2019年10月から各業界で大小様々な変更があり修正奮闘中です。まだ未修正部分もありますので、必ず公式サイト等も合わせてご確認下さいますよう、宜しくお願い致します。
スポンサーリンク

軽減税率8%導入の所感と、問題点。

スポンサーリンク

軽減税率導入8%に対する所感と、問題点。

 

みなさま、こんにちは!

まなべやセービングブログのまなべ(@manabehirotsugu)です!

 

<本記事のポイント>

  • 2019年10月から始まる、軽減税率8%導入に対して思った事を書いてみました!

※本記事は細心の注意を払って作成しておりますが、変更や間違い等生じる可能性があります。詳細は、必ず各公式サイトをご確認くださいますよう、何卒、よろしくお願いいたします。

 

消費税を管轄する「国税庁」、キャッシュレス・消費者事業を管轄する「経済産業省」の「キャッシュレス消費者還元事業公式サイト」等から引用・参照等々させて頂いております。

但し、まだ不明点も多く、軽減税率8%導入も始まってみないと感覚として分からないことも多いと思いますので、必ず、公式サイトなどでご確認いただきたいと思います。

 

 

 

スポンサーリンク

2019年10月1日から、消費税は10%になり、軽減税率8%が導入されます。

消費税率推移グラフ

 

2019年10月1日(火曜日)から、日本の消費税は10%になります。

  • 1989年4月:3%
  • 1997年4月:5%
  • 2014年4月:8%
  • 2019年10月:10%(軽減税率8%)

 

消費税は1989年に導入され、上記の流れで増税されています。

また、今回初めて、軽減税率(けいげんぜいりつ)が導入され、消費税が高いものと低いものに分けられました。

  • 消費税は10%
  • 軽減税率は8%

 

 

スポンサーリンク

軽減税率の詳細と、問題点。

今回、消費税10%と同時に導入される「軽減税率(けいげんぜいりつ)」というものがあります。

軽減税率というのは、ざっくり一言で言いますと、

  • 商品により、消費税が10%に増税されるものと、8%のままのものがありますよ

ということになります。

その8%のものを「軽減税率」と言っています。

 

下記に国税庁の見本がありますので、引用させていただきます。

軽減税率

※国税庁「軽減税率制度とは(リーフレット等)」より引用。

 

軽減税率とは、消費税10%に増税後も8%のまま据え置きされるものです。

軽減税率8%のものは、具体的には食品と新聞です。

  • 食品(酒類・外食を除く)
  • 新聞(週2回以上発行される定期購読契約のもの)

 

 

 

 

スポンサーリンク

食品とは何か?何が軽減税率8%のままなのか?

「食品」は軽減税率で8%のまま、と決定しています。

「食品」というのは何かと言いますと、『食品表示法に規定する食品』です。

食品表示法に規定する食品』とは、下記がその法律の文言の一部になりますが、ざっくり言いますと、医薬品を除き、添加物を含む、『全ての飲食物』です。

食品表示法 第一章 第二条 第一項
この法律において「食品」とは、全ての飲食物(医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律(昭和三十五年法律第百四十五号)第二条第一項に規定する医薬品、同条第二項に規定する医薬部外品及び同条第九項に規定する再生医療等製品を除き、食品衛生法第四条第二項に規定する添加物(第四条第一項第一号及び第十一条において単に「添加物」という。)を含む。)をいう。
食品表示法
電子政府の総合窓口(e-Gov)。法令(憲法・法律・政令・勅令・府令・省令・規則)の内容を検索して提供します。

 

つまり、お店やスーパー、コンビニ等で売っている、

  • 野菜
  • 果物
  • お魚
  • お肉
  • お米
  • お水
  • ジュース
  • 牛乳
  • 麺類
  • おにぎり
  • お弁当
  • お惣菜
  • パン類
  • お菓子
  • 調味料
  • 添加物
  • プロテイン
  • サプリメント

等々、普段、私たちが食べているものは、加工食品など含め、ざっくりほとんど全部8%のままだと考えて良いと思います。

 

 

