2019年10月から各業界で大小様々な変更があり修正奮闘中です。まだ未修正部分もありますので、必ず公式サイト等も合わせてご確認下さいますよう、宜しくお願い致します。
スポンサーリンク

【2019年9月度版】オリコカードザポイントおすすめ全ガイド。メリット・デメリット・注意点など総まとめ。

スポンサーリンク

Orico Card THE POINTをおすすめする理由

 

みなさん、こんにちは!

まなべやセービングブログのまなべです!

 

    <本記事のポイント>

  • Orico Card THE POINT(オリコカードザポイント)とは?その全てを全ガイド解説。
  • メリット・おすすめポイントと、デメリット・注意点・欠点、比較するポイントなどを分かりやすく紐解き、ベスト・ベターを紹介。
  • 実際に使っている感想から、評判や口コミ、使い心地、ポイントの貯め方、おすすめのベストな使い方、使いこなす方法、2枚持ち、複数枚持ちなどを、詳細に分かりやすく、お伝えいたします。

※本記事の料金は全て税抜き表示です。
※本記事は細心の注意を払って作成しておりますが、変更や間違い等生じる可能性があります。お申込みの際は、必ず、各公式リンク先をご確認くださいますよう、何卒、よろしくお願いいたします。

 

せっちゃん
せっちゃん

「Orico Card THE POINT(オリコカードザポイント)」の全てをガイド的に分かりやすく、お伝えいたします!

まなべや
まなべや

迷っておられる方や、気になっておられる方の、選択の一助になれば幸いです!

 

▼公式:Orico Card THE POINT(オリコカードザポイント) 公式サイト

 

では、まず結論から!

 

 

  1. 結論。Orico Card THE POINT(オリコカードザポイント)は、永年年会費無料で、ポイントが貯めやすく使いやすい、おすすめクレジットカード筆頭。
  2. Orico Card THE POINT(オリコカードザポイント)の概要スペックレビュー
  3. Orico Card THE POINT(オリコカードザポイント)のメリット・おすすめポイント・お得な使い方。
    1. 1.永年年会費無料。
    2. 2.通常ポイント還元率1%。入会後半年は2%。
    3. 3.ポイントサイト「オリコモール」経由でさらにポイント0.5%〜15%上乗せ。
    4. 4.経由先で他のカードを使ってもオリコモール経由ならポイント0.5%〜15%もらえる。
    5. 5.貯めたポイントは簡単に、Amazonギフト券・楽天ポイント・iTunesギフトコード・Google Playギフト・ANAマイル・JALマイルなどに交換可能。
    6. 6.iD・QUICPay標準装備のため、後払い非接触決済で簡単支払い可能。
    7. 7.ETCカードの入会金無料・年会費も永年無料。
    8. 8.Apple Pay(QUICPay)、おサイフケータイ対応。
    9. 9.充実のトラベルサービス。
    10. 10.入会後、最大8,500ポイントもらえる。
    11. 11.紛失・盗難保証も付いている。
    12. 12.家賃や定期券、税金や公共料金など様々な支払いができる。
  4. Orico Card THE POINT(オリコカードザポイント)のデメリット・注意点。
  5. Orico Card THE POINT(オリコカードザポイント)のデザイン
  6. Orico Card THE POINT(オリコカードザポイント)の審査について
    1. Orico Card THE POINT(オリコカードザポイント)の審査難易度
    2. Orico Card THE POINT(オリコカードザポイント)の審査難易度・所属別推測
    3. Orico Card THE POINT(オリコカードザポイント)の審査に落ちたカテゴリー
    4. Orico Card THE POINT(オリコカードザポイント)の審査結果までの期間は長い?
    5. Orico Card THE POINT(オリコカードザポイント)の審査総評
  7. Orico Card THE POINT(オリコカードザポイント)の感想レビュー
  8. Orico Card THE POINT(オリコカードザポイント)の評判・評価・口コミ
  9. Orico Card THE POINT(オリコカードザポイント)と通常のオリコカードとの違いを比較
  10. Orico Card THE POINT(オリコカードザポイント)と他のカードとの違いを比較
    1. Orico Card THE POINT(オリコカードザポイント)と楽天カードとの違いを比較
    2. Orico Card THE POINT(オリコカードザポイント)とJCB CARD Wとの違いを比較
    3. Orico Card THE POINT(オリコカードザポイント)とAmazonカードとの違いを比較
    4. Orico Card THE POINT(オリコカードザポイント)とリクルートカードとの違いを比較
  11. Orico Card THE POINT(オリコカードザポイント)と上位カードOrico Card THE PREMIUM GOLD(オリコカードザプレミアムゴールド)との違いを比較
  12. Orico Card THE POINT(オリコカードザポイント)のキャンペーン【2019年9月度最新版】
  13. 最後のまとめと、感想です。さあ、Orico Card THE POINTを使ってみましょう!
スポンサーリンク

結論。Orico Card THE POINT(オリコカードザポイント)は、永年年会費無料で、ポイントが貯めやすく使いやすい、おすすめクレジットカード筆頭。

オリコカード ザ ポイント

一言で結論を言いますと、

 

まず、年会費が永年無料なので、使っても使わなくても年会費を払う心配がいりません。

また、普段から使いやすいクレジットカードなので、知らない間にポイントが貯まります。

そして、一番のおすすめは、そのポイントは様々なギフト券と交換できたり、マイルと交換できたりして、とても使いやすいので、ポイントを無駄にする心配が少ないです。

  1. オリコカードザポイントは永年年会費無料。
  2. オリコカードザポイントはポイントが貯めやすい。
  3. オリコカードザポイントはポイントが交換しやすい。

 

Orico Card THE POINT(オリコカードザポイント)」は、老若男女、全ての方にオススメできる素敵なクレジットカードです。

 

▼公式:Orico Card THE POINT(オリコカードザポイント) 公式サイト

 

 

では、まず「Orico Card THE POINT(オリコカードザポイント)」の概要(スペック)から紹介いたします。テンポよく一覧にしましたので、ざっくりカードの情報や傾向が分かります。その後、その中身を分かりやすくお伝えしていきますね!

