スポンサーリンク

【2019年9月度版】JCB CARD W/JCB CARD W plus Lおすすめ全ガイド。メリット・デメリット・注意点など総まとめ。

スポンサーリンク

JCB CARD W全ガイド全まとめ

 

みなさん、こんにちは!

まなべやセービングブログのまなべです!

 

    <本記事のポイント>

  • JCB CARD W(JCB カード W)/JCB CARD W plus L(JCB カード W プラスエル)とは?その全てを全ガイド解説。
  • メリット・おすすめポイントと、デメリット・注意点・欠点、比較するポイントなどを分かりやすく紐解き、ベスト・ベターを紹介。
  • 実際に使っている感想から、評判や口コミ、使い心地、ポイントの貯め方、おすすめのベストな使い方、使いこなす方法、詳細に分かりやすく、お伝えいたします。

※本記事の料金は全て税抜き表示です。
※本記事は細心の注意を払って作成しておりますが、変更や間違い等生じる可能性があります。お申込みの際は、必ず各公式リンク先をご確認くださいますよう、何卒、よろしくお願いいたします。
※以下、記載上「JCB CARD W」としていますが、全て「JCB CARD W/JCB CARD W plus L」のことになります。W/W plus L両方ともに基本的メリット・デメリット・注意点・オススメポイントなど全て同じになります。

 

せっちゃん
せっちゃん

「JCB CARD W(ジェーシービーカードダブル(ダブリュー))」の全てをガイド的・全まとめ的に、分かりやすくお伝えいたします!

まなべや
まなべや

迷っておられる方や、気になっておられる方に、選択の一助になれば幸いです!

 

▼公式:JCB CARD W 公式サイト

JCBオリジナルシリーズ

 

 

では、まず結論から!

 

 

スポンサーリンク

結論。JCB CARD W(JCBカードW)は、永年年会費無料で、Amazon・スターバックス・セブンイレブンなどでポイントが貯めやすく使いやすい、39歳以下の方におすすめのクレジットカード。

JCB CARD W / JCB CARD W plus L

一言で結論を言いますと、

  • JCB CARD W」は、永年年会費無料で、永年年会費無料で、Amazon・スターバックス・セブンイレブンなどでポイントが貯めやすく使いやすい、39歳以下の方におすすめのクレジットカードです!

 

まず、年会費が永年無料なので、使っても使わなくても年会費を払う心配がいりません。

また、普段から1%還元に加え、特にスターバックス、Amazon、セブンイレブン、昭和シェル石油のガソリンスタンドでのガソリン代などに使っているとどんどんポイントが貯まります。

そして、貯まったポイントは、Amazonでのお買い物やANAマイジレークラブのANAマイル、東京ディズニーリゾートのパークチケット、ディズニーチケットなどに簡単に交換できます。

  1. JCB CARD Wは、永年年会費無料。
  2. JCB CARD Wは、通常還元率1%でスタバやAmazon、セブンイレブンに強い。
  3. JCB CARD Wは、Amazonでのお買い物や、ANAマイル、ディズニー関連に強い。

 

JCB CARD W」は39歳以下の方にオススメできる、素敵なクレジットカードです。

 

▼公式:JCB CARD W 公式サイト

JCBオリジナルシリーズ

 

 

では、まず「JCB CARD W(JCB カード W)」の概要レビュー(スペックレビュー)から紹介いたします。テンポよく一覧にしましたので、ざっくりカードの情報や傾向が分かります。その後、その中身を分かりやすくお伝えしていきますね!

 

 

スポンサーリンク

JCB CARD Wの概要スペックレビュー

内容概要備考
公式サイトJCB CARD W
公式サイト
会員数1億3,000万人
※海外国内全JCB会員数
詳しくはこちら
取扱高32,6兆円
※海外国内全JCB取扱高
詳しくはこちら
申込料無料
発行手数料無料
解約手数料無料
カード送料無料
入会費
無料
年会費
初年度
無料
年会費
2年目以降
永年無料
家族カード
(家族会員)
発行手数料等無料
年会費永年無料
ポイント貯まる
本会員同様サービス
ETCカード
ETCスルーカード
という名前です。
発行手数料無料
年会費永年無料
ポイント貯まる
ETCマイレージ貯まる
ETC割引使える
国際
ブランド
JCB
JCB
JCBのみ
申込資格18歳以上
(高校生不可)
大学生OK
未成年は
親権者の同意必要
審査収入がある方無収入でなければ
審査対象と思われる
審査期間数日〜
1週間程度
多くは2,3日
で結果分かる
カード発行
スピード
発行日数
通常1週間程度
審査から
計1,2週間程度
でカード到着
本人確認運転免許証
パスポート
健康保険証等
審査時
本人確認の為
電話連絡あり
会社へ
在籍確認
有る場合も
無い場合もある
勤続年数短い
住居年数短い
以前問題ある等は
有る可能性増える
審査基準信販系の為
普通ぐらい
だと思われる
厳しさは
銀行系>信販系>流通系
の順
必要年収数十万円〜
程度と思われる
(安定性重視)
アルバイト・パート
主婦・年金受給者
も審査対象と思われる
上限
利用限度額
最高
100万円
学生は
ほぼ10万円
締め日毎月15日仮確定は24日頃
支払日
引き落とし日
翌月10日10日が土日祝
は翌営業日
支払方法口座振替
カードが
使える場所
街のお店
ネットショッピング
携帯料金
家賃
公共料金
電気ガス水道
税金・保険料
他多数
お支払い先が
クレカ支払い
JCBに

対応していれば
ほぼ使える
ショッピング
返済方式
1回払い
分割払い
ボーナス1回払い
リボ払い
スキップ払い
分割・リボ後
一括返済可能
まとめ払い可能
ショッピング
手数料
無料は
1回払い無料
2回払い無料

ボーナス1回無料
ショッピング
利用可能額
10万円〜
100万円
ショッピング
分割払い
実質年率
3回〜24回
7.92%〜18.00%
詳しくはこちら
ショッピング
ボーナス払い
実質年率
1回払い無料詳しくはこちら
ショッピング
リボ払い
実質年率
月5,000円から
8.04〜18.00%
詳しくはこちら
ショッピング
損害延滞金
滞納実質年率
14.6%請求金額引落し
できなかった場合発生
キャッシング
利用可能枠
1万円〜100万円
キャッシング
返済方式
1回払い
リボ払い
キャッシング
担保・保証人
不要
キャッシング
実質年率
15〜18.0%詳しくはこちら
キャッシング
損害延滞金
滞納実質年率
20.0%請求金額引落し
できなかった場合発生
海外で
キャッシング
JCB/cirrus
ATMで可能
詳しくはこちら
デザインJCB CARD W
JCB CARD W plus L
2種類
ポイント名OkiDokiポイント
(オキドキポイント)
1000円
2ポイント
ポイント
還元率
1%
ポイント
サイト
OkiDOkiランド
1ポイント
何円
1ポイント
5円相当
JCBプレモカード
OkiDokiチャージ
の場合
ポイント
有効期限
2年間
ポイント
使える
ネットショップ
Amazonパートナー
ポイントプログラム
詳しくはこちら
ポイント
使える
街のお店
アミュプラザ
山形屋など
端末で商品券に
詳しくはこちら
ポイント
交換できる
ギフト券
JCBプレモカード
1ポイント5円
ポイント
交換できる
ポイント
nanaco
auWALLET
dポイント
楽天ポイント
楽天Edy
Tポイント
WAONなど
1p→5p
1p→4p
1p→4p
1p→4p
1p→3円
1p→4p
1p→4p
ポイント
交換できる
マイル
ANAマイル
JALマイル
スカイマイル
マイル還元率
500ポイントで

ANA1500マイル
JAL1500マイル
スカイマイル1500
カード一体型
電子マネー
Apple
Pay
使えるQUICPayQUICPay
の場所で使える
ポイント貯まる
Google
Pay
使えるQUICPayQUICPay
の場所で使える

ポイント貯まる
おサイフ
ケータイ
QUICPayモバイル
KyashJCBブランド
は登録できず
楽天Edy
チャージ可ポイント付かない
nanaco
チャージ可ポイント付かない
WAON
チャージ不可
auWALLETチャージ不可
モバイル
Suica
チャージ可
ポイント付かない
SMART
ICOCA
チャージ可ポイント付かない
PASMO
チャージ不可
紙の明細書明細書はWEBのみ
WEB明細書WEB明細サービス
無料
MyJCB
MyJチェック
本人認証
サービス
使える
(3Dセキュア)
JCB
J/Secure
紛失盗難
保証
届け60日前以降に
不正使用・不正利用
の損害が負担される
紛失盗難受付
0120-794-082
詳しくはこちら
ショッピング
保険
最高100万円
自己負担1万円
90日以内の偶然な事故
詳しくはこちら
国内旅行
損害保険
海外旅行
損害保険
最大2,000万円交通費か旅行代金
の支払いが必要
詳しくはこちら
国内空港
ラウンジ
海外空港
ラウンジ

ラウンジ
JCBプラザ
JCBプラザラウンジ
海外に設置された
窓口サービス無料
チャット
サポート
あり
(AIチャットBOT)
公式サイトより
特徴1年会費永年無料
特徴2Amazon・スタバ
セブンイレブンに最適
特徴3ETCカード無料は珍しい

※カード会社は審査基準など含め全てを開示している訳ではありませんので、上記表は推測や経験則から記載している場合があります。全ての人に当てはまる訳ではありませんのでご注意下さい。間違いなどあればコメント欄などでお知らせ頂けると幸いです。お申し込みの際は必ず公式サイトなどをご確認下さい。

 

JCB CARD W/JCB CARD W plus L」の締日は毎月15日、仮確定は24日頃
、支払日(引き落とし日)は翌月10日(10日が土日祝は翌営業日)です。

 

▼公式:JCB CARD W 公式サイト

JCBオリジナルシリーズ

 

 

以上、概要になります。次は、JCB CARD Wのメリット・おすすめポイント・お得な使い方です!

