スポンサーリンク

インターネットって何だ?3G・4G・LTE・5G・ADSL・光回線・CATV・ケーブル・wifi・WiMAX・テザリングの違いを分かりやすくお伝えいたします!

スポンサーリンク

インターネットの図

 

みなさま、こんにちは!

まなべやセービングブログのまなべです!

 

せっちゃん
せっちゃん

この記事では、インターネットって何だ?と題しまして、「3G・4G・LTE・5G・ADSL・光回線・CATV・ケーブル・wifi・WiMAX・デザリング」などの違いを分かりやすくお伝えいたします!

 

最近、LTEとか、WiMAXとか、4Gとか、5Gとか、言ってるけど、

そもそも、インターネットって何だってばよ!?

ということで、分かりやすくお伝えしたいと思います!

通信費を節約する時にも、ざっくり知っておいたほうが納得もできるし、今後もすごく分かり良いと思います!

 

まずインターネットとは?から、分かりやすくご説明いたします!

 

 

スポンサーリンク

インターネットとは?

自然

 

インターネットとは「人と人が繋がる場所」みたいなイメージです。

インターネットは、それに繋がっている機械(端末)スマートフォンやタブレットやパソコンを通して、色んな人と繋がることが出来ます。

 

今後、車や家電、ロボットなどにも繋がって行きますが、やっぱり、その先で人と人を繋げるものになると思います。

 

せっちゃん
せっちゃん

これは、どちらかというとスピリチュアル的な感じではなく、時間やお金、現実や創造、真実や嘘など、色んなものが渦巻いており、グツグツ煮込んだカオス的な美味しさがある場所、としての定義となります!

 

 

スポンサーリンク

インターネットに繋げる方法っていくつあるの?

インターネット内容
無線回線3G・4G・LTE・WiMAX・5G
固定回線光回線・ADSL・CATV(ケーブル)

 

では、インターネットに繋がる方法って、どんなものがあるのでしょう。

  1. 無線回線(3G・4G・LTE・WiMAX・5G)
  2. 固定回線(光回線・ADSL・CATV(ケーブル))

ざっくり言いますと、上記のように「無線回線」と「固定回線」の2つに分けると分かり良いと思います。

 

それぞれ、続きで説明して行きますね!

 

 

1.無線回線

無線回線には現在、3G・4G・LTE・WiMAX・5Gという種類があります。

無線回線は主に、スマートフォンや、携帯、タブレットなどでインターネットを使う為のものです。

 

 

3Gや4GのGはジェネレーション「Generation(世代)」のGです。

ざっくり、インターネットが速くなっていくに従って数字が「3G→4G(LTE)→5G」と増えて行きます

3世代通信→4世代通信→5世代通信、みたいな感じです。

 

せっちゃん
せっちゃん

通信料の7G制限とか3日10G制限とかのGは、GB(ギガバイト)のGなので混乱しがちですよね。

 

LTEとは?

LTEとは、Gで言うと3.9Gです。

もともと、LTEは、4Gまでの繋ぎとしての「4Gの仮の名前」だったんですが、今は同じとして考えられています。

 

つまり、ぶっちゃけ4Gなんです。

なので、LTE=4Gであり、「LTE(4G)」「4GLTE」と書いたり言ったりするのが世界的な流れなので、現在は、一緒として考えて良いと思います。

 

WiMAXとは?

ざっくり、WiMAX=LTE(4G)です。

但し、速度や届き方に差があります。

 

せっちゃん
せっちゃん

なぜ差があるかと言いますと、周波数に違いがあるからなのですが、少しややこしくなるのでまた別の機会に。

 

私もWiMAX使っておりますので、今後、感想や使い心地もドンドン書いていきますね。

ちなみに、WiMAX2+というのは、早くなったWIMAXです。3GとLTE(4G)の違いみたいな感じです。今はほぼWiMAX2+なのですが、ここでは分かりやすいようにWiMAXとだけ書いております。

下記は私が実際に使っております、WiMAXの会社です。

 

 

5Gは超早いですが、電波の届く距離が短いのが難点です。

5Gは、3GやLTE(4G)とは比べものにならないほど超早いですが、電波の届く距離が短いのが難点だそうです。

町中の至る所に、5Gのアンテナが立つんじゃ無いかと言われています。

その為、全国の信号機にアンテナを立てることが決定しています。

 