 

 

スポンサーリンク

Orico Card THE POINT(オリコカードザポイント)の概要スペックレビュー

内容概要備考
公式サイトオリコカードザポイント
公式サイト
会員数1,094万人
(2019年3月時点)
※全オリコカード会員数
詳しくはこちら
取扱高2兆2,633億円
(2019年3月時点)
※全オリコカード取扱高
詳しくはこちら
申込料無料
発行手数料無料
カード送料無料
年会費
初年度
無料
年会費
2年目以降
無料年会費
永年無料
家族会員無料家族会員最大3名
オリコポイント貯まる
ETCカード無料年会費永年無料
オリコポイント貯まる
ETCマイレージ貯まる
ETC割引使える
国際
ブランド
master Master
JCB JCB
Visaは
2018年3月29日
申込終了
申込資格18歳以上
(高校生以外)
大学生OK
未成年は
親権者の同意必要
審査収入がある方無収入でなければ
審査対象と思われる
審査期間数日〜
1週間程度
多くは2,3日
で結果分かる
カード発行
スピード
発行日数
8営業日程度
審査から
計2週間程度
でカード到着
本人確認運転免許証
パスポート
健康保険証等
審査時
本人確認の為
電話連絡あり
会社へ
在籍確認
有る場合も
無い場合もある
勤続年数短い
住居年数短い
以前問題ある等は
有る可能性増える
審査基準信販系の為
普通ぐらい
だと思われる
厳しさは
銀行系>信販系>流通系
の順
必要年収数十万円〜
程度と思われる
(安定性重視)
アルバイト・パート
主婦・年金受給者
も審査対象と思われる
上限
限度額
最高
300万円
詳しくはこちら
締め日月末
支払日翌月27日27日が土日祝
は翌営業日
支払方法口座振替
カードが
使える場所
街のお店
ネットショッピング
携帯料金
家賃
公共料金
電気ガス水道
税金・保険料
他多数
お支払い先が
クレカ支払い
Masterか
JCBに

対応していれば
ほぼ使える
ショッピング
返済方式
1回
分割
ボーナス一括
ボーナス二括
ボーナス併用
リボルビング
ショッピング
手数料
無料は
1回払い無料
2回払い無料
ボーナス一括無料
ボーナス二括無料
ショッピング
利用可能額
10万円〜
300万円
ショッピング
分割払い
実質年率
3回〜24回
12.2%〜15.0%
詳しくはこちら
ショッピング
ボーナス払い
実質年率
一括無料
二括無料
詳しくはこちら
ショッピング
リボ払い
実質年率
5,000円コース
から15.00%
詳しくはこちら
ショッピング
損害延滞金
実質年率
6.0%~14.6%請求金額引落し
できなかった場合発生
詳しくはこちら
キャッシング
利用可能枠
10万円〜
100万円
キャッシング
返済方式
1回
リボルビング
キャッシング
担保・保証人
不要
キャッシング
実質年率
15.0%〜18.0%詳しくはこちら
キャッシング
損害延滞金
実質年率
18.0%請求金額引落し
できなかった場合発生
詳しくはこちら
海外で
キャッシング
master2
cirrus
ATMで可能
詳しくはこちら
デザインorico1種類
ポイント名オリコポイント100円=1ポイント
ポイント
還元率
1%入会後6ヶ月
2%
ポイント
サイト
オリコモール経由
0.5%以上
最大15%
ポイントアップ
600店以上の
ネットショップ
1ポイント
何円
1ポイント
1円相当
ポイント
有効期限
1年間
ポイント
使える
ネットショップ
ポイント
使える
街のお店
ポイント
交換できる
ギフト券
Amazon
GooglePlay
iTunes
nanaco
UCギフト等
リアルタイム交換
可能な場合あり
ポイント
交換できる
ポイント
楽天ポイント
Tポイント
Ponta
WAON
dポイント
auウォレット等
ポイント
交換できる
マイル
ANAマイル
JALマイル
1000ポイント
ANA600マイル
JAL500マイル
対応
電子マネー
iD iD
QUICPay QUICPay
カード一体型
ポイント貯まる
Apple
Pay
使えるQUICPayQUICPay
の場所で使える
ポイント貯まる
Google
Pay
使える?QUICPay
楽天Edy
nanaco
どれか設定必要
(未確認)
おサイフ
ケータイ
使える?(未確認)
Kyash使えるポイント2%
楽天Edy
チャージ可ポイント付かない
nanaco
チャージ可ポイント付く
(JCBのみ)
WAON
チャージ不可
auWALLETチャージ可ポイント付く
(Masterのみ)
モバイル
Suica
チャージ可ポイント付く
SMART
ICOCA
チャージ可ポイント付く
PASMO
チャージ不可
紙の明細書無料毎月20日頃
WEB明細書無料eオリコで設定
本人認証
サービス
使える
(3Dセキュア)
eオリコで設定
JCB
J/Secure
VISA
VISA認証サービス
MasterCard
SecureCode
紛失盗難
保証
届け60日前以降に
不正使用・不正利用
の損害
が負担される
紛失盗難受付
0120-828-013
詳しくはこちら
ショッピング
保証
国内旅行
損害保険
海外旅行
損害保険
国内空港
ラウンジ
海外空港
ラウンジ
特徴1年会費永年無料
特徴2ポイント貯まりやすい
特徴3ポイント交換しやすい
特徴4オリコモールで
ポイントアップ
最大15%
特徴5ANA/JAL
マイル交換可能
特徴6ETCカードも
年会費永年無料
発行手数料無料
特徴7家族カードも
年会費永年無料
発行手数料無料

※カード会社は審査基準など含め全てを開示している訳ではありませんので、上記表は推測や経験則から記載している場合があります。全ての人に当てはまる訳ではありませんのでご注意下さい。間違いなどあればコメント欄などでお知らせ頂けると幸いです。お申し込みの際は必ず公式サイトなどをご確認下さい。

 

▼公式:Orico Card THE POINT 公式サイト

 

 

以上、概要になります。次は、Orico Card THE POINT(オリコカードザポイント)のメリット・おすすめポイントと、デメリット・注意点です!

