとくとくBB WiMAX2+をセットで使うと「ギガMAX割」という制度で、最大月300円が割引になります。

 

ギガMAX割手続き

  1. GMOとくとくBB WiMAX2+をお申し込みします。
  2. 「UQスポット」等のUQ mobile取扱店に行って手続きします。
  3. もしくは「UQオンラインショップ」やお客さま専用の会員サポートページ「my UQ mobile」よりWEBにて登録します。

で、適用されます。

 

UQ mobieユーザーの方はWIMAX2+を一緒に使うと月300円安くなる上に、無制限WiMAX2+に繋ぐ事でデータ量を無制限にする事も出来ますので、オススメです。

そのUQ mobileもオススメしております、格安スマホ・格安SiMの徹底比較記事「特徴とスタイルで選ぶ「格安SiM・格安スマホ」の徹底比較とおすすめランキング。」はこちらです。

 

▼公式:WiMAX2+ GMOとくとくBB 月額割引キャンペーン 公式

 

12.GMOとくとくBB WiMAX2+月額割引キャンペーンは、キャッシュバック受け取り自体がないので、煩雑さがありません。

先ほど、GMOとくとくBBさんのWiMAX2には、キャッシュバックキャンペーンと月額割引キャンペーンがあり、月額割引キャンペーンをオススメする理由は、キャッシュバックの受け取りがやや面倒(煩雑)だから、と書きました。

 

キャッシュバックキャンペーンのキャッシュバックの受け取り方法は、

端末発送月を含む11ヶ月目にGMOメールに届く「GMOとくとくBBからお知らせ キャッシュバック特典について」というメールに書いてあるサイトに、メール到着日の翌月末以内に振込口座を登録する

です。

すると、その振込口座を登録した日の翌月末日にキャッシュバック金額が全額、申請した振込先に振込みされます。

 

実際に自分が行った方法を写真入りでわかりやすく「実際にやってみた!GMOとくとくBBキャッシュバック受取り方を分かりやすく解説いたします。」という記事にしていますので、気になった方は一度、見てみて下さいね。

 

上記の記事の内容が出来そうであれば、キャッシュバックキャンペーンでもいいのですが、少しでも無理そうだと思われた方は、月額割引キャンペーンの方がおすすめになります。

 

▼公式:WiMAX2+ GMOとくとくBB 月額割引キャンペーン 公式

 

 

以上、GMOとくとくBB WiMAX2+月額割引キャンペーンのメリットとおすすめポイント、お得な使い方になります!次は、デメリットと注意点3つです。注意点もちゃんと知った上で、お申し込みして頂きたいので、全てをしっかり書いていきたいと思います!

 

 

スポンサーリンク

GMOとくとくBB(月額割引キャンペーン)のデメリット・注意点

1.強制加入のオプションがあります。
2.3日間10GB以上で1Mbpsになる速度制限があります。
3.山間部にやや弱いです。※回避策あり
4.障害物にやや弱いです。※回避策あり

 

1.強制加入オプションが2つあります。

GMOとくとくBB WiMAX2+月額割引キャンペーンにお申込み時、「安心サポート」と「WiFi(公衆無線LAN)接続サービス」のオプションをチェックしないとお申込みできず、強制的に加入が必要です。

但し、契約後に解除すれば無料ですので、実質お金はかかりません。

 

オプションを解除し忘れるとお金がかかってしまいますので、こちらも必要なければ、解除を忘れてはいけません。

解約はネットから手続きをするだけですので、簡単で、全く難しく無いです。

不安な方は、私も解除した方法を分かりやすくブログに載せてあります。

こちら「実際にやってみた!GMOとくとくBBオプション解約解除を分かりやすくお伝えいたします。」の回をご覧になって下さいね。

 

2.3日間10GB以上で1Mbpsになる速度制限があります。

これは、GMOとくとくBBさんの月額割引キャンペーンだけではなく、WiMAX2+全体に言える事なのですが、3日間で10GB以上使ってしまうと、翌日の18時〜26時(深夜2時)まで、1Mbpsになる速度制限があります。

  • 3日間10GB以上で、翌日18時〜26時まで1Mbps速度制限あり

 

事実、私もたまにこの1Mbps制限になります。

私のその時の実体験としては、制限速度が128kbpsと低速ではなく1Mbpsとゆるい速度なので、やり過ごせるという印象です。

 