■5G基地局に信号機開放 全国20万基、23年度に

5G基地局に信号機開放 全国20万基、23年度に: 日本経済新聞
政府が6月中旬にも閣議決定する新たなIT(情報技術)戦略の概要が明らかになった。自治体が全国に設置している約20万基の信号機をNTTドコモなど国内通信4社に開放し、次世代通信規格「5G」の基地局として利用できるようにするのが柱だ。

 

■CES 2019レポート:会場での実演に見た次世代高速モバイル通信「5G」への期待と課題

CES 2019レポート:会場での実演に見た次世代高速モバイル通信「5G」への期待と課題 | DG Lab Haus
 米国ラスベガスで開催されたCES 2019では、近未来の社会インフラとして注目を集める次世代高速モバイル通信「5G」に関する実演展示がいくつかのブースで見られた。5Gでは、既存の携帯電話にも利用する周波数帯(3.5GHz近辺)に加えて、28GHz帯や39GHz帯といった「ミリ波」と呼ばれる非常に高い周波数帯を利用する...

 

5Gはパソコンやスマートフォンだけではなく、車や家電など色んなことに使える予定です。

日本では、2019年の秋ごろから始まり、2020年中には大都市の一部で使えるようになっているのでは無いかと思います。

 

また、5Gは、7GB通信制限や、3日で10GB制限などもなく、全て使い放題のプランになるという噂です。

そして、固定回線ではなく無線回線が主流になるのでは、と言われています。

 

■ドコモ、「5G」の料金プランは「使い放題」型か

ドコモ、「5G」の料金プランは「使い放題」型か - Engadget Japanese
NTTドコモの吉澤和宏社長は決算説明会にて、2020年にサービスを開始する予定の5Gの料金プランについて言及しました。 吉澤氏は5Gでの料金体系について「利用したデータ量に応じて料金が上積みされる形にはならない。"使い放題"のような体系になるだろう。通信料とサービス利用料を統合した料金プランも出てくるのではないか」....

 

 

私、引越しした時に、固定回線のめんどくささと、無線回線のありがたさを両方体験したので、(私たちが使うようなものは)早く全部、無線回線になってくれよ!5G早く来いよ!って思っています。笑

ちなみに、引越しの体験談はこちらです。

引越し経験者がオススメする、やること準備順番全まとめ!家族・単身・業者選び・見積り・費用相場・ポイント・おすすめ情報・失敗談・片づけ本などを紹介します。
家族・単身引越しの経験から、やることや準備の流れを分かりやすくまとめました。業者さんの選定や見積り、費用相場、各ポイントやコツ、引越し体験から感じたおすすめ情報、失敗談、片づけ本などを紹介します!

 

せっちゃん
せっちゃん

但し、5Gのマイクロ波は短い波形なので人体になんらかの影響がでるかも、、なんていう話もあるらしいので(詳細不明)、もう少し詳しく勉強してまた記事化しますね!

ちょーきん
ちょーきん

5Gは、「ごじー」とか、「ファイブジー」って言われてますよ!私はごじー派

 

 

無線回線のメリット

  • 工事が不要
  • 家でも外でも使える
  • 色んな機器にインターネットを飛ばせる

無線回線のデメリット

  • 容量制限がある
  • 端末を持ち運ぶ必要がある

 

インターネット内容メリットデメリット
無線回線3G・4G・LTE・WiMAX・(5G)工事不要・場所が変わってもそのまま使える7GB制限・3日間10GB制限などがある
固定回線光回線・ADSL・CATV(ケーブル)容量無制限工事が必要な場合がある

 

せっちゃん
せっちゃん

自分、ポケットwifiを使っていた時期もありまして、今はWiMAXを使っているのですが、今やデメリットは端末を持ち運ぶ事ぐらいかな、と思います。

ちょーきん
ちょーきん

無線回線でも、WiMAXとポケットwifiではまた少し違いますので、今度、詳しく別記事にしますね!