 

 

スポンサーリンク

Orico Card THE POINT(オリコカードザポイント)のメリット・おすすめポイント・お得な使い方。

年会費無料おすすめクレジットカード

1.永年年会費無料。
2.通常ポイント還元率1%。入会後半年は2%。
3.オリコモール経由でさらにポイント0.5%〜15%もらえる。
4.経由先で他のカードを使ってもオリコモール経由ならポイント0.5%〜15%もらえる。
5.貯めたポイントは簡単に、Amazonギフト券・楽天ポイント・iTunesギフトコード・Google Prayギフト・ANAマイル・JALマイルなどに交換可能。
6.iD・QUICPay標準装備のため、後払い非接触決済で簡単支払い可能。
7.ETCカードの入会金無料・年会費も永年無料。
8.Apple Pay(QUICPay)、おサイフケータイ対応。
9.充実のトラベルサービス。
10.入会後、最大8,000ポイントもらえる。
11.紛失・盗難保証も付いている。
12.家賃や税金、公共料金など様々な支払いができる。

 

▼公式:Orico Card THE POINT 公式サイト

 

 

1.永年年会費無料。

永年年会費無料

Orico Card THE POINT』は、カードを使っても使わなくても、一生、年会費が無料です。

楽天カードと同じく、使っても使わなくても、ずっと年会費が永年無料なので、心配いらずです。

自分の使いやすい時に使って頂ければOKなので、ずっと便利に使い続けることができます。

 

▼公式:Orico Card THE POINT 公式サイト

 

2.通常ポイント還元率1%。入会後半年は2%。

ポイント還元率1%

Orico Card THE POINT』は、ポイント還元率が常時1%です。

何に使っても、「Orico Card THE POINT」でお支払いすれば1%節約できますので、いつものお買い物のお支払いを常時クレジットカードに変えるだけで、かなりの節約になります。

 

さらに、入会後6ヶ月は2%もらえますので、かなりの節約ができます。

クレジットカード作るまでは大きな買い物を押さえておいて、入会後6ヶ月でバッと使うのもお得な使い方です。

 

さらに、「Kyash」というポイント2%アップの登録式キャッシュレスアプリもありますので、気になっておられる方は、下記公式サイトよりご確認下さいね。

 

 

3.ポイントサイト「オリコモール」経由でさらにポイント0.5%〜15%上乗せ。

オリコモール

Orico Card THE POINT』を持っている方が、ポイントサイトの「オリコモール」を経由して「Amazon」や「楽天」や「Yahoo!ショッピング」などでお買い物をすると、それぞれプラス0.5%〜15%のポイントが上乗せされてもらえます。

  • Amazon:1%
  • Amazonファッションカテゴリ:4.5%
  • 楽天:0.5%
  • Yahoo!ショッピング:1%
  • じゃらんnet:1%
  • 楽天トラベル:0.5%
  • LOHACO:1.5%
  • DHC:1%
  • 一休com:1%

その他、600以上のサイトでポイントがもらえます。

 

これは、何を言っているかというと、例えばAmazonの場合だと、

  1. オリコモール経由:1%
  2. Amazonでのお買い物で通常ポイント:1%

で、合計2%もらえるということになります。

これは、公式「Amazonカード」のポイント還元率1.5%よりも多いので、とってもお得です。

 

ポイントの貯め方にも共通していますが、オリコモールによく使うサイトがあれば、オリコモールを経由するだけでポイントが増えますので、使わない手は無いです。

そんな訳で、ポイントサイト「オリコモール」は見ているだけでも楽しいです。

 

どうすればポイントが上乗せされるの?

オリコモールのポイントのもらい方

そうなんです。最初は疑問だと思います。私も最初は意味がよくわかりませんでした。

でも安心してください。ポイントの貰い方はものすごく簡単です。

例えばAmazonだったら、上記の「オリコモール」内の【ショップサイトへ】という所をクリックすると「Amazon」に飛びますので、飛んだ先はもちろんいつものAmazonですので、いつもの通り、普通にお買い物をするだけです。

そうなんです。『オリコモールを経由する』というのは、単純に、オリコモールから各ショップサイトへ行ってお買い物するだけでOKなんです。

 

なぜ、ポイントサイト「オリコモール」を経由するとポイントが上乗せされるの?

なぜ、オリコモールを経由するとポイントが上乗せされるのか?ですが、簡単に言いますと、『クレジットカードを多くの方に使ってもらうための素敵なサービス』ということになります。

オリコさんは、全力で『Orico Card THE POINT』という、POINTという名前まで付けたクレジットカードを作ってポイントを貯めやすくしている、ということになりますので、それに最大限に乗っかって、ガンガンポイントを貯めていきましょう。

 

▼公式:Orico Card THE POINT 公式サイト

 

4.経由先で他のカードを使ってもオリコモール経由ならポイント0.5%〜15%もらえる。

上記でポイントサイト「オリコモール」を経由してポイントを増やす方法をお伝えしました。

これが凄いのは、『Orico Card THE POINT』を持っていたとしても、経由先では必ずしも、「Orico Card THE POINT」を使わなくてもOKという所です。

 

これ、何を言っているかというと、さっきのAmazonさんの例で言いますと、通常、「Orico Card THE POINT」1枚の場合は、

  1. 「Orico Card THE POINT」でオリコモール経由:1%
  2. 「Orico Card THE POINT」でAmazonでのお買い物で通常ポイント:1%

で、合計2%もらえるということは、先ほどお話ししました。

 

次に、例えば、『Orico Card THE POINT』と「Amazonカード」の2枚を持っていたとすると、

  1. 「Orico Card THE POINT」でオリコモール経由:1%
  2. 「Amazonカード」でAmazonでのお買い物で通常ポイント:1.5%

で、合計2.5%もらえるんです。

 

さらに、例えば、『Orico Card THE POINT』と「Amazonゴールドカード」の2枚を持っていたとすると、

  1. 「Orico Card THE POINT」でオリコモール経由:1%
  2. 「Amazonゴールドカード」でAmazonでのお買い物で通常ポイント:2.5%

で、合計3.5%もらえるんです。

 

これは、例えば、『Orico Card THE POINT』と「楽天カード」の2枚持ちでもOKで、

  1. 「Orico Card THE POINT」でオリコモール経由:0.5%
  2. 「楽天カード」で楽天でのお買い物で通常ポイント:3%

で、合計3.5%もらえるんです。

 

2枚持ちできるなら、とてもお得に。

つまり、2枚持ちを許容できるなら、『Orico Card THE POINT』ともう1枚持ってオリコモールを経由して、その先で、そのもう一枚のポイント還元率が良いクレジットカードでお買い物すれば、さらにポイントが貯めやすくなってお得だということになります。

オリコモールは『Orico Card THE POINT』を持っていなくても使えますが、持っていた方がポイントの還元率が多くなります。

上記理由に加えて、元々年会費永年無料だし、「Orico Card THE POINT」は1枚持っていても損は無いと断言できるほど、おすすめの1枚になっています。

 

▼公式:Orico Card THE POINT 公式サイト

 

5.貯めたポイントは簡単に、Amazonギフト券・楽天ポイント・iTunesギフトコード・Google Playギフト・ANAマイル・JALマイルなどに交換可能。

