現在、まなべやブログに移行中です。最新記事はこちらから。
スポンサーリンク

楽天スーパーポイントの使い道は、ポイントで支払いサービスがおすすめです!【毎月12日〜15日か20日】

スポンサーリンク

楽天スーパーポイントの使い道は、ポイントでお支払いサービスがおすすめ【毎月12日〜15日か20日】

 

みなさま、こんにちは!

まなべやセービングブログのまなべ(@manabehirotsugu)です!

 

■楽天「ポイントで支払いサービス」とは?

・毎月12日〜20日まで(15日までの金融機関もある)。
・楽天カードの請求お支払いを、通常ポイントで支払えるサービスです。
・ポイントで支払っても、もらえるポイントは変わりません。

・手続きも簡単ですので、通常ポイントはこの「ポイントで支払いサービス」に使って参りましょう!
・「ポイントで支払いサービス公式サイト」はこちらです。

 

 

スポンサーリンク

ポイントで支払いサービスとは?

ポイントでお支払いサービス

 

ポイントで支払いサービス」とは、ざっくり申しますと、楽天ポイントで楽天カードの請求代金が払える神サービスです。

後述いたしますが、ポイントで払った分もポイントが付きますので、通常ポイントは全部これに使うのがオススメです。

 

「楽天スーパーポイント(以下楽天ポイント)」は、楽天でお買い物をしたり、楽天カードを使ったりしたときに貰えますが、『通常ポイント』と『期間限定ポイント』があります。

ここでは、『通常ポイント』の使い方で、一番おすすめな「ポイントで支払いサービス」のやり方・詳細など紹介いたします!

 

▼楽天「ポイントで支払いサービス」公式サイトはこちらです。

 

 

 

 

ポイントで支払いサービスの手続き方法は?

 

ポイントで支払いサービスは、「楽天 e-NAVI」から手続きできます。

 

 

▼iPhone・Androidスマホの方は、「楽天 e-NAVI」トップページ→「ポイント払い」という項目がありますので、そこから行けます。

 

ポイントでお支払いサービス

 

 

▼楽天カードアプリの方は、下記「ご利用明細」→「ポイント支払い」にあります。

 

ポイントでお支払いサービス

 

 

▼パソコンの方は「楽天 e-NAVI」のトップページ下にある「お支払い関連サービス」に『ポイントで支払い』という項目がありますので、そこから行けます。

ポイントでお支払いサービス

 

そして、下記のような画面になりますので、ご利用ポイント数にポイントでお支払いしたい数字を入れて確認、決定すれば、ポイントでお支払い完了です。

ポイントでお支払いサービス

 

ポイント全部じゃなくても、例えば11,334円のお支払い中、334円だけポイントでお支払いサービスして、11,000円を引き落としにする、なども可能です。

 

▼ポイントで支払いサービスは公式サイトこちらです。

 

 

 

ポイントで支払いサービスの期間は?

ポイントで支払いサービスの受付期間は、

毎月12日~20日23時59分まで(一部の金融機関は15日23時59分まで)です。

「ポイントで支払いサービス」とはどのようなサービスですか? | 楽天カード:よくあるご質問
ご請求金額のお支払いに、楽天スーパーポイントをご利用いただけるサービスとなります。 (通常ポイントのみご利用いただけます) お手続きは、楽天e-NAVI「ポイントで支払いサービス」より、可能で

 

12日というのは、お支払い金額が確定する日ですね。

一部の金融機関(20日までか15日までかは)は、こちらのページの下の方でご確認できます。

 

20日までの金融機関の一例

  • みずほ
  • 三菱UFJ
  • 三井住友
  • りそな
  • ゆうちょ
  • 楽天
  • 住信SBIネット
  • セブン
  • 他、いくつかの地方銀行など

 

楽天サービスをお使いの楽天経済圏の方であれば、楽天銀行オススメです。

楽天銀行(旧イーバンク銀行)|ネットバンク
楽天銀行(旧イーバンク銀行)は日本最大級のインターネット銀行です。インターネットバンキングで各種お取引毎に「楽天スーパーポイント」を貯められます。

楽天銀行デビットカード

 

 

ポイントで支払いサービスの対象カードは?

ポイントで支払いサービスの対象カードは下記です。

  • 楽天カード
  • 楽天カード アカデミー
  • 楽天銀行カード
  • 楽天PINKカード
  • 楽天ANAマイレージクラブカード
  • 楽天ゴールドカード
  • 楽天プレミアムカード
  • 楽天ブラックカード

 

 

ポイントで支払いサービスで使えるポイントは?