 

 

2.固定回線

固定回線には、光回線・ADSL・CATV(ケーブル)があります。

固定回線は主に、パソコンなどをお家やお店、会社でインターネットを使うためのものです。

 

 

光回線とADSLの違いは速さです。

ざっくり、ADSL→光回線でインターネットが速くなります。

ADSLは電話回線でOKなので、電話が使えるならADSLの機械(端末)ルーターと言いますが、ルーターさえあればADSLでインターネットが使えます。

 

せっちゃん
せっちゃん

昔、ADSLの会社だったYahooBBさんが街中で無料でルーターを配りまくっていたのですが、それは、ほとんどのお家に電話回線があるので、あとはルーターがあればほとんどの人がインターネットを始めることが出来たので、一気にシェアを取る為だと思います。

ちょーきん
ちょーきん

今、Yahooさんがpaypayで〇〇億円還元祭をして露出を増やしているのも、多分、同じ理由だと思います。また詳しく記事化しますね!

 

光回線は速くて出来ることも多い。

光回線は、ADSLよりも速くて出来ることも多いです。

アンテナが無くてもテレビが見れたりと、光回線の方が出来ることが増えます。

 

但し、光回線はADSLとは違って、専用の回線が必要です。

そのため、新たに光回線をお家まで繋ぐために、工事が必要な場合があります。

 

色んな会社さんが工事費無料、と言っているのは、工事費を無料にしても光回線を使ってもらって、色んなサービスを体験して欲しいからです。

近所のお家まで光回線が来ているなら自分のお家にそれを繋ぐだけでいいので、工事期間も早いです。

 

 

CATV(ケーブル)=光

CATVとはケーブルテレビの略です。

ケーブルテレビの回線でインターネットも出来ますよ、ということになります。

 

CATVはケーブルテレビ会社まで光回線が来ていて、そこから各ご家庭にケーブルテレビの回線と一緒に光回線を届けています。

そのため、CATV(ケーブル)=光、もっと言うとケーブル(光)とも言えます。

 

CATVは、ケーブルテレビの回線がお家まで届いていればいいので、光回線がないお家でも、光回線でインターネットが出来ます。

但し、ケーブルテレビの範囲内でしか使えないので、引越しなどの際は新天地で使えない場合があります。

 

 

以上、インターネットは人と繋がる場所で、そのインターネットに繋げる方法として、LTEや4G、WiMAXなどの無線回線と、光回線やADSL、CATV(ケーブル)の固定回線があります、ということでした。では、そこに出てこなかった、wifiやテザリングって何でしょうか?続きで説明いたします。

 

 

スポンサーリンク

wifi(ワイファイ)とは?

インターネットには、無線回線と固定回線の2つがあるとのことでした。

では、そこに出てこなかった「wifi(ワイファイ)」とは何でしょうか。

ちなみに「wifi」は、「WiFi」や「Wi-Fi」と書いたりしますが、どれも同じものです。

 

  1. 無線回線(3G・4G・LTE・WiMAX・5G)→wifiで飛ばす事が可能
  2. 固定回線(光回線・ADSL・CATV(ケーブル))→wifiで飛ばす事が可能

 

上記のように、インターネットには無線回線と固定回線がありますが、それぞれを「wifi」で周りに飛ばすことが出来ます。

つまり、「wifi」というのはインターネットをスマートフォン・タブレット・パソコンなどに飛ばす方法のことを言います。

 

 

ポケットwifiとは?

ポケットwifiというのは、モバイルwifiルーターなどとも言いますが、

ポケットwifiの機械(端末)まで、LTE(4G)のインターネットが来ていて、そこからスマートフォンやパソコンにwifiでインターネットを飛ばす事が出来る機械(端末)、です。

 

ポケットwifiと言っていますが、もちろん家でも使う事ができます。

なので、ポケットwifi=無線LANルーターという風にも言えます。

 

高速モバイル通信と言ったりします!

 

無線LANとは?

ざっくり言いますと、無線LAN=wifiです。

なので、お家にある無線LANルーターという機械は、お家まで来ているインターネット(主に固定回線の光回線など)をwifiで周りに飛ばす機械、という事になります。

 

 

ホームルーターとは?

同じく、最近よく聞きますがホームルーターというものも、ホームルーター=wifiです。

なので、お家にあるホームルーターという機械は、お家まで来ているインターネット(主に無線回線のLTE(4G))をwifiで周りに飛ばす機械、という事になります。

 

ホームルーターはざっくり言うと、ポケットwifiをずっと家に置いておくのと同じです。

 

例えば、最近で言いますと、YahooBBさんの「SoftBank Air」などの『工事不要』で『電源を刺して置くだけでOK』のものもつまり、そこまで来ているLTE(4G)をスマートフォン・タブレット・パソコンなどにwifiで飛ばすものなので、ホームルーターであり、ポケットwifiを家の置いておくのと同じ、ということになります。

 

せっちゃん
せっちゃん

だったら、「持ち運べる方がよくない?」もしくは「家だったら光回線の方がよくない?」と思われた方は、まさにその通りなので、詳しくはまた次回書いていきたいと思います!

