【三井住友VISAカード】2019年たった一つの最強おすすめポイントとは?

三井住友VISAカード比較みなさん、こんにちは!

セービングブログの節約せっちゃんと貯金のちょーきんです!

 

せっちゃん
せっちゃん

この記事では、三井住友VISAカードの、たった一つの最強おすすめポイントを紹介します!

ちょーきん
ちょーきん

おすすめの最強1枚も!

 

今回は、私が思う、たったひとつのおすすめポイントや、メリットデメリットなどを総合的に紹介させて頂きます!

その後、わかりやすく簡単に、おすすめ最強な1枚を紹介させて頂きたいと思います!

 

出来るだけ分かりやすく、三井住友VISAカードを紹介させて頂きますので、ゆっくりご覧くださいね!

 

 

三井住友VISAカードのたった一つの最強おすすめポイントはこれだ!

三井住友VISAカード比較

三井住友VISAカード

 

三井住友VISAカードのおすすめポイントは、たった一つです。

それは、堅実さです。

 

せっちゃん
せっちゃん

どういうこと?

ちょーきん
ちょーきん

簡単に言うと、堅実でステータスが高いイメージ、つまりハイステータス感がある、ということです!

 

 

堅実であること、とはどういう事かと申しますと、三井住友VISAカードを持っているという事そのものが、堅実で確実な信頼感や安心感に繋がっている、ということになります。

簡単に一言で言いますと、『三井住友VISAカードには、良いブランドイメージがありますよ』ということになります。

 

三井住友VISAカード公式サイトはこちら。

 

さらに、ざっくり言いますと、三井住友VISAカードというのは、ずっと昔から安心と信頼を売りにしているので、そのカードを持つ方々にも、安心と信頼が付与される、というイメージになります。

 

個人的には、これは、三井住友VISAカードのブランドイメージ戦略が功を奏している為である、とも言えると思います。

その為、個人的には、今後も、お得なポイントや永年年会費無料などの特典は他のクレジットカードに任せて、三井住友VISAカードは、安心感と信頼感を上昇させる堅実でハイステータスなイメージを貫いて頂きたいと思います。

 

せっちゃん
せっちゃん

ハイステータスといえば、ゴールドカードやプラチナカード、ブラックカードなどを連想されるかもしれませんが、三井住友VISAカードは通常のクラシックカードでさえも、堅実で良い感じのイメージが付いています。

ちょーきん
ちょーきん

それは、通常のクラシックカードから、ゴールドカードやプラチナカードへのステータスアップも出来る楽しみがある為、その辺りからも、ハイステータス感が表現されているのではないか、と考えております。

せっちゃん
せっちゃん

この、三井住友VISAカードの堅実感を言葉で表現するのは難しいですが、日本で初めてVISAカードを発行したとか、三井住友という会社が古くて大きいから、とか、そういう所からも良いイメージに繋がっている、と思います。

ちょーきん
ちょーきん

ぶっちゃけ、『楽天カード』や『オリコカード THE POINT(オリコカード ザ ポイント)』、『JCB CARD W』等の方が年会費無料だし、ポイント還元率とかも良いのですが、この、堅実さがあるという、たった一つの最強のポイントは、三井住友VISAカードを選択する上で、誰もが口に出さなくても分かる最強の理由になるかと思います。

 

三井住友VISAカードには、堅実で確実なイメージがあります。

だからこそ、初めて選択するクレジットカードに最適なんじゃないかと、考えております。

 

三井住友VISAカード公式サイトはこちら。

 

 

三井住友カードさんは、世界中で多くのお客様に選ばれている「VISA」カードを、日本で初めて発行し普及させた会社さんです。

 

 

さらに、三井住友カードさんは、世界中で多くのお客様に選ばれている「VISA」カードを、日本で初めて発行し普及させた会社さんでもあります。

 

■1967年12月に、三井住友カードの前身である株式会社住友クレジットサービス設立。

■1980年2月に、日本初の「VISA」カードとして国内外共通「住友VISAカード」を発行

■1980年5月に、全国的なVISAの普及を目指してBC(ブラザーカンパニー)作りに注力するため、ビザ・ジャパン株式会社を設立。

 

これを機会に、カードに汎用性・国際性・ステータス性が付与され、海外旅行の急増とともに「住友VISAカード」が普及しました。

 

上記公式サイトにもありますように、三井住友カード株式会社さんは、日本で一番最初に初めてVISAと提携しVISAカードを発行した会社さんになります

 

VISAは当時から世界最大級のカード組織であったため、三井住友カードとの提携は他のカード会社に激震が走ったそうです。

この辺りからも、三井住友VISAカードの堅実さや信頼感に繋がっているのかな、と思います。

 

 

三井住友カードの会員数は2,838万人(2017年度)です。

 

 

上記公式サイトから、三井住友カード2017年度の会員数は、2,838万人とのこと。

つまり、日本で5人に1人は三井住友カードを持っていることになります。

 

その多くはVISAカードと思われますので、三井住友VISAカードは日本で多く使われている、という安心感にも繋がっているのだと思います。

 

 

三井住友VISAカードのたった一つの最強便利さはこれだ!