スポンサーリンク

新聞も軽減税率適応のため8%です。

「新聞」も8%です。

新聞の定義は、『新聞とは、一定の題号を用い、政治、経済、社会、文化等に関する一般社会的事実を掲載する週2回以上発行されるもので、定期購読契約に基づくもの』とのことです。

 

私は、新聞が8%なら、書籍・本も8%にしてほしいと思ってしまいます。

だったら、映画・漫画・エンターテインメントも、、って私自身はなっちゃいます。

と、軽減税率は感情・情緒・既得権益に支配される場面が多いと思うので、もっと機械的に誰もがわかりやすい制度にしないと、そういうコスト(手間・時間・お金など)が増大にかかっちゃうと思っちゃうんですよね。。

 

少し話が逸れてしまいましたが、実は、同じ新聞でもインターネットのものは10%です。

同じように、ネットの有料新聞も「政治、経済、社会、文化等に関する一般社会的事実を掲載する週2回以上発行されるもので、定期購読契約に基づいている」のに10%なんですね。

 

インターネットを通じて配信する電子版の新聞は、軽減税率の適用対象となりますか。

 

個人的には、教育関連と子育て関連、あと水道も8%のままにして欲しかった、と思いますが、10月から幼児教育・保育の無償化もスタートするので、この辺りも様々な考え方があると思います。

 

 

 

スポンサーリンク

注意点として、飲食料品でも10%のものがあります。

上記のように食品は8%ですが、食品(人が口にするもの)の中でも10%のものがあります。

その飲食料品で10%になるのは、ざっくり下記の5つです。

  • お酒
  • 外食
  • 医薬品・医薬部外品
  • ケータリング
  • 水道料金

です。

 

 

スポンサーリンク

水道料金は10%ですが、お店で売ってるお水は8%です。

水道料金は10%ですが、お店で売ってるお水は8%です。

水道は国が行っている事業なので、10%です。

と言いますか、飲み水だけに使う訳ではないという所も大きいようです。

 

水道を凍らせた氷はお店で売れば、8%です。

同じお水でもお店が飲食用として売る場合は食品になりますので、8%になります。

たとえ、持って帰ってそれを飲み水以外に使う場合でも、お店から飲食用で買う場合は8%です。

 

 

スポンサーリンク

軽減税率「お酒」について

お酒は、アルコール度数が1度以上のものが10%です。

なので、ノンアルコール飲料は8%です。

 

ワインも10%です。

料理に使うみりんや料理酒は、酒税法に該当するものは、10%です。

多分ほとんどのみりんや料理酒は、10%だと思います。

 

ですが、みりん調味料(アルコール度数が1度未満のもの)は、8%です。

 

せっちゃん
せっちゃん

これは、みりん調味料、料理酒調味料が増えるね!

まなべや
まなべや

みりん風調味料はみたことあるけど、料理酒風調味料なんてあるの?笑 これを機会に、新たに作られるかもね笑

 

 

スポンサーリンク

「オロナミンC」「リポビタンD」問題。注意が必要なのは、医薬品・医薬部外品の10%。

医薬品・医薬部外品は10%です。

ここ注意が必要なのですが、栄養ドリンクで医薬部外品のものは10%なんです。

 

「プロテイン」や「サプリメント」は、8%です。(安心した!笑)

私もよく飲んでおりますが、プロテインやサプリメントは医薬品・医薬部外品じゃなく、特定保健用食品、栄養機能食品、健康食品、美容食品などが多いので、ほとんど8%だと思われます。

しかし、「栄養ドリンク」は10%のものが多いと思います。

 

例えば、

  • 『リポビタンD』は医薬部外品なので、消費税10%です。
  • 『オロナミンC』は食品(炭酸飲料)なので、軽減税率の8%になります。

 

せっちゃん
せっちゃん

オロナミンCが8%なのは、なんとなくうれしいですね。笑

まなべや
まなべや

わかる。笑

 

下記、公式サイトのQ&Aにもありますが、特に健康に関するものは、医薬品だったりそうじゃなかったりが様々なので、注意してくださいね。

Q:栄養ドリンク(医薬部外品)の販売は、軽減税率の適用対象となりますか。
A:医薬品等に該当する栄養ドリンクの販売は軽減税率の適用対象となりません。
Q:特定保健用食品、栄養機能食品、健康食品、美容食品などの販売は、それぞれ軽減税率の対象となりますか。
A:特定保健用食品、栄養機能食品は、医薬品等に該当しませんので、「食品」に該当し、また、いわゆる健康食品、美容食品も医薬品等に該当しないものであれば、「食品」に該当しますので、それらの販売は軽減税率の適用対象となります。

 

 

スポンサーリンク

お菓子のおまけ(食玩)が、かなり微妙すぎる…!?