オリコポイントゲートウェイ

Orico Card THE POINT」は、上記のような『オリコポイントゲートウェイ』というクレジットカードの会員さんのサイトで、ポイントを簡単に、Amazonギフト券・楽天ポイント・iTunesギフトコード・Google Playギフト・ANAマイル・JALマイルなどのマイレージ等、自分の好きな、自分の貯めている様々なポイントなどに交換可能です。

ここが、楽天カードと決定的に違う所になり、特にポイントを集めている方に「Orico Card THE POINT」を最大限におすすめするポイントになります。

 

下記が、Amazonギフト券などと交換する場所です。

オリコポイント交換リスト

 

下記は、ANAマイルやJALマイルと交換するページです。

オリコポイント交換リスト

 

交換は、「Amazonギフト券」などは等価交換でリアルタイムなので、500ポイントだったら500円として交換後すぐ使うことができます。

  • Amazonギフト券など:リタルタイム等価交換

 

「ANAマイル」は1000オリコポイント→600マイル交換で約15日後、「JALマイル」は1000オリコポイント→500マイル交換で約15日後、などです。

  • ANAマイル:1000オリコポイント→600マイル交換で約15日後
  • JALマイル:1000オリコポイント→500マイル交換で約15日後

 

何気に「dポイント」にも交換可能なので、特に使い道がなければ、dポイントに交換してドコモスマートフォンの通信費の支払いに使うこともできます。

などなど、ポイント交換は本当に簡単で、『オリコポイントゲートウェイ』で交換するポイントを入力して、SMS認証(スマホなどにSMSメールが来て4桁の数字を入力)をすれば交換が完了します。

 

私はいつもAmazonギフト券に交換して、即使っています。

簡単に節約できるの、本当におすすめのクレジットカードです。

 

▼公式:Orico Card THE POINT 公式サイト

 

6.iD・QUICPay標準装備のため、後払い非接触決済で簡単支払い可能。

Orico Card THE POINTの裏iDとQUICPay

上記写真は、「Orico Card THE POINT」の裏になります。

そこにも印刷されております通り、『QUICPay(クイックペイ)』と『iD(アイディー)』という決済方法が、このカード一枚で使えます。

 

『QUICPay(クイックペイ)』と『iD(アイディー)』とは?

QUICPayとiD

『QUICPay(クイックペイ)』と『iD(アイディー)』は、両方とも後払い方式の、非接触の、決済方法(電子マネー)の名前です。

どういうことかと申しますと、例えばコンビニで「iDで払います」と言ってコンビニにあるカード決済の端末に「Orico Card THE POINT」カード自体をかざすだけで、ピッとなって決済が終了します。

つまり、『サインも現金もいらないお金の支払い方が、このクレジットカード1枚で出来る』ということになります。

 

『QUICPay(クイックペイ)』と『iD(アイディー)』の違いは?

『QUICPay(クイックペイ)』と『iD(アイディー)』は決済方法は全く同じですが、運営している会社が違いますので、使える場所が少しだけ違います。

  • QUICPay(クイックペイ):JCBが運営
  • iD(アイディー):ドコモと三井住友カードが運営

 

『QUICPay(クイックペイ)』と『iD(アイディー)』の使える場所は?

  • どちらでも使える:主要コンビニ(セブンイレブン・ファミリーマート・ローソンなど)・イトーヨーカドー・イオン・ドン・キホーテ・ドラッグストア・マクドナルド・吉野家・ヨドバシカメラ等ではどちらも使えます。
  • QUICPayのみ使える:HMV・アパホテル・ユニクロ・味の民芸など
  • iDのみ使える:モスバーガー・ドコモショップ・歌広場・洋服の青山など

 

という訳で、スマホがなくても、「Orico Card THE POINT」1枚だけコンビニに持って行って、「iDで払います」という感じでカードのみでピッと簡単に支払いできるので、普通に、めちゃくちゃ便利です。

 

ちなみに、iDやQUICPayなどの後払い方式を「ポストペイ式電子マネー」と言います。

反対に、楽天Edyなどの前払い方式は「プリペイド式電子マネー」と言います。

Orico Card THE POINTは、楽天Edyにもチャージ可能です。

 

▼公式:Orico Card THE POINT 公式サイト

 

 

7.ETCカードの入会金無料・年会費も永年無料。

Orico Card THE POINT」は、ETCカードが無料です。

入会金も年会費も永年無料なので、お車に乗っておられる方にもおすすめです。

ちなみに、家族カードも永年年会費無料です。

これ、何気に凄いですよね。

 

 

8.Apple Pay(QUICPay)、おサイフケータイ対応。

Apple Pay

Orico Card THE POINT」は、Apple Pay(アップルペイ)とおサイフケータイにも対応しています。

Apple PayはQUICPayの使える場所ですが、スマホをかざすだけで決済可能です。

 

 

9.充実のトラベルサービス。

Orico Card THE POINTの充実トラベルサービス

Orico Card THE POINT」は、上記のように「オリコモール」経由でホテルやツアーの予約をするとポイントが上乗せされるのとは別に、トラベルサービスが充実しています。

海外キャッシングも可能です。

「Mater・cirrus(シーラス)」のマスターカードが展開する海外ATM網にて対応しています。

 

<海外旅行>

  • オリコパッケージツアー割引サービス
  • 海外格安航空券サービス
  • 海外お土産宅配サービス
  • 手荷物宅配サービス など

<国内旅行>

  • オリコパッケージツアー割引サービス
  • 国内旅館・ホテル予約サービス
  • 国内格安航空券サービス など

詳しくは公式サイトを見てみてくださいね。

 

 

10.入会後、最大8,500ポイントもらえる。

Orico Card THE POINT8000ポイントもらえる

Orico Card THE POINT』は、『入会特典(入会キャンペーン)』と『Start THE POINTキャンペーン』で新規入会後最大8,500オリコポイントをもらうことができます。

但し、入会特典の1,000ポイントは確実にもらえますが、残り7,500ポイント全てをもらうには条件があるので全部は厳しいかもしれません。

 

最大8,500ポイントの内訳

入会特典1,000ポイント

Start THE POINTキャンペーン7,000ポイント

キャンペーン期間中に義利用金額10万円以上、かつ、下記の条件達成で

  1. 携帯電話料金(NTTドコモ、ソフトバンク、au、ワイモバイルの4社のどれか)または電気料金(北海道電力、東北電力、北陸電力、東京電力エナジーパートナー、中部電力、関西電力、中国電力、四国電力、九州電力、沖縄電力の10社のどれか)のお支払いで「1,500ポイント」
  2. オリコモール(Yahoo!ショッピングか楽天市場のみ)の利用で「1,000ポイント」
  3. キャッシング利用可能枠の設定で「1,000ポイント」
  4. iD/QUICPay(Apple PayもOK)の利用で「1,000ポイント」
  5. マイ月リボの新規登録で「2,000ポイント」
  6. さらに家族カード入会で「500ポイント」