普通に使う分には、1Mbpsだと何とかやり過ごせます。

普通にインターネットのホームページを見たり、メールを送受信したり、LINEを送ったり、Facebookやツイッターを投稿したりする分には、ほぼ、ストレスもないし問題は無いと感じています。

Youtubeやニコニコ動画、Amazon Prime Video、Tiktokなどの動画サイトも高画質でなければ見られます。

スマートフォンの7GB制限で128kbpsになる遅さとは明らかに違いますので、私自身は、速度制限があっても1Mbpsなので何とかやり過ごせていると感じています。

  • 1Mbps制限は、普段使いならほぼ問題なし

 

動画視聴の推奨速度は?

下記のNetflixのヘルプページにもありますが、1Mbpsであれば最低接続〜推奨接続の間ぐらいの画質で見ることができる、とあります。

■Netflix動画を見るために必要な速度
0.5Mbps – ブロードバンド接続に必要な最低接続速度
1.5Mbps – ブロードバンド接続に推奨される接続速度
3.0Mbps – SD画質に推奨される接続速度
5.0Mbps – HD画質に推奨される接続速度
25Mbps – ウルトラHD画質に推奨される接続速度
NETFLIXヘルプセンターより

 

3日間10GBの目安は?

3日間で10GBがどれぐらいかは、下記を目安にしてみてください。

3日間10GBは、Youtube普通画質だと、だいたい1日約10時間は見られる計算になります。

あくまで目安ですので、環境などでバラツキがあります。

■10GBでYoutube動画どれぐらい見られる?
・720p(高画質):3日約10時間 1日約3時間
・480p(中画質):3日約30時間 1日約10時間
・360p(低画質):3日約45時間 1日約15時間
■10GBでインターネットどれぐらい見られる?
・ホームページ(平均的1ページ)500KB:3日約20,000回 1日約6,000回
・SNS(Twitter140文字程度)300KB:3日約30,000回 1日約10,000回
・メール(300文字程度)10KB:3日約100万通 1日約30万通

※下記より、「20GB=約20,000MB/1分4MB=5,000分=83時間」を参考に算出しています。

単位1KBあたりの容量
1KB1KB
1MB(約1000KB)1,024KB
1GB(約1000MB)1,048,576KB
メールの送受信
(添付ファイル付含む)
1通あたり500KB
ニュースサイトなどの閲覧1ページあたり300KB
ネット動画の視聴
(中画質ビットレート512kbps程度の場合)
1分あたり4MB
音楽のダウンロード
(約4分間の楽曲)
1曲あたり4MB

※参考:ソフトバンクサポート「利用用途ごとのデータ量の目安」

 

せっちゃん
せっちゃん

ネットジャンキーの方でも、LINE使い魔の方でも、Twitter使いまくるツイ廃の方でも1Mbpsあれば大丈夫かと思います!笑

まなべや
まなべや

3日間10GBで気をつけるのは、1080pの超高画質とかで動画を見た時ぐらいかなと思います!

 

3日間10GB制限で特に注意するのは、超高画質動画を見た時です

例えば、1080p(超高画質)の場合は、1日1時間ぐらい見ていると3日間で10GBにすぐ届いてしまうと思います。

  • 3日間10GBで注意するのは、1080pなどの超高画質動画を見たとき

どうしても超高画質動画はデータ容量が大きいので、注意が必要です。

ただし、通信制限された後でも、通信速度は1Mbpsなので標準画質、または低画質付近で動画を見ることは可能です。

 

もし、超高画質をたくさん見たり、お家でネットゲームを沢山されたりする方は光回線の方が良いかもです。

どうしても、データ容量を使ってしまう超高画質動画を沢山見る可能性がある方や、ネットゲームなど沢山する可能性のある方の場合は、お家に光回線を引いてしまう方が、正直、安心感があると思います。

普段使いであれば、WiMAX2+はすごく使い勝手が良いのは間違い無いですが、光回線が前提になっているような、沢山の大容量データ量を使いそうな方には、やはり、あまり向いていないかも知れません。

 