次に、おまけがついているお菓子的なものが、かなり微妙なんです。

お菓子業界の方も心配されているようです。

 

おまけがついているお菓子などは「一体資産(いったいしさん)」という括りになっています。

一体資産には、ざっくり下記のようなものが該当します。

  • 「食玩」などのおもちゃ付きのお菓子
  • 「ギフトセット」などのコーヒーとマグカップ(コップ)が一緒になっているものなど
  • 「繰り返し使うこと(再利用)を想定した容器に入った食品」例えば、高価な箱入りのおせちや、遊びに使えそうな容器に入ったお菓子など

です。

つまり、ざっくり『食品と食品以外が一緒に販売されるものは一体資産』と呼びます。

 

その、一体資産の中でも軽減税率8%になるものは下記、と表現されています。
<一体資産の軽減税率は?>
①.一体資産の譲渡の対価の額(税抜価額)が1万円以下であること。
②.一体資産の価額のうちに当該一体資産に含まれる食品に係る部分の価額の占める割合として合理的な方法により計算した割合が3分の2以上であること。
①及び②に該当する場合には、「飲食料品」に含まれることから、その販売は「飲食料品の譲渡」に該当し、軽減税率の適用対象となります。

 

これは、何を言っているのかとざっくり申しますと、

  1. 値段が1万円以下の一体資産は、8%。
  2. 値段が1万円以上の一体資産は、10%。
  3. 値段が1万円以下で、一体資産の中の食品部分が「3分の2以上」あれば、8%。
  4. 値段が1万円以下でも、一体資産の中の食品部分が「3分の2以下」だったら、10%。

です。

 

せっちゃん
せっちゃん

上記の4つは一体資産に対してなので、スーパーなどで食べ物を1万円以上買っても8%のままですので、安心してくださいね。例えば、普通の容器に入ったお魚とかお肉とか、普通の箱に入ったお菓子や食べ物は「一体資産」ではなく「食品」なので、1万円超えていても8%です!

まなべや
まなべや

あくまでも、一体資産(食べ物と食べ物以外が一緒になった商品)に対してです!

 

 

 

スポンサーリンク

私がとても問題だと思っていること…!

私が一体資産でとても問題だと思っていることがあるんですが、それは、「繰り返し使うこと(再利用)を想定した容器に入った食品」が一体資産になっていて、食品部分が2/3以下なら10%になるものがあることです。

飲食料品の販売の際に付帯する包装材料等が、例えば、その形状や販売方法等か ら、装飾品、小物入れ、玩具など、顧客に他の用途として再利用させることを前提として付帯しているものは、通常必要なものとして使用されるものに該当せず、その商品は、「一体資産」に該当します。

 

これは、例えば、1万円以上の一体資産的な高価な箱入りのおせちや、安くても、ずっと遊びに使えそうな容器に入ったお菓子の食品部分が2/3以下の場合は10%だよ、と言ってると思うんです。

 

高価な1万円以上の箱入りのおせちは、まあ、納得できなくはないですが、、でも問題がないとは思えないです。

箱と中身を別にすれば、箱は10%、中身は8%で売れたりするかもしれませんが、それは、創作する側の敗北…!のような感じがしてしまいます。。笑。(笑い事じゃないですけど)

 

で、おせちの箱などもそうですが、私が一番問題だと思っているのは、繰り返し使えそうで、ずっと遊びに使えそうな入れ物の場合も、食品部分が2/3以下だったら、10%になるんですよね。

つまり、ずっと楽しく遊んでもらえるように、企業努力で創作創造して作った入れものに入ったお菓子の食品部分が、結果的に2/3以下になっちゃったら10%なのに、何にせよ2/3以上お菓子にしておけば、それだけで8%だよ、と言ってるんですよね。

ありえなくないですか、これ。

大問題でしょ。

 

つまり、何が言いたいかと申しますと、

  • 創作創造に、1/3とか2/3とか、余計な線引きは止めてもらいたいですYO!

