スポンサーリンク

【2019年9月度版】Amazonカードおすすめ全ガイド。メリット・デメリット・注意点など総まとめ。

スポンサーリンク

Amazonカード全ガイド的全まとめ

皆さま、こんにちは!

まなべやセービングブログのまなべ(@manabehirotsugu)です!

 

    <本記事のポイント>

  • Amazonカードとは?その全てを総まとめ、全ガイド解説。
  • メリット・デメリット、おすすめポイント・お得な使い方と、注意点・欠点、比較するポイントなどを分かりやすく紐解き、スタイル、生活習慣により、ベスト・ベターなクレジットカードを紹介。
  • 実際に使っている感想から、評判や口コミ、使い心地、ポイントの貯め方、おすすめのベストな使い方、使いこなす方法、詳細に分かりやすく、お伝えいたします。

※本記事の料金は全て税抜き表示です。
※本記事は細心の注意を払って作成しておりますが、変更や間違い等生じる可能性があります。お申込みの際は、必ず各リンク先「Amazonカード 公式サイト」をご確認くださいますよう、何卒、よろしくお願いいたします。

 

せっちゃん
せっちゃん

「Amazonカード」の全てをガイド的・全まとめ的に、分かりやすくお伝えいたします!

まなべや
まなべや

迷っておられる方や、気になっておられる方に、選択の一助になれば幸いです!

 

▼公式:Amazonカード 公式サイト

Amazonマスターカード

 

 

では、まず結論から!

 

 

スポンサーリンク

結論。Amazonカードは、主にAmazonをお使いの方におすすめのクレジットカード。

Amazonカード

 

一言で結論を言いますと、

  • Amazonカード」は、主にAmazonをお使いの方におすすめのクレジットカードです!

 

Amazonカードは、三井住友カード株式会社と提携し、インターネットショッピング「Amazon(アマゾン)」が発行するクレジットカードです。

クレジットカード会社老舗の三井住友カード株式会社の信頼感・安定感と同時に、Amazonで使う際にお得に使えるクレジットカードです。

「Amazon Mastercardクラシック」と「Amazon Mastercardゴールド」の2種類がありますが、特に、ゴールドカードはAmazonをお使いであれば持っていて損はないクレジットカードです。

 

  1. Amazonマスターカードは三井住友カードと提携しているため、安心感・信頼感がある。
  2. 「Amazon Mastercardクラシック」と「Amazon Mastercardゴールド」の2種類がある。
  3. 特に、「Amazon Mastercardゴールド」は、ポイント還元率もよくAmazonをお使いであれば持っていて損はないクレジットカードです。

 

▼公式:Amazonカード 公式サイト

Amazonマスターカード

 

 

では、まず「Amazonカード」の概要レビュー(スペックレビュー)から紹介いたします。テンポよく一覧にしましたので、ざっくりカードの情報や傾向が分かります。その後、その中身を分かりやすくお伝えしていきますね!

 

 

スポンサーリンク

Amazonカードの概要スペックレビュー

内容概要備考
公式サイトAmazonカード
公式サイト
会員数4,420万人
※三井住友カード
セディナ合算
詳しくはこちら
取扱高18,1兆円
※三井住友カード
セディナ合算
詳しくはこちら
申込料無料
発行手数料無料
解約手数料無料
カード送料無料
入会費
無料
年会費
初年度
クラシック
無料
ゴールド
10.800円
ゴールドは
年会費割引施策有
年会費
2年目以降
クラシック
1,350円
ゴールド
10.800円
クラシックは
前年度1回以上利用
で翌年度無料
ゴールドは
年会費割引施策有
家族カード
(家族会員)
年会費無料3枚まで申込可能
ポイント貯まる
本会員同様サービス
ETCカード
年会費500円
※初年度無料
前年度1回以上
ETC利用請求
で翌年度無料
ポイント貯まる
ETCマイレージ貯まる
ETC割引使える
国際
ブランド
master
Master
申込資格クラシック
18歳以上

(高校生不可)
ゴールド
20歳以上
大学生OK
未成年は
親権者の同意必要
審査収入がある方無収入でなければ
審査対象と思われる
審査期間即日〜
3週間程度
即日審査サービスあり
通常2,3日で結果分かる
カード発行
スピード
発行日数
最短3営業日
審査から
計3週間程度
でカード到着
本人確認運転免許証
パスポート
健康保険証等
審査時
本人確認の為
電話連絡あり
会社へ
在籍確認
有る場合も
無い場合もある
勤続年数短い
住居年数短い
以前問題ある等は
有る可能性増える
審査基準銀行系の為
やや厳しい
と思われる
厳しさは
銀行系>信販系>流通系
の順
必要年収数十万円〜
程度と思われる
(安定性重視)
アルバイト・パート
フリーター・主婦
も審査対象と思われる
上限
利用限度額
最高
80万円
学生は
ほぼ10万円
締め日月末
仮確定は
翌月10日頃
支払日
引き落とし日
翌月26日
土日祝
は翌営業日
支払方法口座振替
カードが
使える場所
街のお店
ネットショッピング
携帯料金
家賃
公共料金
電気ガス水道
税金・保険料
他多数
お支払い先が
クレカ支払い
Masterに