その際は下記記事で、ドコモユーザの方、ソフトバンクユーザーの方、auユーザーの方におすすめの光回線も徹底比較しておりますので、参考にして頂ければ幸いです。

【2019年9月度版】ドコモユーザーにおすすめの光回線プロバイダ比較。メリット・デメリット・注意点・おすすめポイントを解説し、ベスト・ベターを決定いたします。
2019年9月度版。ドコモユーザーにおすすめの光回線・プロバイダの徹底比較。料金・評判・速度・キャンペーン・工事・ルーターなどからも、メリット・デメリット・ポイントを分かりやすくお伝えし、ベストを決めたいと思います。
【2019年9月度版】ソフトバンクユーザーにおすすめの光回線プロバイダ比較。メリット・デメリット・注意点・おすすめポイントを解説し、ベスト・ベターを決定いたします。
2019年9月度版。ソフトバンクユーザーにおすすめの光回線とプロバイダを徹底比較。メリット・デメリット・注意点・おすすめポイントを解説し、ベスト・ベターを決定。料金・評判・速度・キャンペーン・工事・ルーターなどを分かりやすく解説。
【2019年9月度版】auユーザーにおすすめの光回線とプロバイダ徹底比較。メリット・デメリット・注意点・おすすめポイントを解説し、ベスト・ベターを決定いたします。
2019年9月度版。auスマホ携帯ユーザーにおすすめの光回線とプロバイダ徹底比較。料金・評判・速度・キャンペーン・工事・ルーターなどを分かりやすく解説。メリット・デメリット・注意点・おすすめポイントを解説し、ベスト・ベターを決定いたします。

 

別途、月データ量無制限で速度制限のないポケットWiFiもあります。

もし、3日間10GBで1Mbpsの速度制限が気になるなどがありましたら、実質月額料金が少し高くても「どんなときもWiFi」さんのような、無制限で速度制限も無いポケットWiFiを選ぶ、という選択肢もあります。

下記記事、「ポケットWiFi・モバイルWiFi・レンタルWiFi・WiMAX2+比較。メリット・デメリット・注意点・おすすめポイントを分かりやすく解説いたします。」の回でポケットWiFi等含め、徹底比較しております。

お時間ある時にでも、ぜひ、ご覧になってみてくださいね。

 

3.山間部にやや弱いです。※回避策あり

こちらも、GMOとくとくBBさんの月額割引キャンペーンだけではなく、WiMAX2+全体に言える事なのですが、WiMAX2+という電波回線が山間部にやや弱いのは事実としてあります。

全国人口カバー率90%達成のお知らせ | 【公式】UQコミュニケーションズ
UQ WiMAX【公式サイト】全国人口カバー率90%達成のお知らせページ。速度制限ナシのWiMAX、超高速モバイルインターネットのWiMAX2+を提供。UQ WiMAXは、UQコミュニケーションズ株式会社の高速モバイル通信サービスです。

人口カバー率は90%。

都市部であれば99%です。

 

WiMAX2+の回線は山間部などエリアとして、スマートフォンに比べるとやや弱い場所があります。

WIMAX公式サイトでWiMAXサービスのエリア状況がわかりますので、もし、心配な方がいらっしゃいましたら、確認してみてくださいね。

下記リンクの「ピンポイントエリア判定」から詳細なエリア判定が可能です。

■公式:WiMAXサービスエリアマップ

 

4.障害物にやや弱いです。※回避策あり

デメリット最後も、GMOとくとくBBさんの月額割引キャンペーンだけではなく、WiMAX2+全体に言える事なのですが、WiMAX2+回線自体のネックとして、電波そのものが障害物に弱い、というのが事実としてあります。

仮にエリア内だったとしても、高層ビルの間やレストランの奥の席、壁の奥などで繋がりにくくなる場所があります。

 

但し、最新機種の【W06】はその辺りも改善されてはいますが、繋がりにくくなる可能性はあります。

続きで、その回避策を分かりやすく解説いたします。

 

 

以上が、WiMAX2+のデメリット・注意点4つでした。次は、そのデメリット・注意点の回避策をバシッと紹介したいと思います!

 

 

スポンサーリンク

山岳部に弱いこと、障害物に弱いことの回避策は?