 

 

スポンサーリンク

JCB CARD W/JCB CARD W plus Lのメリット・おすすめポイント・お得な使い方。

JCB CARD Wのメリット・おすすめポイント

1.永年年会費無料。
2.通常ポイント還元率1%(通常0.5%だが常に2倍で1%)
3.Amazonでポイント4倍(還元率2%)。
4.スターバックスでポイント最大10倍(還元率5%)。
5.セブンイレブンでnanacoカード+QUICPayでポイント5倍(還元率2.5%)もらえる。
6.「OKI DOKIランド」経由でポイント還元率が上がる。
7.「JCB ORIGINAL SERIESパートナー」の提携店舗でボーナスポイントがもらえる。
8.さらに現在、2019年7月1日(月)~12月31日(火)までに新規カードご入会の方、ポイント10倍(還元率5%)になるキャンペーン中。
9.Apple Pay、Google Pay対応済み。しかも、2019年8月16日(金)〜 2019年12月15日(日)まで、もれなく20%キャッシュバックキャンペーン中!
10.ETCカード無料。
11.海外旅行保険がついている。
12.海外主要都市に「JCBプラザ」「JCBプラザラウンジ」があり、日本語で相談・問い合わせ等ができる。
13.ショッピング補償がついている。
14.紛失・盗難保証も付いている。
15.入会で最大13,000ポイントもらえる。
16.JCBは「東京ディズニーランド」「東京ディズニーシー」のオフィシャルスポンサーである。
17.JCB CARD W plus Lは、女性疾病保険やお守りリンダなど女性におすすめのクレジットカード。

 

▼公式:JCB CARD W 公式サイト

JCBオリジナルシリーズ

 

 

「JCB CARD W」のメリットを分かりやすく、テンポよく解説していきますね!

 

 

1.JCB CARD W/JCB CARD W plus Lは、永年年会費無料。

永年年会費無料

JCB CARD W」は、カードを使っても使わなくても、一生、年会費が無料です。

使っても使わなくても、ずっと年会費が永年無料なので、心配いらずです。

自分の使いやすい時に使って頂ければOKなので、ずっと便利に使い続けることができます。

 

JCB CARD W/JCB CARD W plus Lのお申し込みは39歳以下(高校生除く18歳〜39歳まで)。

お申し込み出来るのは、39歳以下(高校生除く18歳〜39歳まで)です。

なので、10代、20代、30代の方はある意味チャンスですので、永年年会費無料なのもあって損することはありませんので、40代になるまでにお申し込みしておくことをオススメいたします。

また、家族カードに関しては、39歳以上でもお申し込み可能です。

 

JCB CARD W/JCB CARD W plus Lは40歳になったらどうなるのか?

JCB カード Wは、39歳以降、40歳以上になっても持ち続けることが出来ます。

その際、年会費も永年無料が引き継がれ、39歳以降40代でも50代でも60代でも、ずっと年会費永年無料のままです。

 

▼公式:JCB CARD W 公式サイト

JCBオリジナルシリーズ

 

2.JCB CARD W/JCB CARD W plus Lは、常時ポイント還元率1%。

ポイント還元率1%

JCB CARD W」は、通常、ポイント還元率が1%です。

こちらは比較対象に上がりやすい、『楽天カード』、『Orico Card THE POINT(オリコカードザポイント)』、『Yahoo!JAPANカード』などと同じく、ポイント還元率が常時1%になります。

 

JCBカードのポイント名は「OkiDoki(オキドキ)ポイント」という名前です。

本来の多くのJCBカードでは、ポイント還元率0.5%です。

ですが「JCB CARD W」では、それがいつも2倍になっており、結果、還元率が1%になります。

 

  • 1000円で1ポイント
  • 1ポイント5円(JCBプレモカードというチャージ可能なギフトカードにチャージする場合)
  • 結果、1,000円で5円返ってくるので還元率0.5%
  • それが、JCB CARD Wの場合いつも2倍になるので、常時還元率1%

 

何に使っても、「JCB CARD W」でお支払いすれば1%節約できますので、いつものお買い物のお支払いを常時クレジットカードに変えるだけで、かなりの節約になります。

 

▼公式:JCB CARD W 公式サイト

JCBオリジナルシリーズ

 

3.JCB CARD W/JCB CARD W plus Lは、Amazonでポイント4倍(還元率2%)。

JCB CARD W」は、Amazonでポイントが最大4倍になります。

4倍というのは、通常0.5%の4倍なので、還元率で言いますと還元率2%です。

 

JCB CARD W/JCB CARD W plus LとAmazonカードの違いを比較

Amazonの公式クレジットカードである「Amazon Mastercardクラシック」は、通常還元率が1.5%(年4,900円のAmazon Prime会員になれば還元率2%)です。

年会費も1,250円かかります(年1回以上利用で翌年年会費無料)。

そのため、「JCB CARD W」の方がお得です。

  • Amazon Mastercardクラシック:還元率1.5%で年会費1,250円
  • JCB CARD W:還元率2%で年会費永年無料

 

JCB CARD W/JCB CARD W plus LとOrico Card THE POINTとの違いを比較

あと比較対象として、「Orico Card THE POINT(オリコカードザポイント)」はオリコモールを経由することによって、Amazonの還元率が同じ2%なります。

Amazon以外の多くのお支払いはどちらも1%還元です。

 

なので、1枚持ちの場合でどちらが良いか迷ったときは、スターバックスやセブンイレブンをよくお使いになるかどうか?で決めてしまって良いと思います。

  • Amazonに加え、スターバックスやセブンイレブンもよく使う→JCB CARD W
  • Amazonのみ良く使う→JCB CARD WでもOrico Card THE POINTでもOK

 

ただし「JCB CARD W」は以前、Amazonでポイント13倍(還元率6.5%)という驚愕の高還元率キャンペーンをやっていたので、この先に同じようなキャンペーンがないとも言い切れません。

総合すると、1枚持ちであれば、39才以下の方は、私個人的には「JCB CARD W/JCB CARD W plus L」がおすすめです。

 

最大のオススメは「JCB CARD W」と「Orico Card THE POINT」の2枚持ち。

しかし、私の最大のオススメは2枚持ちです。

Orico Card THE POINT」を持っている状態で【オリコモール】を経由し、Amazonで「JCB CARD W」を使えば、還元率を計3%にすることができます。

また、他の600ほどのネットショップでもオリコポイントがもらえます。

Amazon楽天やYahoo!ショッピングなど
600以上のネットショップ
JCB CARD W
(plus Lも同じ)
2%還元
OkiDokiポイント
1%還元
OkiDokiポイント
Orico Card THE POINT
(オリコモール経由)
1%還元
オリコポイント
0.5%〜15%還元
オリコポイント
合計3%還元1.5%〜16%還元

 

オリコポイントは500ポイントからのポイント交換なので、年50,000円(月4,200円)以上使う必要があります。

が、両カードとも年会費永年無料ですので、持っていても年会費は一生かかりませんので、即することもないので、2枚持ちをオススメに上げさせて頂いております。

 

特に、「JCB CARD W/JCB CARD W puls L」は40歳以上になっちゃうと作れなくなってしまうので、作れる時に作っておくのが良いと思います!

▼公式:JCB CARD W 公式サイト

JCBオリジナルシリーズ

 

▼公式:Orico Card THE POINT 公式サイト

 

 

4.JCB CARD W/JCB CARD W plus Lは、スターバックスでポイント最大10倍(還元率5%)。

スターバックス

現在、「JCB CARD W」は、スターバックスでポイント10倍(還元率5%)です。

スターバックスカードに入金10,000円で、500円が返ってくる計算になります。

1日1杯500円×20日とざっくり考えても、合計10,000円なので、1杯分は無料で飲めるイメージです。

 

スターバックスをよくお使いの方は、「JCB CARD W」がどんなクレジットカードよりも間違いなく一番ベストな選択になります。

 

JCB CARD Wを使って、スターバックスでポイント10倍にする方法。

ポイント10倍(還元率5%)の方法は下記の通りです。

  1. JCB ORIGINAL SERIES」公式ページから、キャンペーンに参加登録する。
  2. My Starbucks」からご自分の『スターバックスカード』か『モバイルスターバックスカード』へ、ご自分のJCBカードWでオンライン入金かオートチャージする。
  3. 1回1,000円以上の入金で、10倍(還元率5%)のOkiDokiポイントがもらえる。

です。

 

上記のように、最初はふた手間ありますが、一度、がっつり入金(30,000円まで入金OK)するか、オートチャージ設定してしまえばあとは自動ですので、設定を忘れないようにしてくださいね。

My Starbucks」は、下記のような感じです。

JCB CARD Wでスターバックスへ入金

 

普通にスターバックスでJCBカードWで払っても1%還元されます。

仮に、スターバックスで普通に「JCBカードW」で払っても通常利用なので、1%は還元されます。

しかし、5%還元には到底及ばないので、スターバックスをよく使われている方は、上記の方法でスターバックスカードへ1,000円以上入金されることを強くオススメいたします。

 

スターバックスカードは、物理カードでもおサイフケータイでもOKです。

スターバックスカードをお持ちでない方は、下記のような物理的なカードをスターバックス店頭で「スターバックスカードを下さい」とお伝えして作ってもOKですし、

スターバックスカード

 

下記のように、おサイフケータイを使った、「MOBILE STARBUCKS CARD(モバイルスターバックスカード)」でもOKです。

JCB CARD Wとモバイルスターバックスカード

 

 

さらに、新規入会の方は、3ヶ月間ポイントが10倍(還元率5%)になるキャンペーン中です!

さらに、「JCB CARD W」の新規入会の方は、どこで使ってもポイントが10倍(還元率5%)になるキャンペーン中です。

JCBカード入会後3ヵ月間ポイント10倍キャンペーン

10倍の中に、通常ポイント1倍とJCB CARD Wの1倍が入っていますので、スターバックスの場合は、+8倍になります。

つまり、新規入会後、スターバックスカードに1,000円以上入金すると、還元率が10倍(還元率5%)+8倍(還元率4%)=18倍(9%)になります。

 

これは、10,000円で900円が返ってくる計算です。

マジで、かなり強すぎるので、普段よくスターバックスをお使いの方はこれを機会に、永年年会費無料ということもありますので、「JCB CARD W」を作ることをオススメいたします。

新規入会キャンペーンは、2019年7月1日(月)~12月31日(火)ご入会の方が該当です。

  • 2019年7月1日(月)~12月31日(火)新規入会で、ポイント10倍キャンペーン中。
  • その期間、スターバックスではポイント計18倍になり還元率は9%。

 

さらに、初めて利用される方限定で合計3,000円以上のスターバックスオンライン利用で、ドリンクチケット500円分プレゼント!!!