三井住友VISAカード比較

 

次は、その便利さに重点を置いてみたいと思います。

 

三井住友VISAカードのたった一つの最強便利さは、

「VISA」だから。

です。

 

せっちゃん
せっちゃん

分かりやすい!笑

ちょーきん
ちょーきん

そう、VISAが世界で一番使われてるからおすすめなんだよね!

 

 

では、VISAの何が便利で最強なのでしょうか???

これは、簡単に分かりやすく言えば、世界でVISAを使っている人が1番多いからすごいよ、ということになろうかと思います。

つまり、世界の多くのお客様、市場にVISAが認められている、ということになろうかと思います。

 

根拠となる、各カード組織の総取引件数割合グラフはこちら

三井住友VISAカード比較

引用元:2015年のニルソンレポートより引用させて頂きました。

https://nilsonreport.com/upload/issues/1085_1008.pdf

 

2015年に発表された、世界的に有名な決済関連レポート「The Nilson Report(ザ・ニルソン・レポート)」によりますと、Visa、MasterCard、銀聯(ユニオンペイ)、American Express、JCB、ダイナースクラブ/ディスカバーの国際ペイメントブランドの2015年における加盟店での取引件数は2,270億8,000万件。

引用元:2015年のニルソンレポートより引用させて頂きました。

 

各ブランドのマーケットシェアのざっくりとした割合は、

 

第一位:Visa 約56%

■第二位:MasterCard 約26%

■第三位:中国銀聯(ユニオンペイ) 約13%

■第四位:American Express(アメックス) 約3%

■第五位:JCB 約1%

■第六位:ダイナースクラブ/ディスカバー 約1%

 

です。

 

VISAが56%で第一位であるため、世界的に見ても、VISAが一番多くのお客様に使われて認められているクレジットカード組織ということになります。

 

という訳で、三井住友VISAカードは単純に国内外で使える場所が多い為、国内でも海外でもVISAカードを1枚持って行けば大丈夫という安心感があります。

これこそが、三井住友VISAカードの安心感に繋がっている、とも言えると思います。

 

 

発行枚数的には、中国銀聯(ユニオンペイ)が一番多いのですが、その多くは銀行のキャッシュカード、デビットカードとのことなので、クレジットカードとしては発行枚数20億枚程度と言われているVISAが最大のマーケットシェアを持っているようです。

■参考サイト:中国、銀行カードこれまでに42億枚を発行

 

また、Coineyさんが行った「クレジットカードに関する利用状況調査2014」でも、カードブランドの利用状況として、VISAが75%を占めています。国内外で名実ともにVISAブランドの一強状態とも言えるかも知れません。

■参考サイト:コイニー、「クレジットカードに関する利用状況調査2014」を実施

 

 

せっちゃん
せっちゃん

なので、個人的にも、三井住友カードでなくても、他のカードでも、迷ったら、まず最初の1枚はVISAがおすすめです!

ちょーきん
ちょーきん

私も、1枚目はVISA、2枚目はMaster Cardにしていますが、1枚目のVISAだけで全く問題を感じたことはありませんですっ!

 

三井住友VISAカード公式サイトはこちら。

 

 

三井住友VISAカードのたった一つのメリットはこれだ!

三井住友VISAカードのたった一つのメリットは、ここまで読んで下さった方なら、もしかしてお分かりかも知れませんが、

 

それは、

メリット:三井住友VISAカードであること。

です。

 

ぶっちゃけ、こちらの「2019年度!年会費無料でおすすめのクレジットカード比較ランキング5選。」という記事にも書いておりますが、他にもポイント還元率が良いカードや、永年年会費無料のクレジットカードがあります。

 

 

三井住友VISAカード以外でも良い方は、こちらの記事にあげている、『楽天カード』、『オリコカード THE POINT(オリコカード ザ ポイント)』、『JCB CARD W』、『Yahoo! JAPANカード』の4つの中からを選んでおけば、まず間違いないかと思います。

 

しかし、三井住友VISAカードのよさは、三井住友VISAカードを持っているという一点に集約されますので、三井住友VISAカードの堅実さ安心感、信頼感がよいという方や、上記4つのカードを作るのがあまり乗り気でない方は、三井住友VISAカードを選ばれる方がよいと思います。

 

三井住友VISAカード公式サイトはこちら。

 

 

三井住友VISAカードのたった一つのデメリットはこれだ!

 

三井住友VISAカードのたった一つのデメリットですが、

 

それは、

デメリット:『三井住友VISAカード』は年会費がかかる!