Smafi WiMAXの注意点の回避策

WiMAX2+のデメリット・注意点としてあげました一つ目、強制加入のオプションはお申込み後解除していただくことで無料に、二つ目の3日間10GBで1Mbps制限は、特に1080pなどの超高画質動画に気をつけて頂く、ということでした。

あと二つの注意点の、山岳部に弱いことと、障害物に弱いことの回避策としては、『4GLTEに変更して使う』という事が回避策になります。

  • 繋がりにくい時は、WIMAX回線→4GLTE回線に変更して使う

 

この4GLTEに変更して使う事を、WiMAXでは「ハイスピードプラスエリアモード」に変更して使うという言い方をします。

私も実際に繋がりにくい時は、ハイスピードプラスエリアモード(4GLTE)に変更して使っております。

 

4GLTEはauスマホ携帯と同じ回線

これは、何を言っているのかと申しますと、auスマホ・au携帯と同じ回線を使える、という事になります。

auスマホ・au携帯の回線のことを「4GLTE(フォージーエルティーイー)」という言い方をします。

800Mhzプラチナバンド、という言い方の方が有名かも知れません。

  • WiMAXもauスマホと同じ800Mhzプラチナバンド「4GLTE」回線が使える

 

つまり、ハイスピードプラスエリアモード(4GLTE)では、auと同じプラチナバンドが使えて、それは、エリアが広く障害物にも強い電波なので、日本全国ほぼどこでも、スマートフォンが使える場所ならWiMAX2+も同じように使えるようになります。

 

ハイスピードプラスエリアモード(4GLTE)にするにはどうすればいいか?

では、「ハイスピードプラスエリアモード(4GLTE)」にするにはどうすればよいのでしょうか。

実は、WiMAX2+の端末側で簡単に設定を変更して、簡単にauの4GLTE回線を使うことができます。

 

「ハイスピードプラスエリアモード(4GLTE)」は、3年契約の場合は追加料金はかかりません。

BIGLOBEの1年縛り、UQ WiMAXの縛りなし/2年縛りは、月1,005円かかります。

 

新しい端末は必要ありません。

 

ハイスピードプラスエリアモード(4GLTE)の場合、月7GBの制限あり

但し、ハイスピードプラスエリアモード(4GLTE)の場合、追加料金はかかりませんが、データ的にスマホと同じ扱いになるので、月7GBの制限があります。

  • ハイスピードプラスエリアモード(4GLTE)で月7GBを超えてしまうと、月末まで128Kbpsの速度制限がかかります。

もし、ハイスピードプラスエリアモード(4GLTE)で7GB制限されると、WiMAX回線(ハイスピードモードという言い方をします)に戻してもその月は128Kbpsに制限されたままですので、ここだけは注意が必要です。

 

その為、一番良い使い方は、通常は「ハイスピードモード(WiMAX回線)」のままにしておいて、繋がらない時だけピンポイント的に「ハイスピードプラスエリアモード(4GLTE)」を使うのが効果的、という事になります。

 

回避策まとめ

  • 2つのオプション強制加入は、お申込み後解除すると無料。
  • 3日間10GB超で1Mbps制限は、超高画質動画に注意する。制限されても1Mbpsなので普段使い可能、普通画質動画なら視聴可能。
  • 繋がりにくい時は、auスマホと同じ「ハイスピードプラスエリアモード(4GLTE)」が使える。
  • ハイスピードプラスエリアモード(4GLTE)の変更は説明書に載っており、端末で簡単に変更可能。
  • ハイスピードプラスエリアモード(4GLTE)は、追加料金必要なし。端末自体の変更なし。但し、月7GB超で128Kbpsの制限あり。
  • その為、通常は「ハイスピードモード(WiMAX回線)」のままにしておいて、ピンポイント的に「ハイスピードプラスエリアモード(4GLTE)」に変更するのが効果的。

です。

 

▼公式:WiMAX2+ GMOとくとくBB 月額割引キャンペーン 公式

 

 

 

 

以上、デメリット・注意点の回避策でした!最後に、これから「GMOとくとくBB WiMAX2+」を使うとした時、実際に自分が使う場所で、電波がちゃんと飛んでいるのかどうか、使いやすいのかどうか心配になると思います。そんな時には、いくつか事前に電波状況や使い勝手を知る方法がありますので、書いておきますね。出来れば、事前に確認してから、改めてお申し込みされる事をお勧めいたします!

 

 

 

スポンサーリンク

WiMAX2+の事前確認方法3つ

1.WiMAXサービスエリアのピンポイントエリア判定をしてみましょう!