JCB CARD Wでスターバックス500円チケットプレゼント

さらに、2019年7月16日(火)~9月30日(月)まで、初めて利用される方限定で、合計3,000円以上スターバックスオンライン利用で、電子クーポンのドリンクチケット「Starbucks eGift 500円分」がプレゼントされます。

  1. JCB公式サイトのキャンペーンページ」よりキャンペーン登録する。
  2. My Starbucks」から3,000円以上、オンライン入金かオートチャージする。
  3. 2019年11月30日(土)までに、会員専用WEBサービス「MyJCB」にご登録のメールアドレス宛に、電子クーポン500円が送られてくる。

です。

 

全てのキャンペーンが終わっても、JCB CARD Wならポイント10倍(還元率5%)は確実。

スターバックス

重要なのは、例え、新規的なキャンペーンが全て終わってしまった通常時でも、「JCB CARD W」は、スターバックスカードへオンライン入金して使うと10倍(還元率5%)なのは変わりません。

なので、普段、スターバックスを良くお使いになる方は、一番ベストなのは揺るぎなく、おすすめのクレジットカードになります。

 

▼公式:JCB CARD W 公式サイト

JCBオリジナルシリーズ

 

 

5.JCB CARD W/JCB CARD W plus Lは、セブンイレブンでQUICPay(nanacoカード)でポイント5倍(還元率2.5%)もらえる。

JCB CARD Wでnanaco

通常、「JCB CARD W」は、セブンイレブンで使うとポイント4倍(還元率2%)ですので、普通にセブンイレブンで使っても他のクレジットカードの1%還元よりはお得に使うことができます。

 

QUICPay(nanaco)でポイント5倍(還元率2.5%)になる。

QUICPay(nanaco)

さらに、「QUICPay(nanaco)」というものがあります。

 

QUICPay

『QUICPay(クイックペイ)』というのは、サイン不要でチャージの必要が無い、非接触の決済方式の名前です。

上記のクイックペイマークがある所で使うことができますので、主なコンビニなどでもカードをかざすだけで使うことができます。

 

通常のnanacoカードは先払いチャージ式(プリペイド式)のカード式電子マネーです。

が、それに『QUICPay(クイックペイ)』をつけると、後払い方式(ポストペイ式)のnanacoカードにもなります。

 

その、「QUICPay(nanaco)」を使ってセブンイレブンでお買い物をすると、nanacoポイントが+0.5%になり、JCB CARD W利用時のOkiDokiポイント2%分と合計で、計2.5%のポイント還元率になります。

セブンイレブンでお使いの際に、「クイックペイで払います」とお伝えし、こちらのJCB公式サイトの方法で設定した「QUICPay(nanaco)」カードを端末にかざせばOKです。

セブンイレブンセブンイレブンで
QUICPay(nanaco)
JCB CARD W
(plus Lも同じ)
2%還元
OkiDokiポイント
2%還元
OkiDokiポイント
nanacoポイント0.5%還元
nanacoポイント
合計2%還元2.5%還元

 

nanacoカードをお使いの方であれば、「QUICPay(nanaco)」にして2.5%にするのもお得です。

ただ、「JCB CARD W」は、普通にセブンイレブンで使っても2%還元されるので、他のクレジットカード1%還元よりお得なのは間違いないです。

nanacoカードを使うのがめんどくさければ、普通に使っても全然OKで、他のカードよりもお得に使うことができます。

 

 

▼公式:JCB CARD W 公式サイト

JCBオリジナルシリーズ

 

 

6.JCB CARD W/JCB CARD W plus Lは、ポイントサイト「OKI DOKIランド」経由でポイント還元率が上がる。

Oki Doki ランド

JCB CARD W」は、『Oki Doki ランド(オキドキランド)』というJCB公式のポイント優待サイトを経由させると、ポイント還元率がショップにより、0.5%〜10%ほどポイントアップします。

楽天やYahoo!ショッピング、じゃらん、DHC、LOHACOなどもありますので、インターネットショピングをされる際は、ポイントサイト『Oki Doki ランド』を経由するだけでポイントアップしますので、おすすめです。

 

 

7.JCB CARD W/JCB CARD W plus Lは、「JCB ORIGINAL SERIESパートナー」の提携店舗でボーナスポイントがもらえる。

JCB ORIGINAL SERIES

JCB CARD W」は、『JCB ORIGINAL SERIESパートナー』という提携のお店で使うと、より多くのポイントがもらえます。

これは、ざっくり言いますと、街のお店やインターネット上のお店で、JCBと特別な提携をしている所はポイント還元率がよくなりますよ、ということになります。

 

上記しました、Amazonさんやセブンイレブンさん、スターバックスさんも『JCB ORIGINAL SERIESパートナー』だから、ポイントが多くもらえるよ、という事になります

 

下記に主な提携店と、OkiDokiポイントがアップする倍数を表にしてみました。

提携のお店アップする倍率
昭和シェル石油2倍
Amazon3倍〜
スターバックス10倍
ビックカメラ2倍
セブンイレブン3倍
一休.comレストラン3倍
小田急百貨店3倍
ワタミグループ3倍
ニッポンレンタカー2倍
高島屋3倍
AOKI5倍
箱根小涌園 天悠2倍
ホテル椿山荘東京5倍
ドミノ・ピザ2倍
洋服の青山5倍
高級ホテル・旅館予約
一休.com
3倍
OWNDAYS
(オンデーズ)
3倍
モザイクモール港北2倍
タイムズパーキング2倍

 

普段から、上記お店を使っておられる方はポイントが貯まりやすくなり、かなりの節約が出来ますので、おすすめです。

 

▼公式:JCB CARD W 公式サイト

JCBオリジナルシリーズ

 

8.JCB CARD W/JCB CARD W plus Lは、2019年7月1日(月)~12月31日(火)までに新規カードご入会の方、ポイント10倍(還元率5%)になるキャンペーン中。

JCB CARD Wポイント10倍

現在、キャンペーン期間中に「JCB CARD W/JCB CARD W plus L」に新規入会すると、入会後3ヵ月間ポイントが10倍になるキャンペーンが行われています。

JCBカード入会後3ヵ月間ポイント10倍キャンペーン

上記、スターバックスの項目時にも書きましたが、この10倍には通常ポイントの1倍とJCB CARD Wのボーナスポイント1倍が含まれています。

なので、+8倍(還元率4%)が、3ヶ月間ずっと上乗せされる、ということになります。

  1. 2019年7月1日(月)~12月31日(火)に新規入会された方
  2. 3ヶ月間に渡り、+8倍(還元率4%)ポイントアップ
  3. ただし、ボーナスポイント+6倍分の利用上限金額は300,000円です。300,000円をこえた利用分は4倍となります。

 

どちらにせよ、これはお得すぎるので「JCB CARD W/JCB CARD W plus L」を作ろうと思われている方は、今年2019年中に作られることをオススメいたします。

年会費も永年無料なので、特に損をすることもありません。

 

たとえ、2019年12月に新規入会したとしても、2020年3月末までポイント+8倍(還元率4%)が上乗せされますので、今年中の新規入会であれば、おすすめ度合いは変わりません。

 

▼公式:JCB CARD W 公式サイト

JCBオリジナルシリーズ

 

 

9.JCB CARD W/JCB CARD W plus Lは、Apple Pay、Google Pay対応済み。しかも、2019年8月16日(金)〜 2019年12月15日(日)まで、もれなく20%キャッシュバックキャンペーン中!

JCBでApplePay

JCB CARD WでGoogle Pay

 

JCB CARD W」は、Apple Pay、Google Payに対応済みです。

Apple Pay、Google PayともにQUICPayの使える場所でお使いいただけます。

スマホをかざすだけで簡単に決済可能です。

Apple Pay、Google Pay決済時もOkiDokiポイントがつきます。

 

2019年8月16日(金)〜 2019年12月15日(日)まで、Apple Pay・Google Pay利用で、もれなく20%キャッシュバックキャンペーン中!

JCBカードでもれなく20%キャッシュバック!

現在、JCBカードで、Apple PayかGoogle Payを使うと、最大10,000円までご利用合計金額の20%がもれなくキャッシュバックされる、という凄いキャンペーン中です。

下記の方法でOKなので、簡単です!

すでに設定利用されたことがある方でもOKとのことなので、JCBカードの皆さま、ぜひ参加しましょう!

  1. Apple PayかGoogle Payをスマートフォンに設定。すでに設定済、利用済みの方も対象。
  2. こちらから、キャンペーン参加登録する。
  3. Apple PayまたはGoogle Payを使う。QUICPayの場所で使えます。
  4. 本会員カード・家族カードそれぞれで参加登録すれば、それぞれキャッシュバック可能。例えば、本会員カード・家族カードそれぞれ50,000円ずつ(合計100,000円分)利用した場合、本会員に10,000円分、家族会員に10,000円分、合計20,000円分キャッシュバックされる。

 

 

というわけで、キャンペーン期間は2019年8月16日(金)〜 2019年12月15日(日)までですので、その期間内は、Apple Pay・Google Payをガンガンお得に使っていましょう!