ポイントで支払いサービスで使えるポイントは、通常ポイントのみです。

期間限定含む、下記は使うことはできません。

  • 期間限定ポイント
  • 楽天キャッシュ
  • 他社(楽天証券ポイント含む)から交換したポイント

 

 

ポイントで支払いサービスで対象となるお支払いは?

ポイントで支払いサービスで対象となるお支払いは、下記です。

  • カードショッピング利用代金
  • 包括信用購入あっせんの手数料
  • カード年会費
  • カード切替手数料
  • その他当社所定の費用等

 

カードキャッシングの融資金および利息は対象外です。

これは、ポイントで支払いサービスのお申し込み画面でも、ポイントで支払えないようになっています。

 

 

ポイントで支払いサービスで利用できる回数は?

ポイントで支払いサービスで利用できる回数は、5回までです。

でも、1回で、全部お支払いできると思います。

 

 

ポイントで支払いサービスで利用できるポイント数は?

1回で利用できるポイント数は、下記です。

  • ダイヤモンド会員 :50~500,000ポイント
  • ダイヤモンド会員以外:50~ 30,000ポイント

 

 

ポイントで支払いサービスで利用できる上限は?

1カ月に利用できるポイント上限は、下記です。

  • ダイヤモンド会員 :50万ポイントまで
  • ダイヤモンド会員以外:10万ポイントまで

 

※1カ月の利用上限は、他の楽天グループでのご利用分も含めます。

 

 

 

スポンサーリンク

ポイントで支払いサービスのメリット

楽天パンダ

 

ポイントで支払いサービスのメリットは、大きく2つです。

  • ポイントでお支払いした分もポイントが貰える
  • ポイントでお支払いした分、現金を手元に残せる

 

ポイントでお支払いサービス

公式サイトより引用。

 

 

これは、何を言っているのかと申しますと、

 

  1. 通常、10,000円のカード支払いがあったとしたら、100ポイント貰えます。
  2. 引き落としは、10,000円です。
  3. その時、10,000円のカード支払いで、1,000ポイント支払いサービスします。
  4. 9,000円に対する90ポイントになる訳ではなく、100ポイント貰えます。
  5. 引き落としは、10,000円ではなく9,000円になります。

 

ということになります。

 

これの何が良いのか、何がメリットなのかと申しますと、ポイントがそのままなのもそうですが、一番はその分、現金を手元に残すことができるからです。

 

現金は、緊急時でも通常時でも、何にでも使える優れたお金です。

他にも、貯蓄や投資、自分へのご褒美などなど、何にでも使うことができますので、ポイントでお支払いサービスを使うことによって、かなりの節約感・多幸感が出てくると思います。

 

せっちゃん
せっちゃん

現金をお手元に残すため、積極的にポイントを使って参りましょう!

まなべや
まなべや

自由度が高く、何にでも使える現金を残せるのが一番のメリットですので、他でもポイントで支払える場合はガンガン使って行ったが良いと思います!

 

 

スポンサーリンク

ポイントで支払いサービスのデメリット

デメリットは思いつきませんが、例えば、楽天証券「ポイント投資」などに使う場合、投資優先でも良いかと思います。(SPUで1ポイント使う、など)

ですが、投資に関しても楽天カードからの方がポイントがより多くもらえますので、ポイントからではなく楽天カードからの投資をオススメいたします。

 

楽天証券公式サイトはこちらです。

 

 

以上、ポイントでお支払いサービスのおすすめ紹介でした!最後に、通常ポイントと期間限定ポイントの使い道の一例を書いて、本記事を終わりにしたいと思います!

 

 

 

スポンサーリンク

通常ポイントと期間限定ポイントの使い道の1例

楽天カードは楽天ポイントと楽天Edy一体型

 

通常ポイントは通常ポイントにしかできないことに使うのがおすすめです。

通常ポイントにしかできないこと

  • ポイントで支払いサービス
  • 楽天証券で投資信託・投信積立
  • 楽天Edyにチャージ
  • ANAマイルに交換、など

 

ですので、通常ポイントはこのどれかに使ってしまいましょう。

それでも余った分は、期間限定ポイントと同じ使い方をいたしましょう。

 

楽天の通常ポイントは、ANAマイルに交換も出来ます。

飛行機に乗る方など、最終的にANAマイルに交換した方が良いのか等々は、後日、別記事にいたしますね!

 

また、上記しましたが、楽天証券でポイント投資できますので、SPUアップのためにそちらで1ポイント使う、なども良いと思います!

