2019年10月から各業界で大小様々な変更があり修正奮闘中です。まだ未修正部分もありますので、必ず公式サイト等も合わせてご確認下さいますよう、宜しくお願い致します。
スポンサーリンク

消費税増税10%の所感と、他国との比較。

スポンサーリンク

消費税10%に対する所感。

 

みなさま、こんにちは!

まなべやセービングブログのまなべ(@manabehirotsugu)です!

 

<本記事のポイント>

  • 2019年10月から始まる消費税増税に対して思った事を書いてみました!
  • 気になったので、他国との消費税を比較してみました。

※本記事は細心の注意を払って作成しておりますが、変更や間違い等生じる可能性があります。詳細は、必ず各公式サイトなどをご確認くださいますよう、何卒、よろしくお願いいたします。

 

消費税を管轄する「国税庁」、キャッシュレス・消費者事業を管轄する「経済産業省」の「キャッシュレス消費者還元事業公式サイト」等から引用・参照等々させて頂いております。

但し、まだ不明点も多く、消費税10%も始まってみないと感覚として分からないことも多いと思いますので、必ず、公式サイトなどでご確認いただきたいと思います。

 

 

 

スポンサーリンク

2019年10月1日から、消費税は10%になります。

消費税率推移グラフ

 

2019年10月1日(火曜日)から、日本の消費税は10%になります。

  • 1989年4月:3%
  • 1997年4月:5%
  • 2014年4月:8%
  • 2019年10月:10%(軽減税率8%)

 

消費税は1989年に導入され、上記の流れで増税されています。

また、今回初めて、軽減税率(けいげんぜいりつ)が導入され、消費税が高いものと低いものに分けられました。

  • 消費税は10%
  • 軽減税率は8%

 

 

スポンサーリンク

軽減税率で食品・新聞は8%のままです。

今回、消費税10%と同時に「軽減税率(けいげんぜいりつ)」というものが導入されます。

軽減税率を、ざっくり一言で言いますと、

  • 軽減税率とは、消費税10%に増税後も、8%のままのもの

ということになります。

その8%のものを「軽減税率(けいげんぜいりつ)」と言っています。

 

下記に国税庁の見本がありますので、引用させていただきます。

緑の部分が8%です。白の部分は10%です。

軽減税率

※国税庁「軽減税率制度とは(リーフレット等)」より引用。

 

軽減税率8%のものは、具体的には食品と新聞です。

  • 食品(酒類・外食を除く)
  • 新聞(週2回以上発行される定期購読契約のもの)

 

 

 

・以上、消費税10%と軽減税率8%の概要です。
・次は、消費税の他国との比較です!

 

 

スポンサーリンク

他の国の消費税は何%?

国名消費税率
ハンガリー27%
スウェーデン25%
デンマーク25%
ノルウェー25%
ギリシャ24%
フィンランド24%
イタリア22%
ウルグアイ22%
オランダ21%
アルゼンチン21%
イギリス20%
フランス20%
モナコ20%
ドイツ19%
ロシア18%
ブラジル17%
中国17%
ケニア16%
メキシコ16%
ニュージーランド15%
南アフリカ14%
エジプト14%
インド12.5%
フィリピン12%
インドネシア10%
ベトナム10%
韓国10%
日本10%
スイス7.7%
バハマ7.5%
パナマ7%
シンガポール7%
タイ7%
マレーシア6%
カナダ5%
台湾5%

※全国間税会総合連合会「世界の消費税(付加価値税)152カ国(ポスター図柄)……実施国と税率……平成30年4月版」より表作成。
※平成30年4月(2018年4月)版です。分かりやすいように日本は今回の増税後10%にしています。

 

上記は、世界各国の消費税を下記を参考に表にさせて頂きました。

 

消費税の値だけを見ると、日本はまだ低いです。

ですが、ヨーロッパなど他の消費税が高い地域でも、軽減税率が導入されている地域があります。

日本と項目に違いはありますが、食品やインフラ、新聞や書籍などが非課税0%か低い値になる等かなり抑えられている場合もあります。

そのため、一概に高低差が大きい、と語る事は出来ないかなと感じます。

 