です。

入会時ポイントをもらうために、無理に使う必要は無い

ただ、ポイントをもらうために無理に使う必要は無いと私は思っておりますので、キャンペーン期間中に10万円使いそうで、なおかつ、上記どれかの条件をクリアできそうなら、7,000ポイントの内どれかをもらおうかな、ぐらいに考えておいたほうが良いと思います。

例え、入会特典の1,000ポイントしかもらえなくても、『Orico Card THE POINT』は、年会費無料で、普段使いで威力を発揮するとってもお得なクレジットカードですので、元がすぐに取れるどころか、すごくお得に節約生活を始められます。

 

▼公式:Orico Card THE POINT 公式サイト

 

11.紛失・盗難保証も付いている。

Orico Card THE POINT』は、紛失・盗難保証が付いています。

万が一、カード紛失したり、盗難にあってしまって不正使用された場合、オリコさんになくしちゃった連絡届けを出した60日前までさかのぼって、それ以降に不正使用・不正利用された損害はオリコさんが負担してくれます。

とっても安心ですが、万が一なくしちゃったり、財布ごと取られたりした場合は、速攻オリコさんに連絡するのを忘れないようにしましょうね。

カードの再発行も可能ですので、まずは、オリコさんに連絡しましょう。

 

▼公式:Orico Card THE POINT 公式サイト

 

12.家賃や定期券、税金や公共料金など様々な支払いができる。

Orico Card THE POINT』は、様々な場所で使えます。

街のお店、例えばコンビニやスーパー、コストコ(Masterのみ)、ガソリンスタンド(エネオスなど)、ネットショッピング、携帯料金、家賃、定期券、公共料金、電気ガス水道、税金・保険料、他多数でのお支払いができます。

ざっくり、お支払い先がクレジットカード支払いに対応していれば、、MasterとJCBの違いはありますが、基本的に多くの場所で使えます。

ただし、公共料金は、Yahoo!公金支払いnanaco経由になります。

 

締め日(引き落とし日)は口座振替の毎月27日です。

引き落とし口座は、主な銀行とゆうちょ銀行も可能です。

 

支払い方法は1回払い、分割払い、一括払い、一括返済、ボーナス払い、リボ払いなど、様々な支払い方法を選ぶ事ができます。

ただし、コンビニなどの少額決済は、基本的に1回払いです。

自動リボや、後からリボにすることも出来ます。

 

▼公式:Orico Card THE POINT 公式サイト

 

 

以上が、「Orico Card THE POINT」のメリット・おすすめポイントでした。次は、デメリット・注意点です!

 

 

スポンサーリンク

Orico Card THE POINT(オリコカードザポイント)のデメリット・注意点。

1.ポイントの有効期限が1年。

Orico Card THE POINT』は、ポイントの有効期限が1年です。

半年に一度は確認して、とりあえず「Amazonギフト券」など、自分の使っているインターネットショッピングの割引コードか、ドコモの料金支払いができる「dポイント」などに交換してしまいましょう。

 

2.最低ポイント交換数が500ポイント(5万円購入)から。 

Orico Card THE POINT』は、最低500ポイントからしか交換できません。

1年間で5万円以下(月4,200円ぐらい)で500ポイントなので、1年間で5万円以下(月4,200円ぐらい)以下ぐらいしか使わない方はポイントの交換ができず、ポイントが失効してしまうので節約出来ません。

そのため、1年間で5万円以下(月4,200円ぐらい)以下ぐらいしか使わない方は、このカードでは節約の意味が無いので、他のカードにしましょう。

その場合、Amazonをよくお使いの方は「Amazonカード」、楽天をよくお使いの方やオールマイティなカードが欲しい方は「楽天カード」がオススメです。

 

3.国内旅行保険、海外旅行保険の付帯保険は付いていません。

Orico Card THE POINT』は、国内旅行保険、海外旅行保険の付帯保険は付いていません。

旅行をされる方は、別途サブ的に、国内旅行・海外旅行保険付きのクレジットカードを持つのが良いかも知れません。

 

上記しました「楽天カード」は、海外旅行の代金を支払うことで海外旅行保険がついてきます。

また、Visa付き「エポスカード」なら海外保険が自動付帯です。

出発前の届けや手続きは一切不要で、海外旅行にカードを持って行くだけで海外旅行保険が適用されますので、海外旅行をよくされる方に、かなりおすすめです。

 

▼公式:Orico Card THE POINT 公式サイト

 

 

以上が、「Orico Card THE POINT」のデメリット・注意点でした。次は、デザインです!

 

 

スポンサーリンク

Orico Card THE POINT(オリコカードザポイント)のデザイン

オリコカード ザ ポイント

年会費無料おすすめクレジットカード

上記のように『Orico Card THE POINT』のデザインは1種類です。

私も実際持っていますが、黒が映えていて、とてもシックでかっこいいので気に入っています。

普段使いでも、特に恥ずかしいといった感覚もなく、お店でも躊躇なく普通に使う事ができますので、万人にお勧めできる落ち着いた素敵なデザインです。

 

以前は、VISAブランドも存在していましたが、現在、「VISA」のお申し込みは終了していますので、注意してください。

その他、主な国際ブランドには、別途「AMEX」や「Diners(ダイナース)」もありますが、『Orico Card THE POINT』にはありません。

 

現在は、「Master」か「JCB」でお申し込みができます。

最初の1枚であれば、「Master」がお勧めです。

なぜなら、「JCB」よりも「Master」の方が、使えるお店が多いからです。

 

すでに違うカードで「VISA」か「Master」をお持ちであれば、2枚目以降は「JCB」でもOKです。

また、「JCB」ブランドのクレジットカードをお持ちの場合は、海外主要都市にある日本語対応可能なスタッフさんが在籍している「JCBプラザ」や「JCBラウンジ」を無料で使う事ができたり、ハワイでトロリーバスに無料で乗れたりします。

 

Orico Card THE POINT』の場合、「Master」で作ったけど「JCB」に変更したくなった、といった国際ブランド変更は基本的に出来ないようです。

ただし、新しく別の国際ブランドでカードを作る事はできますので、新規でお申し込みする方が早いと思われます。

 

▼公式:Orico Card THE POINT 公式サイト

 

 

以上が、デザインについてでした。次は、「Orico Card THE POINT」の審査について、詳細に、詳しく分かりやすく書いておきたいと思います。

 