対応していれば
ほぼ使える
ショッピング
返済方式
1回払い
2回払い

分割払い
ボーナス1回払い
リボ払い
マイペイすリボ
分割・リボ後
一括返済可能
まとめ払い可能
ショッピング
手数料
無料は
1回払い無料
2回払い無料

ボーナス1回無料
ショッピング
利用可能額
10万円〜
80万円
ショッピング
分割払い
実質年率
3回〜24回
12.00%〜14.75%
詳しくはこちら
ショッピング
ボーナス払い
実質年率
1回払い無料詳しくはこちら
ショッピング
リボ払い
実質年率
月5,000円から
15.0%
詳しくはこちら
ショッピング
損害延滞金
遅延損害金
滞納実質年率
14.6%請求金額引落し
できなかった場合発生
詳しくはこちら
キャッシング
利用可能枠
0万円〜50万円
詳しくはこちら
キャッシング
返済方式
リボ払いキャッシングリボ
のみ
キャッシング
担保・保証人
不要使徒自由
キャッシング
実質年率
18.0%
詳しくはこちら
キャッシング
損害延滞金
遅延損害金
滞納実質年率
20.0%請求金額引落し
できなかった場合発生
詳しくはこちら
海外で
キャッシング
cirrus
Cirrus
ATMで可能
詳しくはこちら
デザイン
ポイント名Amazonポイント100円
1ポイント
ポイント
還元率
街のお店など
常時
1%
Amazonでは1.5%
プライム会員は2%
ゴールドは2.5%
ポイント
サイト
1ポイント
何円
1ポイント
1円相当
ポイント
有効期限
1年間最終購入日もしくは
最終ポイント獲得日
のいずれか
遅い日から1年間
ポイント
使える
ネットショップ
Amazonのみ
ポイント
使える
街のお店
ポイント
交換できる
ギフト券
ポイント
交換できる
ポイント
ポイント
交換できる
マイル
マイレージ
カード一体型
電子マネー
一体型ではないが
iDカード無料発行可能
Apple
Pay
使えるiDiD
の場所で使える

ポイント貯まる
Google
Pay
使えない本年秋以降の対応予定
詳しくはこちら
おサイフ
ケータイ
使えないAmazonカードはNG
三井住友カードはOK
詳しくはこちら
Kyash使える+2%還元率
楽天Edy
チャージ可ポイント付かない
nanaco
チャージ可ポイント付かない
WAON
チャージ可ポイント付かない
auWALLETチャージ不可
モバイル
Suica
チャージ可
ポイント付かない
SMART
ICOCA
チャージ可ポイント付かない
PASMO
チャージ不可
紙の明細書ある
WEB明細書WEB明細無料
Vpassから申し込む
WEB明細と
1年間6回以上請求で
年会費500円〜
割引になる
本人認証
サービス
使える
(3Dセキュア)
Master
SecureCode
紛失盗難
保証
届け60日前以降に
不正使用・不正利用
の損害が負担される
紛失盗難受付
0120-919-456
詳しくはこちら
ショッピング
保険
お買物安心保険あり
最高100万円〜
自己負担3,000円
海外利用および
国内でのリボ払い
分割払い(3回以上)
の利用のみ対象
90日間の偶然事故等
2019/6/1以降は200日間

詳しくはこちら
国内旅行
損害保険
ゴールドのみ
5,000万円
交通費か
企画型旅行代金
の支払いが必要
詳しくはこちら
海外旅行
損害保険
ゴールドのみ
5,000万円
交通費か
企画型旅行代金
の支払いが必要
詳しくはこちら
国内空港
ラウンジ
ゴールドのみ
海外空港
ラウンジ
ゴールドのみ
ダニエル・K・イノウエ
国際空港

ラウンジ
VJデスク海外に設置された
窓口サービス無料
詳しくはこちら
チャット
サポート
あり
(AIチャットBOT)
公式サイトより

※カード会社は審査基準など含め全てを開示している訳ではありませんので、上記表は推測や経験則から記載している場合があります。全ての人に当てはまる訳ではありませんのでご注意下さい。間違いなどあればコメント欄などでお知らせ頂けると幸いです。お申し込みの際は必ず公式サイトなどをご確認下さい。

 

Amazonカードの締め日・確定日・引き落とし日

  • 毎月末日に締め切り→翌月10日頃にお支払金額確定→翌月26日(土日祝は翌営業日)に引き落とし。

Amazonカード」の締日、確定日、引き落とし日は、「WEB明細書」にて確認できます。

 

Amazonカードのボーナス一括払いの日程

  • 夏:12月16日〜6月15日→8月のお支払い日にお支払い。
  • 冬:7月16日〜11月15日→翌年1月のお支払い日にお支払い。

ボーナス一括払いは手数料無料で、お支払いを先延ばし可能ですので、上手に使えば使い勝手がとても良いです。

6/16〜7/15と、11/16〜12/15までのお買い物には、ボーナス払いは使えません。

また、加盟店によりお取り扱い期間やボーナス払いが使えないお店もあり、対応が異なりますので、注意してくださいね。

 

▼公式:Amazonカード 公式サイト

Amazonマスターカード

 

 

以上、概要になります。次は、Amazonカードのメリット・デメリット、お得な使い方と、おすすめポイント・注意点です!