なんです。

 

制限があるほうが創造性が伸びると言われて久しいですが、それはこっち側が決めれば良い事だと思うんです。

「制限」が創造性を高める理由|WIRED.jp
パズルなどを解いているときに「障害物」があったほうが、物事を大局的に眺める傾向が高まり、発想が拡大するという研究結果が発表された。

 

企業側もそんな所に無駄なコスト(軽減税率かどうかを分別する時間や手間)をかけたくないでしょうし、そのコストは今までそうされてきたように、創造創作の部分にぶっこむべきだと思うんですYO!

なので、お菓子も食品として全部、8%にするべきだと私は思いますYO!

 

と言い出すとこれも、何がお菓子なの?何が食品なの?ちょっとでも食品が入っていれば全部8%でいいの?という感情・情緒・既得権益の話になってくるので、上の方にも書きましたが、やっぱり、軽減税率を導入するならもっと機械的に分けられるようにした方が良いと思います、という結論になってしまいます。

 

 

 

スポンサーリンク

超激ヤバ。外食って何だ?食品を持って帰ると8%。同じものを店内で食べると10%。

それから、私が一番コスト(手間や時間やお金)がかかり、多方面でマジで超激ヤバそうだと超心配しております、外食10%とお持ち帰り8%の戦いですが、

基本、

  • 持って帰る場合(テイクアウト)は8%
  • しかし、同じものでも店内で食べる場合(イートイン)は10%

です。

どこで判断するかと言いますと、『商品を販売する時点で持って帰る(テイクアウト)か、店内で食べる(イートイン)かを判断する』とのことです。

 

 

ファーストフードや牛丼やさん、レストランとかイートインとかで、販売時点で店内で食べることを決定した場合は、その後、持ち帰ろうが何しようが全部、外食扱いで10%とのことです。

宅配ピザやお蕎麦、うどん、中華料理などの出前は、販売時点で持って帰る(テイクアウト)ので8%です。

でも同じピザでも、そのピザ屋さんの店内で食べることを前提に購入したら10%になります。

 

デパ地下のお持ち帰りはテイクアウトなので8%ですが、近くに席があって座って食べたい場合は10%かも知れません。この辺り申告制になるのかは、よく分かりません。多分、お店によるんじゃないかと思います。

北海道物産展などの催事での食品は8%だと思いますが、それを食べる用の席があってそこで食べる場合は10%かも知れません。

 

カラオケボックスでの飲食は、店内なので10%です。

ただ、コンビニで持ち帰ったものをカラオケボックスで食べるなら8%ですので、持ち込み出来るカラオケ屋さんが流行りそうです。

 

レストランで残したものを持って帰る場合は、元々提供時が10%のなので、10%とのことです。

しかし、これは逆にすると、フードコートなどで販売時に持って帰るつもりで8%としたけど、座って帰りたくなった場合は元々の提供時が8%なので8%のままで良い、という事になりそうですが、それで良いのでしょうか。

 

こういうこと普通に一般でもよくある事だと思いますが、なんか少し罪悪感があります。

疲れたから座って食べて帰りたくなっただけなのに、なぜ罪悪感を持たないといけないのだろう、と少し考えたりもしてしまいます。笑

 

せっちゃん
せっちゃん

考えすぎ!笑

まなべや
まなべや

笑。でも全然ありえるやんな笑

 

下記がその違いになるそうです。

  • ①自らテーブル、椅子、カウンター等を設置している場合は、10%
  • ② 自ら設置はしていないが、例えば、設備設置者から使用許可等を受けている場合 は、軽減税率の適用対象となりません。つまり10%。
  • 一方、 ③ テーブル、椅子、カウンター等がない場合は8%
  • ④ テーブル、椅子、カウンター等はあるが、例えば、公園などの公共のベンチ等で特段の使用許可等をとっておらず、顧客が使用することもあるがその他の者も自由に使用している場合は、軽減税率の適用対象となります。つまり8%。

 

 

電車のワゴンサービスや、飛行機の機内サービスの軽減税率は?