 

▼公式:JCB CARD W 公式サイト

JCBオリジナルシリーズ

 

 

10.JCB CARD W/JCB CARD W plus Lは、ETCカード無料。

JCB CARD W」は、ETCカードが無料です。

JCBカードのETC専用カードは、『ETCスルーカード』という名前です。

JCB CARD W ETCスルーカード

入会金も年会費も永年無料なので、お車に乗っておられる方にもおすすめです。

「MyJCB(マイジェーシービー)」からお申し込み後、約1週間で発送されます。

ETCカード決済分も、OkiDokiポイントがつきます。

Orico Card THE POINT」などもETCカードが無料ですが、ETCカードが無料になるクレジットカードは少ないので、かなり貴重です。

 

▼公式:JCB CARD W 公式サイト

JCBオリジナルシリーズ

 

 

11.JCB CARD W/JCB CARD W plus Lは、海外旅行保険がついている。

JCB CARD W」は、海外旅行損害保険が最高2,000万円ついています。

事前に、「JCB CARD W」、「JCB CARD W plus L」で「搭乗する公共交通乗用具」または「参加する募集型企画旅行」の料金支払いした場合、海外旅行傷害保険が適用されます。

 

つまり、「JCB CARD W」で海外旅行の代金をお支払いしたら保険が適用される、という事になります。

 

海外旅行に行く方は、エポスカードと2枚持ちがベスト

Visa付き「エポスカード」なら、年会費永年無料で海外保険が自動付帯です。

出発前の届けや手続きは一切不要で、海外旅行にカードを持って行くだけで海外旅行保険が適用されますので、海外旅行をよくされる方にかなりおすすめのカードです。

 

2枚持ち以上だと合算される保証がある

JCB CARD Wエポスカード合算後
保険期間3ヶ月90日3ヶ月(90日)
傷害死亡
後遺障害
2000万500万2000万
※合算されず高い方
傷害治療費用100万200万300万
疾病治療費用100万270万370万
賠償責任2000万2000万4000万
救援者費用100万100万200万
携行品損害
(免責3,000円)
20万20万40万

例えば、「JCB CARD W」で旅行代金を支払った状態で、「エポスカード」も持って海外旅行に行くと、上記のように最大補償額が合算されるものがあります。

特に、「エポスカード」は、自動付帯で、事前の代金支払いなどが必要無く、しかも年会費が永年無料なので、海外旅行に行かれる方は1枚持っていても絶対損の無いクレジットカード筆頭になっています。

▼公式:エポスカード 公式サイト

 

 

12.JCB CARD W/JCB CARD W plus Lは、海外主要都市に「JCBプラザ」があり、日本語で対面で、相談・お問い合わせ等ができる。

JCBは日本のクレジットカード会社ということもあって、海外の主要都市に「JCBプラザ」という施設があり、日本語で対面でお問い合わせなどが可能ですので安心です。

国・地域名都市
アメリカ
  • ロサンゼルス
  • ホノルル
  • ラスベガス
  • サンフランシスコ
  • サイパン
  • ニューヨーク
  • オーランド
カナダ
  • バンクーバー
  • トロント
中国
  • 上海
  • 北京
  • 大連
韓国
  • ソウル
台湾
  • 台北
インドネシア
  • バリ
ベトナム
  • ホーチミンシティ
フィリピン
  • セブ
マレーシア
  • クアラルンプール
カンボジア
  • シェムリアップ
オーストラリア
  • シドニー
  • ケアン
  • ゴールドコースト
ニュージーランド
  • オークランド
  • クイーンズタウン
イギリス
  • ロンドン
イタリア
  • ローマ
  • ミラノ
スペイン
  • マドリード
  • バルセロナ
ドイツ
  • フランクフルト
オーストリア
  • ウィーン
デンマーク
  • コペンハーゲン

 

また、さらに海外主要都市に「JCBプラザラウンジ」という、下記サービスが追加で可能な施設もあります。

  • インターネット、プリントアウト無料サービス
  • 日本語新聞、雑誌の閲覧
  • 現地ガイドブック、情報誌の閲覧
  • ドリンクサービス
  • マッサージ機
  • レンタル傘サービス
  • お荷物の当日中一時預かりサービス
国・地域名都市
アメリカ
  • ロサンゼルス
  • ホノルル
  • グアム
韓国
  • ソウル
台湾
  • 台北
中国
  • 香港
シンガポール
  • シンガポール
タイ
  • バンコク
フランス
  • パリ

 

JCBカード・JCBブランドはハワイにも強い

JCBカードはワイキキトロリーに無料で乗り放題JCBたびらば公式サイトより引用。

 

JCBカード・JCBブランドカードはハワイにも強いです。

例えば、ワイキキのトロリーバス(ピンクライン)に無料(通常2ドル)で乗れます。

しかも、本人と同乗のご家族大人1名様、子供2名様(11歳以下)まで対象です。

 

また、「JCBプラザ ラウンジ・ホノルル」でゆっくりくつろいだり、日本語で対面で相談したりする事も出来ます。

 

これらは、かならずしもJCBカードじゃなくても、JCBブランドのカードであればOKとのことです。

JCBブランドカードとはカード券面にJCBロゴマークの掲載があるカードです。

 

 

13.JCB CARD W/JCB CARD W plus Lは、ショッピングガード保険が海外100万円付いている。

JCB CARD W」は、海外利用時でのショッピングガード保険が海外最高100万円付いています。

これは、海外で買い物したものが、輸送時に壊れてしまった場合などに最大100万円の補償がなされます。

年会費永年無料で、ショッピングガード補償がついているクレジットカードはほとんどないので、貴重です。

▼公式:JCB CARD W 公式サイト

JCBオリジナルシリーズ

 

 

14.JCB CARD W/JCB CARD W plus Lは、紛失・盗難保証も付いている。

JCB CARD W」は、紛失盗難補償がついています。

紛失盗難時、万一、カードが不正使用されても、届けた日から60日前にさかのぼり、それ以降の損害額はカード会社が負担してくれますので、安心です。

ただし、届け出が絶対必要なので、なくしちゃった時や財布ごとどっかに行ってしまった場合など、必ず下記公式さんに忘れず連絡しましょう。

 

▼公式:JCB CARD W 公式サイト

JCBオリジナルシリーズ

 

 

15.JCB CARD W/JCB CARD W plus Lは、新規入会で最大13,000ポイントもらえる。

JCBCARDW新規入会最大13,000円キャンペーン

現在、「JCB CARD W」では、新規入会で最大13,000ポイントもらえるキャンペーン中です。

  1. 家族カード同時お申し込み:最大2,000ポイント(一人1,000ポイント)
  2. お友達紹介:最大6,000円のJCBギフトカード(一人1,000円)
  3. スマリボ同時登録&利用:最大5,000ポイント(同時登録1,000ポイント&6万円以上のお買い物で4,000ポイント)
  4. 携帯電話・公共料金などカード支払いにする:二人に一人1,000円(電気、ガス、水道、携帯電話、固定電話、新聞、放送、プロバイダー、国民年金保険を1,000円以上)

 

ただ、入会時にポイントをもらうために、無理に使う必要はありません。

例え、入会時にポイントがもらえなくても、その後十分元が取れるクレジットカードですので、無理の無い範囲で使うようにしましょうね。

 

▼公式:JCB CARD W 公式サイト

JCBオリジナルシリーズ

 

 

16.JCBは「東京ディズニーランド」「東京ディズニーシー」のオフィシャルスポンサーである。

JCBはディズニーのオフィシャルスポンサー

JCBは「東京ディズニーランド」「東京ディズニーシー」のオフィシャルスポンサーです。

  • 東京ディズニーランド:スター・ツアーズ:ザ・アドベンチャーズ・コンティニュー
  • 東京ディズニーシー:ニモ&フレンズ・シーライダー

 

また、「Oki Dokiポイント」で東京ディズニーリゾート関連の商品交換などもできます。

  • パークチケット1枚:1,600ポイント
  • 東京ディズニーランドホテルペア食事券:3,600ポイント
  • 東京ディズニーランド年間パスポート1名:13,000ポイント
  • ホテルミラコスタ宿泊券:19,000ポイント
  • タオルミッキー:200ポイント

などです。

ディズニー関連の特典などもある場合がありますので、公式サイトを見てみて下さいね。

必要ポイントは変更の可能性がありますので、詳細は公式サイトをご覧くださいね。

 

現在、「クラブ33」には『JCBカード』でも『JCB THE CLASS』でも入れないらしいです。

東京ディズニーランドには、「クラブ33」という謎に包まれたレストランがあります。

以前は『JCB THE CLASS(JCBザクラス)』という最上級JCBカードを持っていると届く「ザ・クラス メンバーズセレクション」というパンフレットに抽選での招待が載っていました。

しかし、現在はそれもなくなってしまったので、「クラブ33」に招待される方法がなくなってしまったようです。

 

▼公式:JCB CARD W 公式サイト

JCBオリジナルシリーズ

 

 

17.JCB CARD W plus Lは、女性疾病保険やお守りリンダなど女性におすすめのクレジットカード。

JCB CARD W plus L

JCB CARD WとJCB CARD W plus Lに違いはありません。

メリットもデメリットも同じです。

どちらにもETCカードや、家族カードもあります。

 

JCB CARD Wだから男性、JCB CARD W plus Lだから女性という訳ではなく、どちらも男性女性どちらでもお申し込みできます。

ただ、JCB CARD W plus Lには女性向けの保険がある、という違いはあります。

 

JCB CARD WとJCB CARD W plus Lに違いは無く全部同じですが、JCB CARD W plus Lには追加で「女性疾病保険」や「お守りリンダ」と呼ばれるお得な保険にお申し込みすることができます。

JCb CARD W plus Lの保険

詳しくは、「JCB CARD W 公式サイト」から飛べる保険のページを見ていただきたいですが、もちろんこれは、絶対に入らないければいけないものではありませんので、ずっと永年年会費無料は変わりません。

現在、特に保険に入っておられない方など、検討してみるのも良いと思います。

 

▼公式:JCB CARD W 公式サイト

JCBオリジナルシリーズ

 

 

以上が、メリット・おすすめポイントになります!次は、デメリットと注意点をお伝えいたします!