 

スポンサーリンク

Orico Card THE POINT(オリコカードザポイント)の審査について

Orico Card THE POINTの審査について

Orico Card THE POINT」の審査全般について書いていきたいと思います。

カード会社は全ての審査情報を開示している訳ではありませんので、どうしても、推測や経験則からの情報が含まれます。

皆さまの信用情報やクレジットカードヒストリー(クレヒス)なども多岐に渡り、全ての方に当てはまるかどうか不明な部分が多いですので、参考情報として捉えて頂き、お申し込みをされる際にお役に立てて頂ければと思います。

 

Orico Card THE POINT(オリコカードザポイント)の審査難易度

内容概要備考
審査収入がある方無収入でなければ
審査対象と思われる
審査期間数日〜
1週間程度
多くは2,3日
で結果分かる
カード発行
スピード
8営業日程度審査から
計2週間程度
でカード到着
本人確認運転免許証
パスポート
健康保険証等
審査時
本人確認の為
電話連絡あり
会社へ
在籍確認
有る場合も
無い場合もある
勤続年数短い
住居年数短い
以前問題ある等は
有る可能性増える
審査基準信販系の為
普通ぐらい
だと思われる
厳しさは
銀行系>信販系>流通系
の順
必要年収数十万円〜
程度と思われる
(安定性重視)
アルバイト・パート
主婦・年金受給者
も審査対象と思われる

一番最初の表の審査の部分だけを抜き出したものです。

Orico Card THE POINT」の審査の難易度については、普通ぐらいだと思われます。

根拠としては、審査の厳しさとして『銀行系>信販系>流通系』が言われており、「Orico Card THE POINT」は信販系である事からです。

 

Orico Card THE POINT(オリコカードザポイント)の審査難易度・所属別推測

所属
カテゴリー
推測
難易度
備考
会社員勤続年数による
居住年数による
契約社員勤続年数による
居住年数による
フリーター収入額による
勤続年数による
居住年数による
アルバイト収入額による
勤続年数による
居住年数による
パート収入額による
勤続年数による
居住年数による
主婦
(旦那さん会社員)
家族カードあり
正会員の収入等による
学生
大学生
収入が必要
勤続年数による
居住年数による
個人事業主収入による
資産・貯蓄額による
年金受給者資産・貯蓄額による
無職×収入が必要
資産・貯蓄額による

※全て、情報・口コミ・経験則等からの推測になります。

 

Orico Card THE POINT」は、18歳以上(高校生不可)がお申し込みできます。

契約社員でも、フリーター、アルバイトでも、パートでもお申し込みできます。

 

年金受給者や個人事業主の方は、貯蓄額や資産額で難易度が左右されると考えられます。

無職の方でも何らかの収入を作れば、個人事業主として申し込む事は可能だと思いますが、やはり厳しいと思われ、同じように貯蓄額や資産額で難易度が左右されると考えられます。

 

収入額自体よりも、安定性がより重視されるようです。

どちらにせよ、収入額自体よりも、安定性が担保されているほうがよい傾向が見受けられるようです。

 

勤続年数、居住年数なども、5年以上あればかなりベストな状態だと思われますが、1年程度でもOKな場合があるようです。

少し違いますが、家を借りる際の賃貸の保証人でも勤続年数がかなり効いてくるので、勤続年数や居住年数は長ければ長いほうが信用度は上がり、審査にも通りやすくなります。

 

私の審査経験。

私は実際に、居住年数2年、勤続年数2年目程度の契約社員の時に申し込みし、無事審査に通り、「Orico Card THE POINT」を作る事が出来ました。

その際、申し込み後すぐに本人確認の電話はありましたが、その他、会社への在籍確認などは一切ありませんでした。

 

そのような自分の経験から、契約社員で2年目に入ったぐらい程度でも「Orico Card THE POINT」を作る事が出来るんじゃないか、というのは確認できています。

また、その際、確かショッピング枠は50万円、キャッシング枠も10万円付いていました。

 

最初は、キャッシング枠0円でお申し込みするのがおすすめです。

上記表の【△】の印をつけた所属の方でも、キャッシング枠を0円にしてお申し込みすると、審査に通る可能性がグンと上がる傾向が見受けられます。

これは、「Orico Card THE POINT」はキャッシングが『保証人不要・無担保』であるため、どうしても、良いクレジットカードヒストリーや会社の従業員としての安定的な信用が必要になるためです。

 

従って、最初はキャッシング枠を0円でお申し込みし、カードを作った後、きちんと返済し続け、良いクレジットカードヒストリーを重ねて信用を積み重ねて行くのがベストです。

そうこうしている内に、クレジットカード会社からキャッシング枠や、ショッピング枠の増額などの提案があったりする流れになると思います。

 

Orico Card THE POINT(オリコカードザポイント)の審査に落ちたカテゴリー

推測になりますが、審査に通らずに落ちてしまう場合、多くのクレジットカードで下記が当てはまると思われます。

  • 無職である
  • 収入がない
  • 年収が一定より低い
  • 勤続年数が短い
  • 居住年数が短い
  • 収入が安定していない
  • 個人事業主や年金受給者などの(仕事先が無い)場合で、貯蓄や資産が少ない
  • 一時期(半年間程度)にたくさんのクレジットカードに申し込みしている
  • 過去にクレジットカードやローン等で信用を失っている

 

クレジットカード会社は収入そのものもそうですが、より安定性を重視する傾向があると考えられています。

フリーターやアルバイト、パートでもお申し込みOKであるのは、正社員の会社員よりも収入が低くても、安定性という面で勤続年数や居住年数などから様々な事情を鑑みているからと思われます。

正社員と同じように継続的な収入が見込まれて、生活も安定しているという印象を与えられるなら、信用度が上がり、審査にも通りやすくなります。

 

Orico Card THE POINT(オリコカードザポイント)の審査結果までの期間は長い?