また、この表にないアメリカなどでは、消費税に似た小売売上税やホテル税、外食税というものがあり、州や商品により、概ね0%〜18%等になるそうです。

 

ノルウエー・スエーデン・デンマーク・フィンランドなどの北欧の国々は25%付近の高い消費税ですが、その変わりに「ゆりかごから墓場まで」福祉が充実していると言われて来ました。

しかし、最近では、それもほころびが見え始めており、理想と現実に違いが見え始めている、といったような論調の記事も出てきています。

 

また、ハンガリーやギリシャなどは財政的に厳しいので消費税率を高くするしかないといった、全く別の原因で消費税率が高くなっている側面もあるようです。

 

一方でカナダは5%で低いですが、別途州税がかかり合計で15%の州もあるようです。

 

それから、カナダやアメリカもそうですが、国によってチップがあったりする場合もあります。

チップは消費税ではありませんが、別途、文化的な観点からサービスに+αのお金が必要な場面が出てくる場合もあるよ、という事も同時に考えておかないといけない事かも知れません。

 

等々、少し見ただけでも、その国々によって本当に様々な側面があるのが分かります。

そのため、私自身は、消費税率の値だけを他国と比較して一喜一憂してもあまり意味がないと思っております。

各国様々な問題を抱えながら、トライアンドエラー(挑戦して失敗して改善してなど、成功するまで試行錯誤を繰り返す事)しているものと思われ、消費税などに詳しい経済専門家の皆さんの意見も様々あるように思います。

 

私自身の個人的な感想としては、消費税の仕組み自体は賛成、消費税増税は反対(但し上手に使えば文句なし)、軽減税率の導入には超反対(但し上手にやれれば文句なし)です。

その理由は、消費税は”必要な分”を分け隔てなく全員から徴収出来ること、増税は”使い方”を吟味して欲しいから、軽減税率はそれよりも別の福祉対策のほうが全体的なコスト(手間・時間含む)がかからなさそうだ、というものですが、答えを出すにはもっと知識と知恵と深堀が必要だとも感じております。

 

ただ、これは、私自身がシンプルな方が好きだからかも知れません。

もっと、いろいろな事を知らなければなりません。

 

ざっくり言いますと、私は、税金が”必要な分”の”使い方”の問題から片付けるのが先なんじゃないか、その問題の方が大半を占めているのではないか、と考えたりしていますが、中々難しい事もたくさんあるのだと思います。

とにかく日本は、増税するにしても減税するにしても、日本にバッチリ合った税プランを導入して頂いて、日本が誇るその特異なバランス感覚で良いロールモデル(お手本・模範)となるべく、なんとかうまくやってほしい、というのが今の私の希望です。

 

 

 

スポンサーリンク

10月から幼児教育・保育の無償化もスタート

教育関連と子育て関連ですが、10月から幼児教育・保育の無償化もスタートするので、この辺りも様々な考え方があると思います。

凄く大切なことなので、なんとか上手く行ってほしい、と心底思います。

 

 

 

 

スポンサーリンク

最後にまとめと、感想です。さあ、消費税10%増税にゆっくり備えましょう!

最後にまとめと、感想です。

最後まで読んでくださって、ありがとうございました!

以上、「消費税増税10%、他国との比較。」の回でした。

 

消費税は10%に増税されますが、「キャッシュレスで消費者ポイント還元事業」が同時に開催されますので、是非はともかく、絶対にキャッシュレス決済は使った方が良いです。

▼下記「【消費税増税10%対策!】キャッシュレスでポイント還元事業の徹底解説!」の回に詳細を書いておりますので、お時間ありましたら、是非一度、見てみてくださいね。

【消費税増税10%対策!】キャッシュレスでポイント還元事業の徹底解説!
消費税増税10%・軽減税率8%対策のキャッシュレスで消費者ポイント還元事業の徹底解説です。概要を分かりやすく書いてみました。おすすめのキャッシュレスも紹介して、簡単ポイント還元を目指しましょう!

 

本記事は、以上です。

最後まで読んでくださって、ありがとうございました!

 

 

コメント