 

 

スポンサーリンク

JCB CARD W/JCB CARD W plus Lのデメリット・注意点

JCB CARD Wのデメリット・注意点

1.39歳以下しか申し込むことが出来ません。
2.明細はWEBのみです。
3.JCBカードは、海外で使えるお店が少ないです。(VISA・Masterのみのお店では使えない。)
4.JCBスターメンバーズは対象外です。

 

1.JCB CARD W/JCB CARD W plus Lは、39歳以下しか申し込むことが出来ません。

JCB CARD W」は、39歳以下の方しか申し込む事ができません。

ただし、そのまま40歳を過ぎても、一般カードやゴールドカードへの強制変更はなくそのまま使う事ができるのは良い点です。

また、家族カードは40歳以上でも作成可能です。

 

2.JCB CARD W/JCB CARD W plus Lは、明細はWEBのみです。

JCB CARD W」は、郵送の「カードご利用代金明細書」が欲しくても発行されません。

紙の明細自体が存在しません。

MyJCBでの確認のみになります。

 

3.JCB CARD W/JCB CARD W plus Lは、海外で使えるお店が少ない。

JCB CARD W」含む、JCBカードやJCBブランドのカードは海外で使える所が少ないので、注意してください。

海外でのキャッシングはJCBマークのATMであれば可能ですが、お買い物はJCBマークのあるお店が少ないため使いにくいのは事実です。

JCBは日本の会社なので、海外ではまだ使える所が少ないというのが、その原因になります。

 

海外では、JCBカードの使える場所が少ないかもしれませんので、必ずVISAかMasterブランドのクレジットカードを作ってから、海外旅行に行かれることを強くオススメいたします。

おすすめは、先ほども紹介いたしましたが、年会費永年無料で海外保険が自動付帯のVisa付き「エポスカード」です。

 

また、日本でもVISA・Masterのみしか使えないお店もありますので、「JCB CARD W」に加えてもう一枚、VISAかMasterブランドのクレジットカードを作られることをオススメいたします。

おすすめは「エポスカード」のVISAブランド、「楽天カード」のVISAブランド、「Orico Card THE POINT」のMasterブランドが全て永年年会費無料なのでオススメです。

 

 

3枚持ちなら、「JCB CARD W(JCB)」「エポスカード(VISA)」「楽天カード(Master)」がオススメ

もし、3枚ちを許容できるなら、「JCB CARD W」でJCBブランド、「エポスカード」でVISAブランド、「楽天カード」か「Orico Card THE POINT」でMasterブランドがオススメです。

この3枚で、国内でも海外でも使えないところはほとんど無いと思います。

海外旅行での保険も1枚の時よりは更に充実させる事ができます。

▼公式:JCB CARD W 公式サイト

JCBオリジナルシリーズ

 

 

4.JCB CARD W/JCB CARD W plus Lは、JCBスターメンバーズ対象外

JCBスターメンバーズ

「JCB STAR MEMBERS(JCBスターメンバーズ)」は、年間でJCBカードを一定金額以上利用された方だけに、特別に特典が提供されるサービスです。

  1. 特典1 Oki Dokiボーナスアップ
  2. 特典2 キャンペーンチャンスアップ

 

例えば、年間30万円以上使うと『スターe(イー)PLUS』というメンバーランクになり、10%ポイントがアップしたり、キャンペーンの口数が2倍にアップしたりする、ランクアップサービスです。

しかし、「JCB CARD W/JCB CARD W plus L」は対象外のため、その「JCB STAR MEMBERS(JCBスターメンバーズ)」サービスを受けることができません。

 

ただ、それを除いてもJCB CARD Wはお得なカードに違いないので、オススメ度合いは全く変わりません。

 

▼公式:JCB CARD W 公式サイト

JCBオリジナルシリーズ

 

 

以上、デメリット・注意点の紹介でした。次は、JCB CARD W/JCB CARD W plus Lの審査について、分かりやすく書いておきたいと思います。

 

 

スポンサーリンク

JCB CARD W/JCB CARD W plus Lの審査について

JCB CARD W /JCB CARD W plus Lの審査について

JCB CARD W/JCB CARD W plus L」の審査全般について書いていきたいと思います。

カード会社は全ての審査情報・審査確認・審査結果を開示している訳ではありませんので、どうしても、推測や経験則からの情報が含まれます。

皆さまの信用情報やクレジットカードヒストリー(クレヒス)なども多岐に渡り、全ての方に当てはまるかどうか不明な部分が多いですので、参考情報として捉えて頂き、お申し込みをされる際にお役に立てて頂ければと思います。

 

JCB CARD W/JCB CARD W plus Lの審査難易度

内容概要備考
審査収入がある方無収入でなければ
審査対象と思われる
審査期間数日〜
1週間程度
多くは2,3日
で結果分かる
カード発行
スピード
発行日数
通常1週間程度
通常、審査から
計1,2週間程度
でカード到着
本人確認運転免許証
パスポート
健康保険証等
審査時
本人確認の為
電話連絡あり
会社へ
在籍確認
有る場合も
無い場合もある
勤続年数短い
住居年数短い
以前問題ある等は
有る可能性増える
審査基準信販系の為
普通ぐらい
だと思われる
厳しさは
銀行系>信販系>流通系
の順
必要年収数十万円〜
程度と思われる
(安定性重視)
アルバイト・パート
主婦・年金受給者
も審査対象と思われる

一番最初の表の審査の部分だけを抜き出したものです。

JCB CARD W/JCB CARD W plus L」の審査の難易度については、普通ぐらいだと思われます。

根拠としては、審査の厳しさとして『銀行系>信販系>流通系』が言われており、「JCB CARD W/JCB CARD W plus L」のは元々「JCBカード」系列で信販系である事からです。

 

JCB CARD W/JCB CARD W plus Lの審査難易度・所属別推測

所属
カテゴリー
推測
難易度
備考
会社員勤続年数による
居住年数による
契約社員勤続年数による
居住年数による
フリーター収入額による
勤続年数による
居住年数による
アルバイト収入額による
勤続年数による
居住年数による
パート収入額による
勤続年数による
居住年数による
主婦
(旦那さん会社員)
家族カードあり
正会員の収入等による
学生
大学生
収入が必要
勤続年数による
居住年数による
個人事業主収入による
資産・貯蓄額による
年金受給者×収入が必要
資産・貯蓄額による
無職×収入が必要
資産・貯蓄額による

※全て、情報・口コミ・経験則等からの推測になります。

 

JCB CARD W/JCB CARD W plus L」は、18歳以上(高校生不可)がお申し込みできます。

未成年は親の同意書が必要です。

 

JCBカード系は信販系ですので厳しくはないが甘いこともない、普通ぐらいであると考えられます。

JCBカードの審査基準は甘いよ、という口コミも見られますが、本当に甘かったら誰も落ちたりしないので、当然ながらちゃんと審査は行われます。

 

正社員に限らず、契約社員や派遣社員、フリーター、アルバイトやパートでもお申し込みできます。

 

会社員や正社員の方は雇用契約に守られており、解雇規制がある事も含め、簡単には仕事を止めることは出来ない傾向が強いので、継続的にお支払い可能・返済可能と判断され、審査に通りやすくなります。

契約社員や派遣社員、フリーター、アルバイトやパートの方は、ある程度の年収、勤続年数や居住年数が必要であると考えられます。

 

年金受給者や個人事業主の方は、貯蓄額や資産額で難易度が左右されると考えられます。

無職の方でも何らかの収入を作れば、個人事業主として申し込む事は可能だと思いますが、やはり収入がなければ厳しいと思われ、同じように貯蓄額や資産額で難易度が左右されると考えられます。

 

収入額自体よりも、安定性がより重視されるようです。

収入額自体よりも、安定性が担保されているほうがよい傾向が見受けられます。

 

勤続年数、居住年数なども、5年以上あればかなりベストな状態だと思われますが、半年〜1年程度でもOKな場合があるようです。

少し違いますが、家を借りる際の賃貸の保証人でも勤続年数がかなり効いてくる傾向があります。

そのため、勤続年数や居住年数は長ければ長いほうが安定感や信用度、信頼度が上がり、返済をきちんとしてくれそうだ、という根拠にもつながるため、審査にも通りやすくなります。

 

私の審査経験談。

私はJCBカードではありませんが、居住年数2年、勤続年数2年目程度のフリーター(アルバイト)の時に「楽天カード」にお申し込みし、無事審査に通りを作る事が出来ました。

もちろん一概には言えませんが、楽天カードもJCBカード系と同じ信販系であり、ある種競合であるため、審査難易度はそんなに離れていないのではないか、と考えられます。

 

土日や祝日でも申し込みの受付をしているので、その際、土曜日に申し込みをしました。

審査自体は土日や祝日は行われていないようですが、この辺りも詳細は不明です。

 

私の場合、在籍確認はなかったです。

その際、申し込み後すぐに本人確認の電話はありましたが、その他、アルバイト先や会社への在籍確認などは一切ありませんでした。

キャッシングは0円でお申し込みしました。

 

そのような自分の経験から、フリーター(アルバイト)でも継続的に安定的な収入があるならクレジットカードを作る事が出来るんじゃないか、というのは確認できています。

その際、ショッピング枠は10万円、キャッシング枠は0円でした。

 

その後、クレジットカード普通に使って返済やお支払いをちゃんとし続けていると、順調に良いクレジットカードヒストリーを重ねることができますので、ショッピング枠100万円、キャッシング枠50万円とかまでアップされて行きます。

 

ただ最初は、キャッシング枠0円でお申し込みするのがおすすめです。

上記表の【△】の印をつけた所属の方でも、キャッシング枠を0円にしてお申し込みすると、審査に通る可能性がグンと上がる傾向が見受けられます。

これは、「JCB CARD W/JCB CARD W plus L」はキャッシングが『保証人不要・無担保』であるため、どうしても、良いクレジットカードヒストリーや会社の従業員としての安定的な信用が必要になるためです。

 

従って、最初はキャッシング枠を0円でお申し込みし、カードを作った後、きちんと返済し続け、良いクレジットカードヒストリーを重ねて信用を積み重ねて行くのがベストです。

そうこうしている内に、クレジットカード会社からキャッシング枠や、ショッピング枠の増額などの提案があったりする流れになると思います。

 

JCB CARD W/JCB CARD W plus Lの審査に落ちた所属・カテゴリー

推測になりますが、審査落ちしたり、審査に通らない要因として、JCBカード系だけではなく、多くのクレジットカードで下記が考えられます。

  • 無職である
  • 収入がない
  • 年収が一定より低い
  • 勤続年数が短い
  • 居住年数が短い
  • 収入が安定していない
  • 個人事業主や年金受給者などの(仕事先が無い)場合で、貯蓄や資産が少ない
  • 過去にクレジットカードやローン等で信用を失っている。
  • クレジットカードヒストリー(クレヒス)に傷が付いている。
  • 過去に返済不能になった等。

 

クレジットカード会社は収入自体もそうですが、より安定性を重視する傾向があると考えられます。

フリーターやアルバイト、パートでもお申し込みOKであるのは、正社員の会社員よりも収入金額や年収が低くても、安定性という面で勤続年数や居住年数などから様々な事情を鑑みているからだと思われます。

正社員と同じように継続的な収入が見込まれて、生活も安定しているという印象を与えられるなら、信用度が上がり、審査にも通りやすくなります。

 

JCB CARD W/JCB CARD W plus Lの審査結果までの期間は長い?遅い?