Orico Card THE POINT」は、審査後、いつ届くのでしょうか。

公式によると最短で8営業日程度でカード発行されるようです。

通常、2,3日で審査終了、本人確認の電話があった後、特に問題なければ発行され、合計で2週間程度でお家に書留で郵送され、本人の元にクレジットカードが到着するものと考えられます。

 

作り方は、「Orico Card THE POINT」からオンラインでお申し込みをして、審査後、発行されます。

 

会社などへの在籍確認は、あったりなかったりするようです。

私の場合は、数枚クレジットカードを持っていますが、全てにおいて、1回も在籍確認はありませんでした。

 

別途、本人確認の連絡は必ずあると思います。

私の場合は必ず、連絡先に書いた電話にかかってきました。

 

その際、必ず本人確認の電話には出てください。

本人確認の連絡が着かないと、審査が終わらずにカード発行が遅れてしまいます。

 

また、過去のヒストリーに何かあった場合等であれば、審査に時間がかかる場合があるかも知れませんが、その辺りの詳細は不明です。

 

Orico Card THE POINT(オリコカードザポイント)の審査総評

クレジットカード会社としても、色んな方に多く発行して、継続的に末長く使ってもらったほうが良いのは、自社の存続に直結している事からも間違いありません。

そのため、1回だけ高額に使って返せなくなる、みたいな状態が一番良くないので、まずは低い金額で限度額を設定することで収入自体は少なくてもOKとして、継続的に収入があるか?生活は安定しているか?を最重要視しているものと考えられます。

 

以上のことから、最初はキャッシング枠を0円でお申し込みし、始めはショッピング枠も少ないかも知れませんが、そうすることで、クレジットカードの審査難易度を下げ、カード発行の可能性をあげる事はできるのではないかと考えられます。

 

▼公式:Orico Card THE POINT 公式サイト

 

 

以上、審査全般についてでした。では最後に、実際に使っている感想や評判、上位カード、通常カードとの違い、現在の最新キャンペーンなどをテンポよく書いて、本記事を終わりにしたいと思います!

 

 

スポンサーリンク

Orico Card THE POINT(オリコカードザポイント)の感想レビュー

私は実際に「Orico Card THE POINT」を使って、数年ほどになります。

Amazonでお買い物をする事が多いため作ったのですが、使ってみた感じから、ポイントの使い勝手がすごく良いので、現在のメインカードにしています。

クレジットカードを複数枚使いこなす中で、現在は街中でのお買い物や、公共料金などもほぼこのカードで払っています。

 

貯まったポイントをAmazonギフト券にして、Amazonで買う際に使っていて、かなりの節約になっています。

普通に使いやすくて便利ですし、年会費も永年無料ですので、1枚持っていても損はないと思います。

おすすめです。

 

▼公式:Orico Card THE POINT 公式サイト

 

 

スポンサーリンク

Orico Card THE POINT(オリコカードザポイント)の評判・評価・口コミ

Orico Card THE POINT」の評判・評価・口コミは悪くないと思われます。

別途、価格.comやツイッターなどでも多くの評判・評価・口コミがありますが、皆さまそれぞれの使い方や生活スタイルと、実際にお使いになる方のそれが同じかどうか不明です。

そんな時は、調査機関が大々的に行っている満足度調査であれば、事実、平均的で大きな傾向が読み取れるので、そこで満足度調査上位のクレジットカードであれば、自分が使っても満足度はそんなに大きくは下がりにくいのでは、とも考える事ができます。

 

毎年J.D.POWERが行っている、日本のクレジットカード満足度調査の2019年度版、年会費無料部門でも「オリコカード」は「JCBカード」「楽天カード」に続く第3位になっています。

年会費無料のオリコカードは10種類ありますが、オリコの推し具合から見ても、「Orico Card THE POINT」の割合は多いものと考えられます。

 

実はもう一つクレジットカードには、「JCSI 日本版顧客満足度指数」という有名な満足度調査もありますが、残念ながらオリコカードは調査対象に入っていないので、ランキングも不明です。

 

▼公式:Orico Card THE POINT 公式サイト

 

 

スポンサーリンク

Orico Card THE POINT(オリコカードザポイント)と通常のオリコカードとの違いを比較

通常オリコカードは、「暮らスマイル」というポイント制度になります。

「暮らスマイル」はポイント還元率が0.5%なので、ポイント還元率で選ぶならオリコポイント還元率1%の「Orico Card THE POINT(オリコカードザポイント)」がベストです。

  • 通常オリコカード:暮らスマイルのポイント還元率が通常0.5%
  • Orico Card THE POINT(オリコカードザポイント):オリコポイントの還元率が通常1%

 

家賃のお支払いに関して、注意点があります。

「Orico Card THE POINT」でのお支払いでは、家賃分にオリコポイントは付きませんので注意が必要です。

通常オリコカードでの家賃のお支払い場合は「暮らスマイル」ポイントが付きます。

ここが大きな違いかも知れません。

 

 

スポンサーリンク

Orico Card THE POINT(オリコカードザポイント)と他のカードとの違いを比較

Orico Card THE POINT(オリコカードザポイント)と楽天カードとの違いを比較

楽天カード

楽天カード」は、楽天のサービスをメインでお使いの方だと凄くポイント還元率もよく、ポイントも使いやすいですので、楽天をメインにお使いの方は「楽天カード」がおすすめです。

  • 楽天カード:どちらかと言えば、楽天市場でのお買い物をメインで使っている方
  • Orico Card THE POINT(オリコカードザポイント):どちらかと言えば、Amazonでのお買い物をメインで使っている方

 

詳細は「年会費無料でおすすめのクレジットカード比較ランキング5選」の回に色々書いております!

 

▼公式:楽天カード 公式サイト

 

Orico Card THE POINT(オリコカードザポイント)とJCB CARD Wとの違いを比較

JCB CARD W」は、Amazonでのポイント還元率もいいですし、スターバックスやセブンイレブンでのポイント還元率も良いですが、39歳以下の方しか作る事ができません。

そのため、39歳以下でAmazonやスターバックス、セブンイレブン等をよくお使いの方は、「JCB CARD W」がベストな選択になります。

  • JCB CARD W:39歳以下でAmazonやスターバックス、セブンイレブン等をよくお使いの方
  • Orico Card THE POINT(オリコカードザポイント):40歳以上でAmazonでのお買い物をメインで使っている方

 

こちらも、詳細は「年会費無料でおすすめのクレジットカード比較ランキング5選」の回に色々書いております!