WiMAX2+エリア
WiMAXサービスエリアマップより引用。

 

先ほども紹介させていただきましたが、まずは、WiMAXさんの公式サイトにある「WiMAXサービスエリアマップ」でエリア確認をしてみましょう!

「ピンポイントエリア判定」から詳細なエリア判定も可能です。

■公式:WiMAXサービスエリアマップ

 

 

2.無料で15日間試せるサービスがあります。

try wimax
Try WiMAX公式サイトより引用。

Try WiMAX│超速モバイルネット WifiサービスはUQ WiMAX
UQ WiMAXの公式サイトです。Try WiMAXレンタルページ。超高速モバイルインターネットのWiMAX2+を提供。UQ WiMAXは、UQコミュニケーションズ株式会社の高速モバイル通信サービスです。

 

WiMAXの公式さんが行っている、「Try WiMAX」という制度があります。

これは、WiMAXの端末を15日間無料でレンタル出来る、という優れものです!

もちろん、最新機種の【W06】も在庫があれば試す事ができます。

 

オススメの使い方は、「Try WiMAX」制度を使って、「GMOとくとくBB WiMAX2+月額割引キャンペーン」のお申し込み前に、無料で、WiMAX2+の回線が実際、自分のお家付近や、行動範囲ではどうなのかを知ることができますので、おすすめです。

15日間無料でのレンタル中に普段使いをしてみて、どれだけ許容できるか、通信環境はどうかなど色々調べることが出来ますので、とても便利です。

Try WiMAX」のページに詳しく載っていますので、気になっておられる方は、ぜひ。

 

Try WiMAXで問題がなければ一旦返却して、新たに「GMOとくとくBB WiMAX2+月額割引キャンペーン」をお申し込みしましょう。

重要な点ですが、「Try WiMAX」で試してみて繋がりやすさ等に問題なければ、公式さんは月額料金が割高ですので、一旦返却するのがおすすめです。

その後、改めて、「GMOとくとくBB WiMAX2+月額割引キャンペーン」にお申し込みするという使い方が、オススメです。

結局は、どちらも大元の『UQ コミュニケーションズ』という元会社の利益に繋がりますので、私たちは特に問題を感じる事は一切ありません。

使いやすくて、お得な使い方を選んで行く事こそが、私たち消費者の一番大切な務めです。

 

▼公式:WiMAX2+ GMOとくとくBB 月額割引キャンペーン 公式

 

 

3.レンタルしてみて確認する。

WiFiレンタルドットコム

【Wifiレンタルどっとこむ】 さんで色々借りられます。

その中に、GMOとくとくBBさんのWiMAX2+でも使われている最新機種の【W06】もあります。

1日400円から、30泊31日だと5,019円で1日あたり161円になります。

1日〜1ヶ月ほど借りてみて、自分が使う環境でしっかり試してみるのも、とっても試し方だと思います。

 

▼公式:Wifiレンタルどっとこむ 公式サイト



 

 

スポンサーリンク

オススメNo.2は、GMOとくとくBB(キャッシュバックキャンペーン)

GMOとくとくBBキャッシュバックキャンペーン
WiMAX2+ GMOとくとくBB キャッシュバックキャンペーン 公式より引用。

 

おすすめNo.2は、GMOとくとくBBさんのキャッシュバックがあるキャンペーンになります。

  1. 月額割引キャンペーン(実質月額3,383円)
  2. キャッシュバックキャンペーン(実質月額3,447円)

 

実質月額が数十円ほど違う以外は、上記で紹介いたしましたおすすめNo.1の月額キャンペーンのメリット、デメリット、注意点、オススメポイント等々と全て同じです。

回線も端末も何もかも同じですが、こちらはキャッシュバックの受け取りがあるよ、ということになります。

 

ただ一点だけ、例えば、1年ぐらいで解約してしまうかも知れないな、、という方は、こちらのキャッシュバックキャンペーンにする事で、キャッシュバックを確実に受け取ったあと解約すれば、解約違約金(19,000円)を取られてもダメージが少ない、と考えることも出来ます。

普通に使っていても、どうしても解約しなければいけない時が出てくる可能性はあると思います。

そういう時も、こちらのキャッシュバックキャンペーンではキャッシュバックを受け取る時まで待ってから、解約するほうが良いと思います。

例えば、キャッシュバックを受け取って14ヶ月目で解約した場合は、実質月額は2,873円になります。

 