JCB CARD W/JCB CARD W plus L」は、審査後、何日で、いつ届くのでしょうか。

審査確認、審査期間、審査日数はどのくらいで届くのでしょうか。

カードが届くまでは時間がかかり、遅いのでしょうか。

 

通常は1週間程度でカード発行されるようですが、それぞれの審査状況もあり、やはり詳細は不明です。

審査は問題がなければ速いようで、通常2,3日で審査終了、本人確認の電話があった後、特に問題なければ発行され、合計で1,2週間程度でお家に郵便書留で郵送され、本人の元にクレジットカードが到着するものと考えられます。

 

クレジットカードの作り方は、「JCB CARD W/JCB CARD W plus L」からオンラインでお申し込みをして、審査後、発行されます。

お申し込みは、WEBからのみになります。

WEBからのお申し込みに限定することで、年会費を永年無料にしているものと思われます。

 

会社などへの在籍確認は、あったりなかったりするようです。

私の場合は、数枚クレジットカードを持っていますが、全てにおいて、1回も在籍確認はありませんでした。

 

別途、本人確認の連絡は必ずあると思います。

私の場合は必ず、連絡先に書いた電話にかかってきました。

 

その際、必ず本人確認の電話には出てください。

本人確認の連絡が着かないと、審査が終わらずにカード発行が遅れてしまいます。

 

また、過去のクレジットカードヒストリーに何か問題があった場合等であれば、審査時間が手動になり、時間がかかる場合があるかも知れませんが、やはり、その辺りの詳細は不明です。

 

JCB CARD W/JCB CARD W plus Lの増枠審査・増額審査・2枚目について

JCB CARD W/JCB CARD W plus L」は利用可能額の増枠・増額のお申し込みもする事ができます。

 

普通の増枠から、旅行などで次の月だけといった一時的な増枠も可能です。

  1. MyJCB」にログイン
  2. トップ画面上部のメニューより「カードご利用状況」をクリック
  3. 「カードご利用可能枠の変更」または「ご利用可能枠の一時的な増額」をクリック

よりお申し込みすればOKです。

お申し込み後、増枠の審査が行われ、結果の連絡があります。

詳細はこちらから。

 

2枚持ちは、JCBブランドカードのみOK(楽天カードのJCBブランドと、JCBカードなど)で、全く同じ種類のJCBカード(JCB CARD Wを2枚など)はNGとのこと、別の種類であればOKとのことなんですが、もう少し確認してみます。

 

キャッシング枠の増額も同じです。

キャッシング枠の増額やキャッシング0円でお申し込みした後にキャッシング機能を付けたい時もお申し込みで増枠可能です。

但し、貸金業法に基づき、登録中の「前年度ご本人様税込み年収」が「0万円」の方は、お申し込みはできません。

 

審査に通れば、無事キャッシング枠が付いたり、キャッシング枠が増額されたりします。

こちらから、MyJCBでも、お電話でもお申し込みできます。

 

JCB CARD W/JCB CARD W plus Lのキャッシング減枠依頼・減額依頼・取り消し依頼・解約について

反対に、利用可能額の減枠・減額、キャッシング枠の減枠・減額・取消も可能です。

こちらも増枠時と同じように、こちらよりお申し込みすればOKです。

 

ただし一度、減枠・減額・取消してから、再度、増枠・増額・付帯する場合は無条件では無く、改めて、再審査が行われますので注意してください。

 

JCBカードWの名義変更は、インターネット上の「MyJCB」から可能です。

JCBカードWの解約・退会は、インターネットか、お電話(自動音声)で退会手続きが可能です。詳細は、こちらをご確認下さい。

 

JCB CARD W/JCB CARD W plus Lの審査総評

クレジットカード会社としても、色んな方に多く発行して、継続的に末長く使ってもらったほうが良いのは、自社の存続に直結している事からも間違いありません。

そのため、1回だけ高額に使って返せなくなる、みたいな状態が一番クレジットカード会社にとってダメージがあり良くないので、まずは低い金額で限度額を設定することで収入自体は少なくてもOKとして、継続的に収入があるか?生活は安定しているか?定期的に返済可能か?を最重要視しているものと考えられます。

 

以上のことから、最初はキャッシング枠を0円でお申し込みし、始めはショッピング枠も少ないかも知れませんが、そうすることで、クレジットカードの審査難易度を下げ、カード発行の可能性をあげる事はできるのではないかと考えられます。

 

▼公式:JCB CARD W 公式サイト

JCBオリジナルシリーズ

 

 

以上、審査についてでした!次は、Oki Dokiポイントについて分かりやすく解説していきたいと思います!

 

 

スポンサーリンク

JCB CARD W/JCB CARD W plus LのOkiDokiポイント(オキドキポイント)について

okidokiポイントプログラム

 

ここまで、「JCB CARD W/JCB CARD W plus L」のポイントであり、JCBカード系のポイントでもある『Oki Doki(オキドキ)ポイント』について、いくつか書いてきましたが、改めて、分かりやすいようにまとめておきます。

 

1.「OkiDokiポイント」は、通常ポイント1倍の還元率0.5%

通常のJCBカードは、1,000円で1ポイント貰えます。

その1ポイントは、JCBプレモカードへチャージする場合、5円になります。

なので、1,000円使って、貰った1ポイントを5円に還元可能なので、還元率は0.5%になります。

  1. 1,000円で1ポイント
  2. 1ポイント5円に還元可能
  3. 1,000円使うと5円返ってくるので、還元率0.5%

 

2.「OkiDokiポイント」で○倍と行っているのは、0.5%に対する○倍。

そして、「OkiDokiポイント」で○倍!と言っているのは、その0.5%に対する○倍です。

JCB CARD W/JCB CARD W plus L」は、常時、ボーナスポイントが1倍貰えますので、合計で常時2倍のポイントが貰えます。

 

これは、1,000円で2ポイント貰えるということなので、その2ポイントでJCBプレモカードに10円チャージ可能です。

従って、1,000円で10円が返ってくるので、還元率は1%になります。

というわけで「JCB CARD W/JCB CARD W plus L」は、常時還元率が1%ということになります。

  1. 1,000円で1ポイント+JCB CARD Wのボーナスポイント1ポイント=2ポイント
  2. 1ポイント5円に還元可能なので、2ポイントで10円
  3. 1,000円使うと10円返ってくるので、還元率1%

 

3.例えば、新規入会3ヶ月ポイント10倍!と言っているのは、還元率5%です。

JCBカード入会後3ヵ月間ポイント10倍キャンペーン

注意点としまして、JCBカードでボーナス10倍!と言っているのは、還元率が10%ではなく、還元率0.5%の10倍で還元率5%のことを言っています。

還元率5%でも十分すごい還元率なので、オススメなのは全く変わりないのですが、混乱することがあるかも知れませんので、注意して下さい。

 

4.最近は還元率1%が主流ですが、そもそも0.5%が主流でした。

なぜ混乱するかというと、

現在は、永年年会費無料で還元率1%のクレジットカードが主流です。

しかし、過去は0.5%が主流でしたので、JCBカードも元々の0.5%を基準にしています。

そのため、少し混乱してしまうかも知れません。

 

JCB CARD W/JCB CARD W plus L」は、ライバルクレジットカードに合わせるように、通常JCBカードの1倍の還元率0.5%に、1倍のボーナスポイントをつけて、還元率1%にしています。

という流れで「JCB CARD W/JCB CARD W plus L」は常時還元率1%、Amazonでは還元率2%、スターバックスでは還元率5.5%になっています。

 

ここまでが、「Oki Dokiポイント」還元率の注意点になります。

ただ、全然難しく考えなくても大丈夫です。

JCB CARD W/JCB CARD W plus L」は常時、還元率1%なんだなあ、ぐらいでOKです。

 

そして次に、「OkiDokiポイント」が貯まったとしてどこで使えば一番ベストでしょうか?

という話になりまして、続きで、Oki Dokiポイントの、ベストなポイント交換先を解説いたします!

 

5.おすすめのOkiDokiポイント交換方法は?

JCBカードWでTポイント交換

という訳で、いきなり結論としまして、私が思うおすすめの「OkiDokiポイント」交換方法を3つ書いておきます。

  1. らくらく自動移行コースでTポイントに交換して、「ウエルシア薬局」か「ハックドラッグ(HAC)」で毎月20日のお客様感謝デーに、そのTポイントを200ポイント以上使って、1.5倍の買い物をする。
  2. nanacoポイントに交換して、色々使う。
  3. JCBプレモカードにチャージして、いつも行くお店で使う。

 

1.ウエルシア・ハックドラッグで、毎月20日にTポイントでお買い物

ウエルシアハックドラッグ20日Tポイント1.5倍

全国展開しているドラッグストアの「ウエルシア」さんと、横須賀にあるドラッグストアの「ハックドラッグ」さんでは、毎月20日にTポイント200ポイント以上使うと、1.5倍のお買い物ができるお客様感謝デーが行われています。

  • 毎月20日にTポイント200ポイント以上で1.5倍お買い物ができる、お客様感謝デー!

 

ポイ活で貯めたTポイントでも良いですし、OkiDokiポイントから変換したTポイントでもよいのですが、20日だけは、200ポイントで300円分のお買い物ができます。

これは、還元率でいうと1%→1.5%還元にアップしますので、使わない手はありません。

  • 200ポイントで300円分→100円引き
  • 1,000ポイントで1,500円分→500円引き
  • 5,000ポイントで7,500円分→2,500円引き
  • 10,000ポイントで15,000円分→5,000円引き

です。

 

つまり、ウエルシアさんかハックドラッグさんで、毎月20日にTポイントでお買い物をすると、常時33%オフの3割引になるということになります。

タバコなど一部の商品はダメだそうですが、薬や化粧品や食品等々、ほぼOKだそうです。

 

らくらく自動移行コースでTポイントに交換すると、それ以降ずっとTポイントのみへの交換になっていまいますが、Tポイントをお使いならこの方法が一番ベストです。

もし、お近くにウエルシアさんかハックドラッグさんがあるなら、迷わずこの方法をオススメいたします。

店舗一覧検索はこちら

 

2.nanacoポイントに交換して、色々使う。

Oki Dokiポイントからnanacoポイントの交換も1ポイント→5ポイントの交換です。

nanacoポイントは1ポイントから電子マネーに交換して1円で使えるため、還元率1%が保たれますので、オススメです。

nanacoポイントは使いやすい電子マネーですので、税金を支払ったり、そのままコンビニなどでも使うことができます。

 

3.JCBプレモカードで、いつも行くお店で使う。

JCBプレモカードが使えるお店の中にいつもよく行くお店があるなら、OkiDokiポイントを『JCBプレモカード』にチャージして、そこで使ってしまっても、還元率が1%に保たれますのでおすすめです。

 

 

6.JCBプレモカードって何?