 

通常ポイントは楽天Edyにもチャージ可能ですが、

ちなみに、通常ポイントは楽天Edyにチャージ(1ポイント1円)もできます。

ですが、楽天カードからチャージして使った方がよりポイントを貰えますので、普通に楽天カードからのEdyチャージをオススメいたします。

 

  • 楽天ポイントを楽天Edyにチャージして使う→楽天Edy利用分0.5%還元(200円で1ポイント)
  • 楽天カードから楽天Edyにチャージして使う→楽天カードチャージ分0.5%還元+楽天Edy利用分0.5%還元=1%還元(200円で2ポイント)

 

但し、たまに、ポイントからチャージ時にポイントアップキャンペーンがありますので、その際は、ポイントチャージでもよろしいかと思います!

 

楽天Edyは、楽天グループのプリペイド型電子マネーです:楽天Edy ポイントチャージ
電子マネー「楽天Edy」は、全国の加盟店で使えて好きなポイントも貯まる! 楽天スーパーポイントからEdyにチャージ ポイントチャージ
楽天Edyは、楽天グループのプリペイド型電子マネーです:楽天Edy
電子マネー「楽天Edy」は、全国の加盟店で使えて好きなポイントも貯まる!
ポイント交換 1円分の楽天Edyに交換できます|楽天カード
お持ちの楽天スーパーポイントをEdyに交換することができます。交換・お受け取りの方法などをご確認いただけます。

 

 

期間限定ポイントのオススメな使い道は?

楽天ポイントカードbyマクドナルド

 

楽天ポイントは「期間限定ポイント」をたくさんもらえますので、その使い道も重要になって来るかなと思います。

 

期間限定ポイントは、下記に使ってしまうのがおすすめです。

 

楽天モバイルや楽天でんきなどの光熱費や通信費などの固定費を削減・節約することは、こちらも、手元に緊急時でも通常時でも何にでも使える現金をその分残せることになりますので、とってもオススメです!

 

あとは、利用期間終わりが近づいて来たら、楽天ペイで、日々使う、食料品・日用品・消耗品などに使ってしまうのが良いかと思います。

それから、楽天ポイントカードを街でも使える場所がありますので、マクドナルドやファミリーマート、リンガーハット等々でお食事に使うのもよいと思います!

なんにせよ、その分現金を使わなくて良いので、おすすめです。

 

【楽天PointClub】:ポイントが使えるサービス
楽天スーパーポイントが使えるサービスのご紹介です。1ポイントで1円。ショッピングや旅行、ライフサービス、エンタメサービスなど、楽天スーパーポイントは様々なシーンでご利用できます。

 

楽天市場でもポイントは使えますが、ポイントを使わずに楽天カードを使った方がより多くポイントがもらえますので、どうしてもというとき以外は楽天市場では楽天カードを使いましょう。

 

期間限定ポイントがどうしても捌けない場合は、ギフトカードを買うという手もありますが、売り切れの場合があるのと、送料がかかるのと、やや高いですので、出来れば、楽天ペイなどで消費した方が良いかなあ、と思います。

期間限定ポイントの使い道。ギフトカードなど。|ROOM - 欲しい! に出会える。

 

 

自分は、急に見たくなった映画を見る時などにも使っています。

楽天ペイで映画

映画は安い日がありますので、その日のチケットを購入します。ただ、安い日にいけない場合も多いので期間限定ポイントで映画見る!つって当日見に行ったりします。楽天ペイはネットでも使える場所がありますので、自分へのご褒美に使うのも、とっても良いと思います!

【ネタバレ注意】映画「この世界の片隅に」の感想。
映画「この世界の片隅に」と、「この世界の(さらにいくつもの)片隅に」の感想です。ネタバレ注意。

 

 

スポンサーリンク

最後にまとめと、感想です。さあ、楽天ポイントは「ポイントで支払いサービス」いたしましょう!

最後に、まとめと感想です。

最後まで読んでくださって、ありがとうございました!

以上、「楽天スーパーポイントの使い道は、ポイントで支払いサービスがおすすめ【毎月12日〜20日】」の回でした。

 

まなべやまなべやのひとこと感想>

  • お手元に何にでも使える現金を残すために、ポイントを積極的に使って参りましょう!
  • ポイントは使うのが目的で、貯めることが目的ではありません!!
  • ポイントを使って、お手元に現金を残して、ひとまず何にでも使える現金を守って、ご褒美など楽しめる使い道に全部突っ込んだり、緊急時や投資に全振りすることが目的です!!!

 

▼楽天カードの詳細・お申し込みはこちらから:楽天カード 公式サイト

 

本記事は、以上になります。

みなさまも、素敵な楽天市場ライフを!

最後まで読んでいただいて、ありがとうございました!

 

コメント