一番ややこしい感じなのは新幹線などの乗車内のワゴンサービスです。

ワゴンサービスは、席に座って食べるから10%ぽいです。

でも、8%のものもあるような書き方なので、何が何だか分かりません。

  1. 列車内の食堂施設において行われる飲食料品の提供は、軽減税率の適用対象となりません。つまり食堂車両では10%。
  2. 他方、旅客列車の施設内に設置された売店や移動ワゴン等による弁当や飲み物等の販売は、例えば、その施設内の座席等で飲食させるために提供していると認められる次のような飲食料品の提供を除き、軽減税率の適用対象。
    ① 座席等で飲食させるための飲食メニューを座席等に設置して、顧客の注文に応じてその座席等で行う食事の提供は、10%
    ② 座席等で飲食するため事前に予約を取って行う食事の提供。したがって、列車内の移動ワゴンによる弁当や飲料の販売は、10%
  3. ①又は②に該当する場合を除き、8%。

 

 

これは、飛行機なども同じようです。

つまり、同じ機内・車内で販売していても、

  • お土産だと言って販売すれば8%
  • 機内食は10%

ということになるようです。

これって、普通に買うと8%だけど、グリーン車やファーストクラスなどで席に座ったまま持ってきてくれるなどの良いサービスを受ければ、同じアイスクリームでも10%になるっていうことでしょうかね。。

別に、グリーン車やファーストクラスに限らず、席に座ってたら10%になるということでしょうか。

実家のお土産にする、と言ってシウマイ弁当新幹線の中で食べても大丈夫かな。。

 

 

映画館のポップコーンは軽減税率8%?

じゃあ映画館は席に座るやんけ、じゃあ10%かいな?ってなりますよね。

違うんですよね、映画館のポップコーンやコーラは軽減税率に適用されて8%です。

これは、映画館の座席が食べるためのものではなく、店頭でポップコーンやコーラを売ってるだけだから、との判断のようです。

映画館内に設置された売店で行われる飲食料品の販売は、単に店頭で飲食料品を販売して いるものですので、「飲食料品の譲渡」に該当し、軽減税率の適用対象となります。 なお、売店のそばにテーブル、椅子等を設置して、その場で顧客に飲食させている場合に は、飲食設備がある場所において飲食料品を飲食させる役務の提供であり、「食事の提供」 に該当しますので、持ち帰りによる販売(持ち帰りのための容器に入れ、又は包装を施して 行う飲食料品の譲渡)である場合を除き、軽減税率の適用対象となりません。
消費税の軽減税率制度に関するQ&A(個別事例編)」より引用。

 

 

コンビニイートイン・フードコートの軽減税率問題…!?

また、百貨店やデパートにある、飲食店が集まっているフードコートは、席があるので10%ですが、お持ち帰りすると言えば8%になります。

これは、先ほども書きましたが「お持ち帰りするつもりだったけど」という感じで8%で購入した後に、でも座って食べようか、ってそこで食べる場合もあるかも知れませんよね。それは8%のままで良いという風に思ってて良いと思います。罪悪感など感じる必要はありません!笑

 

せっちゃん
せっちゃん

ただ、お持ち帰る袋が店内のゴミ箱にたくさん捨てられる事になるんじゃないか、と考えたりしてしまいます。。

まなべや
まなべや

現場の方の手間(コスト)が増大するのではないかと超心配ですよ、正直。。

 

同じくコンビニでも、持って帰る8%かイートイン10%かは、申告制になるらしいです。

「イートインします」と申告したら10%になるそうです。

 

これ、フードコートみたいにコンビニや店舗の横にレストラン並みに誰でも使える大きい席を作って、無申告でそこで食べる場合8%になると思うんですけど、そういうお店が増えたりするのでしょうか。

 