JCBプレモカード JCBプレモカード

JCBプレモカード』は、前払いチャージ式のギフトカードです。

こちらからインターネットで注文するか、ファミリーマート・ローソンでも購入できます。

 

Tポイントやnanacoに交換でも還元率1%は保てますが、『JCBプレモカード』にチャージしても、還元率1%を保つことができます。

前提として、「JCB CARD W/JCB CARD W plus L」は、1ポイントを『JCBプレモカード』に5円でチャージできるということから、還元率1%と言える感じになっています。

 

7.JCBプレモカードはどこで使えるの?

例えば『JCBプレモカード』にチャージしたとして、どこで使えるのでしょうか。

JCBプレモカード』はJCBプレモマークのある、全国30万のお店で使えます。

例えば下記のような店舗やインターネットショッピングです。

  • Amazon(通常配送のみ詳しくはこちら。)
  • マクドナルド
  • ユニクロ
  • LINE STORE
  • ファミリーマート
  • ローソン
  • 三越
  • 伊勢丹
  • ビックカメラ
  • ガスト
  • ロイヤルホスト
  • USJ

などです。

 

もし、上記にいつもよく行くお店があるなら、『JCBプレモカード』にチャージして、そこで使ってしまうのもベストだと思います。

 

8.「OkiDokiポイント」は何に交換できる?

もちろん、JCBプレモカード以外の交換先もあります。

「OkiDokiポイント」は、マイルやギフトカードなどに交換できます。

  • nanacoポイント:1ポイント→5ポイント
  • Tポイント:1ポイント→4.5ポイント(らくらく自動移行コースなら5ポイント)
  • JCBギフトカード:1,050ポイント→5,000円分
  • ANAマイレージクラブ(ANAマイル):500ポイント→1,500マイル
  • JALマイレージクラブ(JALマイル):500ポイント→1,500マイル
  • Amazonパートナーポイントプログラム:1ポイント→3.5円分
  • 東京ディズニーリゾートパークチケット:3,200ポイント→2枚

などです。

 

非常に多くの交換先があることも、オススメポイントになっています。

OkiDokiポイント1ポイントで5円以上に交換できるなら、還元率1%を保てます。

 

OkiDokiポイントの交換先は、こちらから、OkiDokiポイントプログラムのデジタルカタログで確認できます。

ディズニーのグッズなどもありますよ!

 

9.「OkiDokiポイント」総評。

という訳で、「Oki Dokiポイント」の3つのベストな交換先でした。

  1. らくらく自動移行コースでTポイントに交換して、「ウエルシア薬局」か「ハックドラッグ(HAC)」で毎月20日のお客様感謝デーにTポイントを200ポイント以上使って、1.5倍の買い物をする。
  2. nanacoポイントに交換して、色々使う。
  3. JCBプレモカードにチャージして、いつも行くお店で使う。

 

ディズニーのホテルなどにも交換可能なのですが、ポイントが大量に必要なことと、トラベルサイトなどからツアーや旅行パックで行くほうが結果的にお得になると思いますので、ここではあげないでおきました。

あと、OkiDokiポイントをそのままAmazonギフト券に変換する方法はありませんが、JCBプレモカード経由で1ポイント5円として使うか、Amazonパートナーポイントプログラムで1ポイント3.5円分として使うことはできます。

 

また、ポイントサイト「Oki Dokiランド」経由でも、ポイントアップできます。

それから、家賃、公共料金、電気、ガス、水道、携帯料金、インターネット料金、ディズニーでのお買い物、Apple Pay・Google Pay・nanacoでのQUICPay(クイックペイ)でのお支払い等々、全てのお支払いにOki Dokiポイントがつきますので、カード払いにするだけで1%還元が受けられます。

 

OkiDokiポイントの有効期限は2年間。

OkiDokiポイントの有効期限は2年間です。

2年あれば結構貯まるんじゃないかと思いますが、大きい交換先を狙っておられない場合は、都度、少額決済の足しに使っていくのがベストだと思います。

 

1回の利用が1000円以下でも毎月合算しポイント付与される。

1回の利用が1,000円以下でも、毎月の利用料金の合算でポイント付与されます。

ただし、毎月合計した後での1,000円未満の端数は切り捨てになりますので、注意してくださいね。

例えば、月3回、200円、300円、700円のお買い物をして、月の合計が1,200円だった場合、ポイントがたまらない訳ではなく、ポイントは1ポイントついて、200円分のポイントは切り捨てになります。

 

OkiDokiポイント付与タイミングは、原則毎月10日のお支払い日。

OkiDokiポイント付与タイミングは、原則毎月10日のお支払い日(土・日・祝日の場合は翌営業日)に、ポイント付与されます。

ただし、払い方によって、月の付与日タイミングが違いますので、注意してくださいね。

お支払い方法 ポイント付与日
 ショッピング1回払い お支払い月に一括して付与
 ショッピング2回払い お支払い月に2回に分けて付与
 ボーナス1回払い お支払い月(8月または1月)に一括して付与
 ショッピングリボ払い 初回お支払い月に一括して付与
 ショッピング分割払い
 ショッピングスキップ払い 当初のショッピング1回払いのお支払い月に付与

 

 

ポイントの使い方、使い道、貯め方をぜひ参考いただいて、ポイント利用を最大にしましょう。

「Oki Dokiポイント」は、使いやすいポイントシステムなので、ガンガン貯めてお得に使いましょう!

 

▼公式:JCB CARD W 公式サイト

JCBオリジナルシリーズ

 

 

以上、OkiDokiポイントについてでした!次は、デザインについてです。

 

 

スポンサーリンク

JCB CARD W/JCB CARD W plus Lのデザイン

JCB CARD WデザインJCB CARD W plus L

「JCB CARD W」デザインはシックで好印象で、私は好きです。

「JCB CARD W plus L」は桜色で素敵です。

デザインのセンスが良くて、気に入っています。

また、家族カードは全く同じデザインのようですが、未確認です。

 

▼公式:JCB CARD W 公式サイト

JCBオリジナルシリーズ

 

 

以上、デザインについてでした。では最後に、実際に使っている感想や評判、上位カード、通常カードとの違い、他のカードとの比較、現在の最新キャンペーンなどをテンポよく書いて、本記事を終わりにしたいと思います!

 

 

スポンサーリンク

JCB CARD W/JCB CARD W plus Lの感想レビュー

JCB CARD W /JCB CARD W plus Lの感想評価レビュー

まず、スターバックスを普段からお使いであれば、迷うことはなく作ってしまって良いと思います。

スターバックスを使う上で、「JCB CARD W/JCB CARD W plus L」より還元率が良いクレジットカードも、キャッシュレスシステムも、電子マネーも、Pay系も存在しません。

 

また、Amazonとセブンイレブンでも、他のほとんどのクレジットカードよりもお得に使えますので、そのどちらかを使っておられるなら、オススメです。

それから、一番の注意点としまして、39歳以上になっちゃうと、作りたくても作れなくなってしまいますので、少しでも気になったら作っておくことをオススメいたします。

 

解約ももちろん無料ですので、ぶっちゃけ、必要では無くなったら解約すればOKです。

 

年会費も永年無料ですし、39歳以下の方は「JCB CARD W/JCB CARD W plus L」を1枚持っていても損はないと思います。

おすすめです。

 

▼公式:JCB CARD W 公式サイト

JCBオリジナルシリーズ

 

 

スポンサーリンク

JCB CARD W/JCB CARD W plus Lの評判・評価・口コミ

JCB CARD W/JCB CARD W plus L」の評判・評価・口コミは悪くないどころか、かなり良い方だと思われます。

別途、価格.comやツイッターなどでも多くの評判・評価・口コミがありますが、皆さまそれぞれの使い方や生活スタイルと、実際にお使いになる方のそれが同じかどうか不明です。

 

そんな時は、調査機関が大々的に行っている満足度調査であれば、事実、平均的で大きな傾向が読み取れるので、満足度調査を参考にしてみるのも良いと思います。

満足度調査上位のクレジットカードであれば、自分が使っても満足度はそんなに大きくは下がりにくいのでは、とも考える事ができます。

 

毎年J.D.POWERが行っている、日本のクレジットカード満足度調査の2019年度版、年会費無料部門で「JCBカード」は第1位です。凄いです。

 

年会費無料のJCBカードは、「JCB CARD W/JCB CARD W plus L」の他にも、29歳以下限定の「JCB CARD EXTAGE」や、女性への特典がある「JCB LINDA」、リボ払い専用の「JCB CARD R」などがあります。

それらも含め総合的に第1位なのだと思いますが、もちろん「JCB CARD W/JCB CARD W plus L」も含んでいると思われますので、満足度も相対的に高いと思われます。

 

▼公式:JCB CARD W 公式サイト

JCBオリジナルシリーズ

 

 

スポンサーリンク

JCB CARD W/JCB CARD W plus Lと他社カードとの違いを比較

JCB CARD W/JCB CARD W plus LとOrico Card THE POINT(オリコカードザポイント)との違いを比較

オリコカード ザ ポイント

Orico Card THE POINT」はAmazonでのポイントが貯めやすく、他のポイントへの変換も豊富ですので、Amazonをお使いの方で40歳以上の方は、「Orico Card THE POINT」がおすすめです。

  • Orico Card THE POINT(オリコカードザポイント) → どちらかと言えば、Amazonでのお買い物をメインで使っている40歳以上の方
  • JCB CARD W/JCB CARD W plus L → Amazon、スターバックス、セブンイレブンなどをメインで使っている39歳以下の方

 

ただ、上記しましたが、Amazonでは2枚持ちをするとさらにポイントが貯まりますので、「JCB CARD W/JCB CARD W plus L」と「Orico Card THE POINT」の2枚持ちを許容できる方は2枚持ちがおすすめになります。

永年年会費無料のクレジットカードの場合は、乗り換えしてしまうよりも、2枚持ちの方が便利に使うことが出来る機会が多いと思います。

 

詳細は「年会費無料でおすすめのクレジットカード比較ランキング5選」の回に色々書いております!