です。

 

通常、年会費1,250円+税がかかります。

三井住友VISAカードは、通常年会費が1,250円+税かかります。

これは、他のクレジットカードが永年年会費無料をうたっていることから、デメリットとは言えないまでも、十分に加味すべき項目かと思います。

 

ただ、年会費を安くすることが可能なので、ある程度は許容できるかと思います。

 

■18〜25歳の方は、三井住友VISAカード デビュープラスで、初年度年会費無料に加え、前年1回以上のご利用があれば、翌年度以降も年会費実質無料になります。

※翌年度以降、ご利用がない場合は税抜1,250円+税です。

 

せっちゃん
せっちゃん

18〜25歳の方は三井住友VISAカード デビュープラスを選んでおけば、年に1回以上使えばずっと年会費が無料になるので、こちらで間違いないかと思います!

 

 

■25歳以上の方は、三井住友VISAカード クラシックで、インターネット入会で初年度年会費無料に。翌年度以降は、カードご利用代金WEB明細書サービスのを利用すると500円+税割引きされ、翌年度年会費が750円+税になります。

 

せっちゃん
せっちゃん

25歳以上の方は三井住友VISAカード クラシックにして、絶対にインターネットから入会してください!それで初年度年会費無料になります!

ちょーきん
ちょーきん

翌年度以降は、カードご利用代金WEB明細書サービス、というのも利用して、500円+税割引きにして、年会費を750円+税にして下さい!

 

 

※実は加えて、マイ・ペイすリボをお申し込み+ご利用で年会費無料にする方法もあります。しかし、強制リボ払いになり、知らぬ間に金利を取られてしまう状態になる危険性がある為、セービングブログではあまりオススメしておりません。。リボ金額を最高額にして金利を取られないようにする方法もあるにはあるのですが、リボ払いを理解することはとっても大事なことですので、別記事で詳細に説明させて下さい!

 

せっちゃん
せっちゃん

この辺りの年会費を無料にするマイ・ペイすリボ対応がよくわからない方や、めんどくさい方は、WEB明細にして年会費750円を払うか、永年年会費無料の『楽天カード』や『オリコカード THE POINT(オリコカード ザ ポイント)』、『JCB CARD W』のどれかにしておくほうがよろしいかと思います!

ちょーきん
ちょーきん

三井住友VISAカードに入会した後も、リボ払いにして下さい!という広告メールなどが来るかもしれませんが、どうしても、という方以外はリボ払いにしない方が得策かと思います!

 

 

三井住友VISAカードの総評

年会費無料おすすめクレジットカード

 

三井住友VISAカードは国内2,400万人以上が保有する、非常に安心感が高く、堅実で、ステータスも高いクレジットカードになりますので、誰に見られても問題のないクレジットカード筆頭です。

 

三井住友VISAカード公式サイトはこちら。

 

楽天カード』、『オリコカード THE POINT(オリコカード ザ ポイント)』、『JCB CARD W』、『Yahoo! JAPANカード』の4つがあまり気が乗らない方も、『三井住友VISAカード』は最初の1枚におすすめです。

 

■18〜25歳の方は『三井住友VISAカード デビュープラス』か、

■25歳以上の方は『三井住友VISAカード クラシック』、

■女性の方は『三井住友VISAカード アミティエ』から初めて、

■30歳を超えたら『三井住友VISAゴールドカード』にアップし、

■最終的には『三井住友VISAプラチナカード』を目指す。

 

という、クレジットカードを徐々にステータスアップさせる楽しみもある、非常に頼もしいクレジットカードになっています。

 

国内2,400万人以上が保有。ステータスの高いクレジットカード筆頭。
クラシックからゴールド、プラチナ、その先まで登り詰める楽しみも。まずは、下記公式サイトへ!

 

 

最後にまとめ

 

最後に、迷っておられる方の為にも、セービングブログおすすめのクレジットカードを合わせて、紹介させて頂きます。

この記事では三井住友VISAカードをオススメさせて頂きましたが、広い視点で言えば、現時点では、こちらの5枚から選んでいただければ、個人的には、まず間違いないかと思いますので、ゆっくり選んでみて頂きたいと思います。

 

1.楽天をお使いの方、クレジットカードに特にこだわりの無い方は、『楽天カード』。

2.Amazonをお使いの方で40歳以上の方は、『オリコカード THE POINT(オリコカード ザ ポイント)』。

3.Amazonをお使いの方で39歳以下の方は、『JCB CARD W』。

4.Yahoo!ショッピングをお使いの方は、『Yahoo! JAPANカード』。

5.上記4枚があまり好みでない方は、今回説明させて頂きました、オールマイティ型の堅実な安定感や信頼感も抜群な『三井住友VISAカード』がおすすめです!

 

 

クレジットカードは、皆様の使い方や生き方、ステータスに関わるものだと思いますので、自分の使い方にあっているクレジットカードを選んでおけば、まず間違いないかと思います。

ポイント還元率に特化するか、永年年会費無料に特化するか、堅実さに特化するか、などなど、ゆっくり選んで見て下さいね。

 

以上、セービングブログ「【三井住友VISAカード】たった一つの最強おすすめポイントとは?」でした!

 

みなさま、素敵なクレジットカードライフを!

最後まで読んでくださって、ありがとうございました。

 

コメント