あと、例えば、私自身スターバックスでもよくある事なのですが、店内で飲もうと思って10%払ったのに、気がついたら席がいっぱいで持って帰る場合とかも結構あると思うのですが、その場合は後から8%になるのでしょうか。

ならないですよね、だって買ったときに決まる訳ですから。

でも、なんかモヤっとしません?笑

 

など、今パッと考えられることでも、ややこしいことたくさん出てきそうで、しかも、こういうことを、わざわざやりまくる人もいそうです。

何だか、現場の方の手間(コスト)が増大しそうなので、とても心配です。

 

せっちゃん
せっちゃん

考えすぎ!笑

まなべや
まなべや

天丼きたな!笑

 

せっちゃん
せっちゃん

まあ、私はもうどっちでもいいですけど、ってなっちゃいますけどね、正直。

まなべや
まなべや

確かに。

だからこそ最初から機械的に10%か8%か分類できる方がいいと思うんですけども。

 

 

自炊や宅配が盛況になるかも?

そんなこんなで、10月からは持って帰る人が増えるんじゃないかと言われています。

持って帰る場合は、8%だからです。

おまけに、宅配も8%です。

 

そのため、食事は店内で食べずにお家で食べたほうが8%になるので、お家でご飯、宅配、テイクアウト、出前などが同じご飯を食べる場合でもお得になります。

自炊と宅配、簡単レトルトや簡単調理機などの商売が捗る感じしますね。

 

1,000円のものをお店で食べると1,100円だけど、持って帰ると1,080円て、大きな違いを感じますよね、なんとなく。笑

 

せっちゃん
せっちゃん

私の場合は、それでも普通に外食すると思うのですが、回数は減っちゃうかも知れません。特に一人の場合は家で済まそうか、と考えると思います。

まなべや
まなべや

外でしか食べられないもの、が選ばれるようになるのかな。

 

っちゅうか、そもそも計算する側のこと、全く考えてなくね?

これ、同じものでも10%と8%に別れる訳ですから、何から何まで別にしなきゃですよね、多分。

お店側の表示や計算や色々全部、分けないとダメなんですよね、多分。

 

まじで、大変な事なことじゃないでしょうか。

 

 

微妙なものがいっぱいあります

という訳でここまで見て来ましたが、微妙なものもいっぱいあるのが現状だと思います。

始まってみないとわかりませんが、心配が杞憂(とりこし苦労)に終わり、うまく機能してほしい気持ちでいっぱいです。

個別のQ&Aは下記です。

 

 

私は、この軽減税率の微妙さと、機械的に分別できない煩わしさ、実行者によるさじ加減で決まってしまう揺れの大きさが、生産者・消費者・販売業者全てに必要のない多大なコストや罪悪感を生み出しかねないと思わずにはいられないのです。

既得権益に溢れ、感情や情緒に支配され、無駄なコストが増大しそうです。

 

何より、微妙な場合、現場の方が大変になるのは確実ですので、それだけは一番納得できない所です。

とにかく今後も、勝手に、改善策を考えて行きたいと思います!

 

 

スポンサーリンク

最後にまとめと、感想です。さあ、軽減税率8%導入にゆっくり備えましょう!

最後にまとめと、感想です。

最後まで読んでくださって、ありがとうございました!

以上、「軽減税率8%導入に対する所感と、問題点。」の回でした。

 

消費税は10%に増税され、軽減税率8%が導入されますが、「キャッシュレスで消費者ポイント還元事業」が同時に開催されますので、是非はともかく、絶対にキャッシュレス決済は使った方が良いです。

▼下記「【消費税増税10%対策!】キャッシュレスでポイント還元事業の徹底解説!」の回に詳細を書いておりますので、お時間ありましたら、是非一度、見てみてくださいね。

【消費税増税10%対策!】キャッシュレスでポイント還元事業の徹底解説!
消費税増税10%・軽減税率8%対策のキャッシュレスで消費者ポイント還元事業の徹底解説です。概要を分かりやすく書いてみました。おすすめのキャッシュレスも紹介して、簡単ポイント還元を目指しましょう!

 

本記事は、以上です。

最後まで読んでくださって、ありがとうございました!

 

コメント