 

▼公式:JCB CARD W 公式サイト

JCBオリジナルシリーズ

 

Orico Card THE POINT(オリコカードザポイント)とAmazonカードとの違いを比較

Amazonカード

Amazonカード」は年会費1,250円がかかります。年1回利用で翌年年会費無料になりますので実質無料にできます。ポイント還元率が1.5%(Amazonプライム有料会員・無料体験中の場合2%)です。

そのため、「Orico Card THE POINT(オリコカードザポイント)」の方が永年年会費無料で、オリコモール経由するとAmazonでのポイント還元率も2%のため良いです。

ただ一番良いのは2枚持ちをして、Amazon Prime会員になり、オリコモール経由でAmazonカードを使う事です。

  • Amazonカード:年会費1,250円(年1回利用で翌年年会費無料)。Amazonでの還元率1.5%。プライム会員なら2%
  • Orico Card THE POINT(オリコカードザポイント):年会費永年無料。Amazonでの還元率2%。Orico Card THE POINTを持っている状態でオリコモール経由し、Amazonでのお買い物でAmazonカードを使うと還元率が2.5%になる。

■公式:Amazonカード

 

Orico Card THE POINT(オリコカードザポイント)とリクルートカードとの違いを比較

リクルートカード 」は、還元率が1.2%の高還元率ですのでかなりオススメです。

普段、Pontaポイントやリクルート系サービス(じゃらん・ポンパレモール・ホットペッパーグルメ/ビューティー)などをお使いであれば、「リクルートカード 」がベストです。

なので、皆さまが普段、使いやすいポイントに交換できる方がベストになります。

  • リクルートカード:Pontaポイント・リクルート系サービス(じゃらん・ポンパレモール・ホットペッパーグルメ/ビューティー)などを普段お使いの方
  • Orico Card THE POINT(オリコカードザポイント):Amazonギフト券・楽天スーパーポイント・Tポイントなどを普段お使いの方

▼公式:リクルートカード 公式サイト 

 

 

スポンサーリンク

Orico Card THE POINT(オリコカードザポイント)と上位カードOrico Card THE PREMIUM GOLD(オリコカードザプレミアムゴールド)との違いを比較

Orico Card THE POINT PREMIUM GOLD

Orico Card THE POINT」には、上位カードの『Orico Card THE PREMIUM GOLD(オリコカードザプレミアムゴールド)』というカードがあります。

通常カードを持っていると、プレミアムゴールドカードへの切り替えインビテーション(招待状)が全員に来るかなど詳細は不明ですが、自分でお申し込みをして審査に通れば発行してもらえます。

 

Orico Card THE PREMIUM GOLD(オリコカードザプレミアムゴールド)』の国際ブランドも「Master」か「JCB」になり、「VISA」はありません。

年会費が1,950円かかりますが、旅行保険やショッピング保険(ショッピングガード)が付いていますので、よく旅行をされる方などにおすすめです。

ちなみに、空港ラウンジサービスは「プラチナカード」からになります。

 

「Orico Card THE PREMIUM GOLD(オリコカードザプレミアムゴールド)」の損益分岐点

Orico Card THE PREMIUM GOLD』の損益分岐点ですが、年会費1,950円の元を取るには、通常カード「Orico Card THE POINT」との+0.5%ポイント分を計算すればOKです。

  • 0.5%/年1,950円=年39万円
  • 年39万円/12ヶ月=月32,500円

なので、年間39万円以上、月32,500円以上お使いになる方は、年会費1,950円の元が取れるので、『Orico Card THE PREMIUM GOLD』のほうがお得です。

それ以下なら、永年年会費無料の通常カード「Orico Card THE POINT」がベストになります。

 

ただ、基本はほぼ同じですが、年会費がかかっても旅行保険などの下記違いが普段の生活でメリットになる方は、『Orico Card THE PREMIUM GOLD』もおすすめになります。

  • 年会費1,950円
  • ポイント還元率通常1%
  • オリコモール経由1%加算(Amazonでの還元率は2.5%になります)
  • 電子マネーiD、QUICPay(クイックペイ)利用で0.5%ポイント特別加算
  • ショッピングリボ払いのご選択でポイント0.5%特別加算
  • 優待サービス「Orico Club Off」が使える
  • 海外旅行傷害保険最高2,000万円、国内旅行損害保険最高1,000万円がついている
  • 最大100万円のショッピングガード

 

■公式:Orico Card THE PREMIUM GOLD(オリコカードザプレミアム) 公式

 

 

スポンサーリンク

Orico Card THE POINT(オリコカードザポイント)のキャンペーン【2019年9月度最新版】

Orico Card THE POINT」の最新キャンペーン一覧です!

新しい、キャンペーンが始まりましたら、その都度追記いたしますね。

 

  • 新規入会特典1,000ポイント:詳細はOrico Card THE POINT 公式サイト
  • Start THE POINTキャンペーン最大7,000ポイント:詳細はOrico Card THE POINT 公式サイト
  • Apple Payの利用で30%オリコポイント還元!(~2019年9月30日):eオリコにログインして応募
  • 定期券を購入してオリコポイントを当てよう!キャンペーン(~2019年10月31日):eオリコにログインして応募

などが現在開催中の主なキャンペーンです!

 

▼公式:Orico Card THE POINT 公式サイト

 

 

本記事は、以上になります。最後まで読んでくださって、ありがとうございました。最後になりますが、まとめと感想を書いて本記事を終わりにしたいと思います。

 

 

スポンサーリンク

最後のまとめと、感想です。さあ、Orico Card THE POINTを使ってみましょう!

オリコカード ザ ポイント

最後まで読んでくださって、ありがとうございました。

以上、「オリコカードザポイントおすすめ全ガイド。メリット・デメリット・注意点など全まとめ。」の回でした。

 

普段、特にAmazonをお使いの方で40歳以上の方は、『Orico Card THE POINT(オリコカードザポイント)』がおすすめの1枚になります。

 

まなべやまなべやのひとこと感想>

  • 最後まで読んでいただいて、ありがとうございました!
  • ここまで書いてきましたが、私も普段、普通に『Orico Card THE POINT』を使っており、特に問題を感じたこともありません。
  • 街のお店でもネットショッピングでも、ほぼメインのカードとして使い、コンビニなどではiDで簡単決済しており、普段使いでとっても便利に使っております!

 

Orico Card THE POINT』は、特にAmazonなどのインターネットショッピングをされている方や、よくコンビニなどでお買い物をされている方などは、これ1枚持っておけば、クレジットカードの強みと楽しみを凄く感じられるカードだと思います。

年会費も永年無料のため、クレジットカードが初めてで、よもや初めてじゃなくても、この『Orico Card THE POINT』は、かなりオススメの1枚です。

 

永年年会費無料。ポイントが貯まりやすい。オリコモール経由でさらにポイントアップ。
Amazonをお使いの方、普通におすすめです。まずは下記公式サイトへ!

 

▼公式:Orico Card THE POINT 公式サイト

 

本記事は、以上になります。

みなさま、素敵なクレジットカードライフを!

最後まで読んでくださって、ありがとうございました!

 

P.S. 年会費無料クレジットカードの上位おすすめは「年会費無料でおすすめのクレジットカード比較ランキング7選」こちらです!

 

コメント