 

 

テザリングとは?

こちらも、ほぼ、テザリング=wifiです。

テザリングと言うのは、スマートフォンで他の機械(端末)にLTE(4G)のインターネットを飛ばす方法です。

 

自分のスマートフォンまで来ているLTE(4G)のインターネットを、ポケットwifiの機械(端末)のように、他のスマートフォンやタブレットやパソコンに飛ばすことができます。

つまり、ほぼ、テザリング=wifiなのです。

 

なので、スマートフォンでテザリングがオプション料金になっているのは、wifi的な使い方も出来るようになるから追加でお金がかかりますよ、という感じですね。

 

テザリングの良さは、スマートフォン1個+パソコンだけでインターネットに繋ぐことができる、という所です。

わざわざ、ポケットwifiなどを持ち歩かなくても、いつも持っているスマートフォンだけで外に持ち出したパソコンをインターネットに繋ぐことができます。

 

せっちゃん
せっちゃん

テザリングはUSBなど有線で行うこともできます。この辺りは、また別の機会に。

ちょーきん
ちょーきん

ザリングやなくてザリングやねんな。知らんかったわ笑

 

 

以上、インターネットは人と繋がる場所で、そのインターネットに繋げる方法として、LTEや4G、WiMAXなどの無線回線と、光回線やADSL、CATV(ケーブル)の固定回線があり、wifiやテザリングでそれらをスマートフォン・タブレット・パソコンなどに飛ばす事もできますよ、ということになります。
では、最後になりますが、実は上記の中で、WiMAXだけ少し違いますので、最後にWiMAXの説明をして終わりにしたいと思います!

 

 

スポンサーリンク

WiMAXとは?

WiMAXとは何でしょうか。

ざっくり言いますと、WiMAX=ポケットwifiです。

 

せっちゃん
せっちゃん

WiMAXとポケットwifi両方を称して「高速モバイル通信」や「高速モバイルインターネット」などと言ったりもします。

 

  • WiMAX=WiMAX+wifi
  • ポケットwifi=LTE(4G)+wifi

 

ただその2つには、上記のように少し違いがあり、WiMAXの機械(端末)は「WiMAX」というインターネットを使います。

ポケットwifiの機械(端末)は「LTE(4G)」というインターネットを使う、という違いがあります。

 

あとは、通信会社が違います。

  • WiMAXは「UQ コミュニケーションズ」という会社の通信方法です。
  • LTE(4G)は「NTTドコモ」や「ソフトバンク」「au」などが使っている通信方法です。

 

先ほど上で「SoftBank Air」などLTE(4G)のホームルーターがありますよ、と紹介しましたが、WiMAXにもホームルーターがあり、工事不要で、家に置いておいて電源を挿しておくだけでWiMAXをwifiでスマートフォン・タブレット・パソコンなどに飛ばすことが出来ます。

 

せっちゃん
せっちゃん

WiMAX2+は4GLTEのホームルーターと違って最大速度が早く同時接続台数も多いので、お家の環境、繋がりやすさよっては光回線の代わりになるかも知れません。また詳しく記事化しますね!

 

 

WiMAX端末とポケットwifi端末の違い

WiMAXは、WiMAX端末までWiMAXのインターネットが来ていて、そこからwifiでスマートフォンやタブレット、パソコンにインターネットを飛ばす事が出来ます。

ポケットwifiは、ポケットwifi端末までLTE(4G)のインターネットが来ていて、そこからwifiでスマートフォンやタブレット、パソコンにインターネットを飛ばす事が出来ます。

 

つまり、WiMAXとポケットwifiの違いは、インターネットがWiMAXかLTE(4G)かの違いだけになります。

なので、WiMAXもポケットwifiのように、お家でも外でも使う事出来ます

 

 

WiMAXのデメリット

ただし、WiMAXはLTE(4G)に比べて、建物の中や地下だと繋がりづらい、障害物に弱い、などのデメリットがあります。

 

WiMAXのメリット

逆に、LTE(4G)は月7GB制限を超えると128kbpsになるけど、WiMAXは容量無制限ぽい(3日間で10GB超えると翌日18時〜26時まで1Gbpsになる)などのメリットもあります。

 

メリットデメリット
LTE(4G)繋がりやすい・無制限もある業者によってバラツキ多い
WiMAX無制限ぽいのに安い繋がりにくい場所がある

 

現在、よいポケットWiFiが出始めていますので、徹底比較しております!詳細はこちらの記事をご覧ください!