▼公式:WiMAX2+ GMOとくとくBB キャッシュバックキャンペーン 公式

 

 

 

スポンサーリンク

私が使っているGMOとくとくBBさんで申し込んだ旧機種のWiMAX2+【W05】の紹介です。

WiMAX2+W05

上記が、私が使っておりますが、1世代前の旧機種の【W05】になります。

家の中でも外でも結構タフに使っております。

今も気に入って使っております。

 

せっちゃん
せっちゃん

私自身は、キャッシュバックキャンペーンで契約しました。あまりパソコン操作などに慣れていない方には、ぶっちゃけ大変だと思いました。。

まなべや
まなべや

実際にやってみた感じからキャッシュバックの受け取りがない「GMOとくとくBB 月額割引キャンペーン>」か、キャッシュバックの受け取りもオプション加入もない「Smafi WiMAX 」をオススメしております。

 

 

以上、おすすめプロバイダさんになります!キャッシュバックが受け取れそうかどうかで選んでみてくださいね。次は、いくつか他のプロバイダさんのお勧めポイントも書いておきたいと思います。お気に入りの特徴や、お気に入りの会社さんがあれば、選択肢に入ってくると思います!

 

 

スポンサーリンク

他のWiMAX2+おすすめプロバイダ

いくつか、他のプロバイダさんのお勧めポイントを書いていきたいと思います!

 

WiMAX2+プロバイダで、キャシュバックも強制加入オプションもないプロバイダ「Smafi WiMAX」

 

Smafi WiMAX

先ほども紹介させていただきましたが、「Smafi WiMAX 」(スマフィワイマックス)さんは、GMOとくとくBB(GMOインターネット株式会社さん)のプロバイダです。

キャッシュバックや強制加入オプションが一切なく、シンプルな月額割引のみの料金体系が売りです。

 

キャッシュバック手続きや強制オプションの解約をやりたく無い方は、「Smafi WiMAX 」さんを選んで頂くのがベストです。

端末が届いた後、料金に関して何もしなくても良いし、シンプルな料金体系ですし、しかも第4位の安さなので、かなりおすすめのプロバイダさんになります。

 

下記で分かりやすく解説しておりますので、気になった方はお時間のあるときにでもぜひ、見てみてくださいね。

 

▼公式:Smafi WiMAX 公式

 

 

では最後に、WiMAX2+の選び方と、なぜ『実質月額料金』と『特徴』だけ見ればOKかを説明して終わりにしたいと思います!

 

 

スポンサーリンク

WiMAX2+プロバイダさん比較の際は『実質月額料金』と『特徴』の2つだけをみればOKです!

WiMAX2+W05

WiMAX2+は「UQコミュニケーションズ」さん1社からしか提供されていません。

スマートフォンなどは、ドコモ・au・ソフトバンクがそれぞれ基地局を立てているので、エリアや速度に違いがありますが、WiMAX2+はUQコミュニケーションズ1社です。

 

そのため、各プロバイダさんごとに端末や通信回線のエリア・速度などに差はありません。

 

つまり、ぶっちゃけ、料金の比較だけで大丈夫なんです。

WiMAX2+プロバイダさん比較は、「3年間の月額料金や事務手数料の合計ーキャッシュバック金額/契約月数」で実質月額料金を算出して、その差だけをみればOKです。実質月額料金

 

あと、プロバイダさんには各々の「特徴」があります。

例えば、実質月額料金が少し高くても、自分が欲しい特徴や、お気に入りの会社さんがありましたら、そちらのほうが自分にあっている、ということになります。

 

WiMAX2+のプロバイダさん比較は、まず「実質月額料金」を比較して、次に、自分が欲しい「特徴」があるか?を見ればOKです。とにかく安さにこだわってもいいし、自分にあっている特徴や好きな会社さんを選んでもOKです!