 

▼公式:Orico Card THE POINT 公式サイト

 

 

JCB CARD W/JCB CARD W plus Lと楽天カードとの違いを比較

楽天カード

楽天カード」は、楽天をメインにお使いであれば楽天カードがベストになります。

楽天市場で3%還元になりますし、他の楽天サービスを使っているとポイント還元率もアップしていきますので、楽天周りですごく使い勝手が良いです。

  • 楽天カード → どちらかと言えば、楽天市場でのお買い物をメインで使っている方
  • JCB CARD W/JCB CARD W plus L → 39歳以下でAmazonやスターバックス、セブンイレブン等をよくお使いの方

 

こちらも、乗り換えよりは2枚持ちが良いのですが、楽天かAmazonかのどちらかだけを使う場合は、乗り換えでも良いかも知れません。

 

詳細は「年会費無料でおすすめのクレジットカード比較ランキング5選」の回に色々書いております!

 

▼公式:楽天カード 公式サイト

 

 

JCB CARD W/JCB CARD W plus LAmazon Mastercardクラシックカードとの違いを比較

Amazonカード

Amazon Mastercardクラシックカード」は年会費1,250円がかかります。年1回利用で翌年年会費無料になりますので実質無料にできます。ポイント還元率が1.5%(Amazonプライム有料会員・無料体験中の場合2%)です。

特にこだわりがなければ、還元率の良い「JCB CARD W/JCB CARD W plus L」をオススメいたします。

  • Amazonカード → 年会費1,250円(年1回利用で翌年年会費無料)。Amazonでの還元率1.5%。プライム会員なら2%
  • JCB CARD W/JCB CARD W plus L → 年会費永年無料。Amazonでの還元率2%。39歳以下でAmazonやスターバックス、セブンイレブン等をよくお使いの方。

■公式:Amazon Mastercardクラシックカード 公式サイト

 

ただし、Amazonのゴールドカードである「Amazon Mastercardゴールドカード」は、Amazon Primeに入る場合など、とてもコスパが良いゴールドカードなので、別途、ゴールドカードをお考えの方にはオススメです。

 

JCB CARD W/JCB CARD W plus Lとリクルートカードとの違いを比較

リクルートカード 」は、還元率が1.2%の高還元率ですのでかなりオススメです。

普段、Pontaポイントやリクルート系サービス(じゃらん・ポンパレモール・ホットペッパーグルメ/ビューティー)などをお使いであれば、「リクルートカード 」がベストです。

なので、皆さまが普段、使いやすいポイントに交換できる方がベストになります。

  • リクルートカード → Pontaポイント・リクルート系サービス(じゃらん・ポンパレモール・ホットペッパーグルメ/ビューティー)などを普段お使いの方
  • JCB CARD W/JCB CARD W plus L → 39歳以下でAmazonやスターバックス、セブンイレブン等をよくお使いの方。

▼公式:リクルートカード 公式サイト 

 

JCB CARD W/JCB CARD W plus Lと三井住友VISAカードとの違いを比較

三井住友VISAカード

三井住友VISAカード」は、JCBカード群と対を成す、安心と信頼があるステータスの高いクレジットカードです。

年会費はかかりますが、実質無料にしたり、大幅に割引くことも可能です。

三井住友VISAカードは銀行系のクレジットカードなので、信販系の「JCB CARD W/JCB CARD W plus L」よりも少々審査が厳しいかも知れません。

 

三井住友VISAカード」か「JCB CARD W/JCB CARD W plus L」かのどちらを持つか?は、もう、完全な好みだと思います。

三井住友VISAカードもプラチナカード(ブラックカード)までの道のりがありますし、JCBカードにもTHE CLASSへの道があり、ステータスを上げ、クレジットカードを持つ楽しみもあります。

 

個人的には2枚持ちがベストだと思いますが、楽天カードやオリコカード、JCBカード、Yahoo!JAPAN(ヤフージャパン)カード以外が良い方は、総合的に、三井住友VISAカードがおすすめベストになります。

詳細は「年会費無料でおすすめのクレジットカード比較ランキング7選」の回に色々書いております!

 

▼公式:三井住友VISAカード 公式サイト

三井住友VISAカード

 

 

以上、他社カードとの違いを比較してみました。次は、上位カードや、JCBオリジナルシリーズとの違いについてです!

 

 

スポンサーリンク

JCB CARD W/JCB CARD W plus LとJCBオリジナルシリーズとの違いを比較

JCBオリジナルシリーズ

JCBカード公式サイトより引用。

内容デザイン年会費特徴
JCB CARD EXTAGEJCB CARD EXTAGE永年無料29歳以下
海外保険2,000万円
JCB CARD WJCB CARD W
JCB CARD W plus L
永年無料39歳以下
海外保険2,000万円
JCB一般カードJCB一般カード1,250円海外保険3,000万円
国内保険3,000万円
JCB GOLD EXTAGEJCB GOLD EXTAGE3,000円海外保険5,000万円
国内保険5,000万円
空港ラウンジ
ゴールドデスク
JCBゴールドJCBゴールド10,000円海外保険1億円
国内保険5,000万円
空港ラウンジ
ゴールドデスク
JCBゴールド ザ・プレミアJCBゴールド ザ・プレミア15,000円インビテーション
招待制
空港ラウンジ
ゴールドデスク
プライオリティパス
JCBプラチナJCBプラチナ25,000円海外保険1億円
国内保険1億円
空港ラウンジ
プライオリティパス
コンシェルジュデスク
JCB ザ・クラスJCB THE CLASS50,000円インビテーション
招待制

 

JCBオリジナルシリーズ(JCBプロパーカード)は使い続けているとステータスが上がり、切り替えのインビテーションや招待が来て、最終的に、「JCB THE CLASS」というブラックカードまで到達する可能性がある、というのがとても魅力的で素敵な所だと思います。

 

上位カードを持つごとに使えるサービスも広がって行き、旅行保険の金額も上がっていきますので、非常に満足度が高くなっていくクレジットカードシステムだと思います。

 

そういう観点からも、最初は「JCB CARD W/JCB CARD W plus L」から始めて、自身のステータスやスタイルが変化するに従ってクレジットカードも変化させていくことができるので、JCBカード、JCBオリジナルシリーズは、クレジットカードを持つ楽しさや粋さがあると思います。

 

▼公式:JCB CARD W 公式サイト

JCBオリジナルシリーズ

 

 

スポンサーリンク

JCB CARD W/JCB CARD W plus Lのキャンペーン【2019年9月度最新版】

JCB CARD W/JCB CARD W plus Lのキャンペーン

JCB CARD W/JCB CARD W plus L」の最新キャンペーン一覧です!

また、新しいキャンペーンが始まりましたら、その都度追記いたしますね。

 

  1. ディズニーアンバサダーホテル宿泊+パークチケットなどが当たる「JCBマジカル2019第2弾」開催中。2019年6月16日(日)〜2019年12月15日(日)まで。詳細はこちらから
  2. <JCB CARD W/JCB CARD W plus L限定・初めて利用される方限定>スターバックスオンライン利用でドリンクチケット500円分プレゼント!詳しくはこちら
  3. 「JCB×北海道キャンペーン 2019-2020」開催中。キャンペーン参加登録したJCBカードを北海道内で合計1万円(税込)以上利用すると、抽選でJCBセレクト「北海道のおすすめグルメカタログギフト」をプレゼント。2019年4月1日(月)〜2020年3月31 日(火)まで。詳細はこちらから
  4. 「60%キャッシュバック!夏のJCBキャンペーン」開催中。期間中、参加登録したJCBカードで合計1万円(税込)以上利用するだけで1回利用を1口として抽選で上限額5万円まで、300名様にご利用金額の60%キャッシュバック。2019年5月16日 (木)〜2019年11月15日(金)まで。詳細はこちらから!

 

などが現在開催中の主なキャンペーンです!

 

▼公式:JCB CARD W 公式サイト

JCBオリジナルシリーズ

 

 

本記事は、以上になります。最後まで読んでくださって、ありがとうございました。最後になりますが、まとめと感想を書いて本記事を終わりにしたいと思います。

 

 

スポンサーリンク

最後のまとめと、感想です。さあ、JCB CARD W/JCB CARD W plus Lを使ってみましょう!

JCB CARD Wデザイン JCB CARD W plus L

最後まで読んでくださって、ありがとうございました!

以上、「JCB CARD W/JCB CARD W plus Lおすすめ全ガイド。メリット・デメリット・注意点など全まとめ。」でした。

 

まなべやまなべやのひとこと感想>

  • 最後まで読んでいただいて、ありがとうございました!
  • ここまで書いてきましたが、「JCB CARD W/JCB CARD W plus」はスターバックスやAmazon、セブンイレブンを普段お使いの方は、迷うことなく作っちゃって良いクレジットカードだと思います。
  • 特に39歳以下の方は、今がチャンスなので40歳になるまでにぜひ!一回作ったら40歳以降もずっと年会費永年無料なので、損することはありません。

 

JCB CARD W/JCB CARD W plus L」は、スターバックス、Amazon、セブンイレブンなどをお使いの方におすすめ。

また、JCBカードの楽しさや面白さを味わえるクレジットカードですので、これ1枚持っておけば、クレジットカードを持つ強みと楽しみを凄く感じられるカードだと思います。

年会費も永年無料のため、クレジットカードが初めてでも、よもや初めてじゃなくても、特に39歳以下の方に「JCB CARD W/JCB CARD W plus L」は、かなりオススメの1枚です。

 

▼公式:JCB CARD W 公式サイト

JCBオリジナルシリーズ

 

本記事は、以上になります。

みなさま、素敵なクレジットカードライフを!

最後まで読んでくださって、ありがとうございました!

 

P.S. 年会費無料クレジットカードの上位おすすめは「年会費無料でおすすめのクレジットカード比較ランキング7選」こちらから!

 

コメント