【2019年9月度版】ポケットWiFi・モバイルWiFi・レンタルWiFi・WiMAX2+比較。メリット・デメリット・注意点・おすすめポイントを分かりやすく解説いたします。
2019年9月度版。ポケットWiFi・モバイルWiFi・レンタルWiFi・WiMAX2+・WiFiルーター徹底比較。速度・料金など、メリット・デメリット・おすすめポイントを絞り、注意点と共に分かりやすく解説。

 

 

という訳で、WiMAXとLTE(4G)の違いはこちらの記事を!最後にまとめと、感想です。

 

 

スポンサーリンク

最後にまとめと、感想です。

インターネットの図

インターネットって、ざっくりこの図の感じなのですが、もう少し、分かりやすくしますね。笑

 

という訳で下記が、今回の簡単なまとめになります!

 

  1. インターネットは、人と人を繋ぐ場所。
  2. インターネットには、無線回線と固定回線がある。
  3. 無線回線には、3G・4G・LTE・WiMAX・5Gがある。
  4. 固定回線には、光・ADSL・CATV(ケーブル)がある。
  5. wifiは、その無線回線や固定回線を飛ばす方法の名前。
  6. ポケットwifi・無線LAN・WiMAX端末・テザリングしたスマートフォンは、1台で多くの機器に、無線回線や固定回線をwifiで飛ばす事が出来る機械(端末)の事。

 

です。

 

ちなみに、上記を私の使い方に当てはめると、

  • ドコモのガラホ→LTE(4G)でインターネットも出来るけど、節約のために、通話のみの契約。
  • WiMAX端末→節約や容量のためもあり、LTE(4G)ではなく、WiMAXのインターネットを使う為に導入。
  • iPhoneSE→WiMAX端末に繋いでお家と外でインターネットを使っている。
  • お家のパソコンやゲーム機→WiMAX端末に繋いでお家でインターネットを使っている。

という感じになります。

 

私は現在、通信料節約の為に上記のような方法をとっておりますが、現時点で割と満足しております。

詳しくはこちら

ドコモのまま携帯・ガラホ・スマホ料金を見直して、安く節約する方法。
ドコモのままで通信費を見直し、携帯スマホ料金を安く節約する方法です。今、自分がやっている方法をそのまま載せています。素人の自分にも出来るのでどなたでも簡単に出来ると思いますが、デメリットが幾つかあります!その全てを書いてみました。

 

せっちゃん
せっちゃん

ただ、もう少し落ち着いたら、色んな方法も試して、それぞれオススメの通信方法や節約方法を記事化して行く予定です!

 

私の節約方法に限らず、インターネットに繋げる為には様々な方法があります。

皆様それぞれの地域や使い方の中で、最も使い勝手が最も良くて、なおかつ、料金が一番お安い所を探すのがベスト、だと思うのですが、たくさんサービスがあって分かりにくいのも事実かなと思います。

 

今後も、その辺りを詳しく、分かりやすく追って行って、皆様にとって一番良い通信方法・節約方法にたどり着けるような記事をたくさん書けるように精進して行きたいと思います!

 

実際の3台持ちの写真です!

WiMAX ガラケー iPhone

WiMAX ガラケー iPhone

3台持つと、寿司みたいになります!笑

 

本記事は、以上になります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

 

P.S.現在「どんなときもWiFi」さんなど、良いポケットWiFiが出始めております。各ポケットWiFiとWiMAX2+などを徹底比較しておりますので、WiMAX2+の3日間10GBで1Mbpsの速度制限やエリアや電波などが不安な方は、ぜひ、「ポケットWiFi・モバイルWiFi・レンタルWiFi・WiMAX2+比較。メリット・デメリット・注意点・おすすめポイントを分かりやすく解説いたします。」の回も見てみて下さいね!

 

コメント