 

 

続きで少し、「UQコミュニケーションズ株式会社」さんと、各プロバイダさんの関係を解説をいたします。

 

 

「UQコミュニケーションズ株式会社」さんがWiMAX2+回線を管理

WiMAX

UQコミュニケーションズ公式サイトより引用させていただきました。

 

日本でWiMAX2+の回線を管理しているのは「UQコミュニケーションズ」さんという会社です。

au系列の会社で、ガチャピンとムックのコマーシャルで有名です。

「UQ mobile」という格安スマホのサービスと、「UQ WiMAX」というWiMAXのサービスをしておられ、その中にWiMAX2+回線のサービスがあります。

 

WiMAX2+回線を20社以上のプロバイダさんに貸し出し

「UQコミュニケーションズ」さんは、WiMAX2+回線を20社以上のプロバイダ(窓口)さんに貸し出しています。

その、20社以上の各プロバイダさんを通して、WiMAX2+の契約をすることが出来ます。

 

プロバイダさんは窓口

WiMAX2+でのプロバイダさんというのは、ざっくり窓口みたいな感じです。

いわゆる、代理店さんみたいな感じですね。

 

WiMAX2+の回線を多くの方に届ける為に、各プロバイダさん同士が競争しながら、料金や、キャッシュバックキャンペーンを考案し提供して下さっています。

 

回線や端末は「UQコミュニケーションズ」さんから提供

但し、ドコモ・ソフトバンク・auなどの4GLTEと違って、WiMAX2+は元々「UQコミュニケーションズ」さん1社が提供している回線を使っています。

その為、どのプロバイダさんを選んでも、結局、エリア・回線品質・通信速度・電波強弱・ルーター・端末の種類・サービス自体は、すべて同じになります。

 

実は、WiMAX2+でも、プロバイダさんによって速度に差があるんじゃないの?本当に差は無いの?、と一時話題になっていたのですが、UQコミュニケーションズさん曰く『違いはありません』とのことです。

 

せっちゃん
せっちゃん

ちなみに、WiMAX2+と違って、光回線や4GLTE格安SIMはプロバイダさんによって速度が違います。それは、回線を借りているのではなく買い取ったり借りたりしている場合が多く、自分たちの回線にどれだけ利用者をどう割り当てるかなど、各社違いが出てくる為です。

まなべや
まなべや

光回線や4GLTE格安SIMでは、例えば、買い取った10GBを10人に割り当てるプロバイダA社と、20人に割り当てるプロバイダB社では、B社の方が混雑するので速度は遅いよ、みたいな感じです!

 

もし、WiMAX2+を契約するなら、各プロバイダさんの料金の違い・好みの特徴のみ確認するだけでOK

つまり、WiMAX2+を契約する時にどのプロバイダさんを選ぶかの基準は、まず、料金の違いのみ、と考えてよいと思います。

 

但し、注意しなければいけないのは、最初の1年だけ安いなどのカラクリがあったりします。

その為、私は、契約期間全部の料金を契約月数で割った、実質の一ヶ月の料金(実質月額料金)で比較するのが一番分かりやすいと思います。

 

そして次に、各プロバイダさんの固有の特徴がある場合があります。

2019年10月からはプロバイダによって、契約期間も、縛りなし、1年縛り、2年縛り、3年縛りに分かれました。

値段よりも自分が欲しい特徴があったり、気に入った会社さんがあるなら、そちらの方が満足度があがります。

 

せっちゃん
せっちゃん

あと、街の家電量販店さんでもWiMAX2+のお申し込みは出来ますが、インターネット経由の方がお得です。なぜなら、家電量販店さんは人件費がかかっている為、その分安くできないことが多い為です。

まなべや
まなべや

WiMAX2+はインターネットからお申し込みしましょう!

 

以上、WiMAX2+プロバイダさんの比較をするときは、

1.実質月額料金の比較/契約期間の比較
2.自分に必要な特徴・好みの会社の有無確認
3.家電量販店は高いのでインターネットから申し込みをしましょう

という説明でした!

最後にまとめと少し感想を書いて、本記事を終わりにしたいと思います!

 

 

スポンサーリンク

最後にまとめと、感想です。さあ、WiMAX2+を使ってみましょう!

最後にまとめと、感想です。最後に、実際のWIMAX+2の使い心地について、少し感想を。

 

ぶっちゃけると、結構、満足しています。

速度も平均で10Mbps以上、調子が良い時は40Mbps台は出ていますので、私の環境、普段使いでは特に問題を感じたことはありません。

 

3日間10Gで翌日18時〜26時1Mbpsになる速度制限はありますが、動画などを見ることができるぐらいの速さなので大丈夫ですが、たまに重く感じる時は確かにあります。

エリアも繋がりにくい場所がたまにありますが、普段使っている分にはほとんど問題を感じたことがありません。

 

但し、前述しましたが、WiMAX2+の電波は壁などの障害物に弱いのが唯一のネックと言っても良いと思います。

そのため、それぞれの環境により、例えば、ご自宅での電波が弱かったりすることがあるかも知れません。

なので、できれば、本契約前に「Try WiMAX」で試されるか、問題があることを考えて「GMOとくとくBBの20日以内解約違約金無料キャンセル制度」、「Wifiレンタルどっとこむ」で借りてみるなど、ご自分の環境で試されてから、本契約されるほうが良いと思います。

 

特に、こちらも前述しましたが、エリア内でもビルなどの障害物があったりすると、電波が弱くなる場所があります。

ここが結構、お住いの場所や普段の行動範囲によって違ってきますので、契約されてからストレスにならないように事前に確認しておいた方が良い、と思うところです。

 

私は、そういう時は4GLTEに変更して(auスマホと同じ回線を使えます)、それをピンポイント的に使っています。

但し、4GLTEにすると、(auと同じく)7GBの制限がありますので注意が必要です。

 

また、ギガ放題契約でも、3日間10GBで次の日18時〜26時の1Mbpsになる速度制限はあるので、その微妙な速度制限の感じは実際に使って体感してみないと、分かりにくいと思います。

 

自分もそうなんですが、特に、毎日お家でお仕事で使っておられる方や、動画を頻繁に見たり、ネットゲームをガンガンされる方、ネットで株の売買をされたりしている方は、多分、3日間10GB制限されて翌日の夜に1Mbpsの微妙な重さになると思いますので、必ず、事前に確認されることをお勧めいたします。

特に、家でお仕事をされておられる方や、ネットゲームなどで常時ガンガン使われる方は、WiMAX2+ではなく素直に光回線を引いたり、ケーブルテレビで光を使ったりするほうが、安心感はあると思います。

 

あと、引越しの時や誰かの家に行ったりするときは、超便利でした。

新しい家で何もなくなった部屋でも、誰かの家でも、どこでも使えます。

無線回線は、工事不要で充電さえあればどこでも使えるのは、やっぱり、超強いなあと思いました。

 

それから、東京大阪間の移動も多いですが、その間もずっと電波が届くところでは、スマートフォンとパソコンで使っています。

WiMAX2+、とっても重宝しています。

 

まなべやまなべやのひとこと感想。>
・WiMAX2+に限らず、通信系の料金は、必ず「実質月額料金」を確認しましょう。「実質月額料金」は、『3年全部で必要なお金』を『契約全部の月数』で割ります。3年契約の3年目が異様に高くてトータルだと結局安くなかったということが多々ありますので注意が必要です。現時点では、総合的に、GMOとくとくBB 月額割引キャンペーンさんをオススメしております!

 

本記事は、以上になります!

みなさま、素敵なWiMAX2+ライフを!

最後まで読んでくださって、ありがとうございました!

 

▼詳細:WiMAX2+ GMOとくとくBB 月額割引キャンペーン 公式

 

▼詳細:WiMAX2+ GMOとくとくBB キャッシュバックキャンペーン 公式

 

▼詳細:BIGLOBE WiMAX 2+ キャンペーン

▼詳細:UQ WiMAX公式

【公式】UQ WiMAX(ルーター)│超速モバイルネット WifiサービスはUQ WiMAX
UQ WiMAXの公式サイトです。UQ WiMAX(ルーター)は満足度No.1の超高速インターネット通信サービス。wifiで家でも外でもインターネット可能!一台のルーターで工事不要・即日開通、ワイヤレスだから配線ナシで、ケーブル不要でお部屋スッキリ!

▼現在「どんなときもWiFi」さんなど、良いポケットWiFiが出始めております。各ポケットWiFiとWiMAX2+などを徹底比較しておりますので、WiMAX2+の3日間10GBで1Mbpsの速度制限やエリア、電波などが不安な方は、ぜひ、「ポケットWiFi・モバイルWiFi・レンタルWiFi・WiMAX2+比較。メリット・デメリット・注意点・おすすめポイントを分かりやすく解説いたします。」の回も見てみて下さいね!

 

コメント