 

 

スポンサーリンク

Amazonカードのメリット・おすすめポイント・お得な使い方!

Amazonカードのメリット・オススメポイント・お得な使い方

1.年会費は初年度無料(クラシックのみ)。
2.2年目以降の年会費は、カード種類により年会費がかかるが実質無料〜割引可能。
3.Amazonクラシックカードは、Amazon Primeに入ると還元率がアップ。
4.Amazonゴールドカードは、Amazon Primeが無料。
5.「iDカード」が年会費無料・発行手数料無料で発行できる。
6.Amazonポイントが簡単に使える。
7.Apple Payが使える。
8.紛失・盗難補償あり。
9.ショッピング保険あり。
10.VpassID安心サービスでネットショッピング不正使用補償制度あり。
11.ETCカード(初年度無料・翌年度1回利用で500円が無料・ポイントも貯まる)
12.Amazonゴールドカードは、海外・国内旅行傷害保険がついている。
13.宝塚歌劇の冠協賛公演やチケット情報、公演出演者のインタビュー、舞台写真など、さまざまな情報がある。
14.即時発行サービスがあり、30,000円まで即日使える
15.VISAカード老舗であるため安心感・信頼感があり、ブランドイメージもよく、堅実なイメージがある。

 

▼公式:Amazonカード 公式サイト

Amazonマスターカード

では、「Amazonカード」のメリット・おすすめポイント・お得な使い方を分かりやすく、テンポよく解説していきますね!

 

 

1.Amazonマスターカードクラシックは、初年度年会費無料。ゴールドは、10,800円を5,400円に割引可能。

初年度年会費無料

Amazon Mastercardクラシック」は、初年度年会費無料です。

 

Amazon Mastercardゴールド」は、初年度年会費10,800円ですが、お申し込み時に「マイ・ペイすリボ」に同時登録するチェック項目がありますので、必ずそれをチェックして同時登録すると5,400円割引きになり、初年度年会費を5,400円にすることができます。

Amazonゴールドカード初年度年会費割引特典

 

クラシックカードからゴールドカードへ切り替えの方は、別途、下の方にまとめていますので詳細はそちらを見て頂きたいのですが、「マイペイす・リボ」同時登録のチェック項目が無いようですので、ゴールドカードが届いたら『三井住友カード切替え案内デスク【0120-938-301】(受付時間: 9:00-17:00 / 年中無休 ※12/30-1/3を除く)』にお電話して、ゴールドカード切り替え時にちゃんと「マイペイす・リボ」に登録確認するのがベストです。

 

また、AmazonマスターカードゴールドはAmazonPrimeの年会費4,900円が無料なので、AmazonPrime会員の方は実質、初年度年会費は500円と考える事も出来ます。

現在、Amazonプライム会員の方がAmazon Mastercardゴールドへ入会した場合、既にお支払い済みのAmazonプライム年会費の未使用期間分はご登録のクレジットカードへ返金されますので、安心です。

内容Amazon
マスターカード
クラシック
AmazonMastercardクラシック
Amazon
マスターカード
ゴールド
AmazonMastercardゴールド
初年度年会費無料10,800円
マイ・ペイすリボ
同時申し込み
5,400円割引
最終初年度年会費無料5,400円
Amazon Prime4,900円4,900円無料
実質初年度年会費4,900円実質500円

 

上記によりAmazon Prime会員の方は、「Amazon Mastercardゴールド」がおすすめになります。

加えて、ゴールドカードはAmazonでのポイント還元率が2.5%なので、Amazonでよくお買い物をする方は、さらにゴールドカードの恩恵が受けられます。

 

Prime会員ではない方、Prime会員が必要無い方、たまにしかAmazonでお買い物をしない方は、「Amazon Mastercardクラシック」を選ぶか、39歳以下の方は「JCB CARD W/JCB CARD W plus L」、40歳以上の方は「Orico Card THE POINT」の方がAmazonでのお買い物の還元率が良く、使い勝手も良いので、そちらもオススメになります。

下の方の『比較』の項目で詳しく解説いたしますね。

 

▼公式:Amazonカード 公式サイト

Amazonマスターカード

 

 

2.Amazonカードは、2年目以降の年会費はかかるが実質無料〜割引可能。

2年目以降年会費実質無料可能または割引可能

Amazon Mastercardクラシック」は、年1回以上のカード利用で翌年度も年会費が無料になります。

年1回利用は、Amazonでも、Amazon以外でもOKです。

 

Amazon Mastercardゴールド」は、2年目以降、3年目も4年目もその先もずっと年会費は10,800円ですが、「マイ・ペイすリボ」の登録を続け、年1回以上のカード利用で翌年度5,400円引きになります。

さらに、「カードご利用代金WEB明細書サービス」+「過去1年間に6回以上の請求回数」で2年目以降、3年目もその先もずっと年会費が「1,080円」割引となります。

その結果、2年目以降の年会費がずっと、4,320円になります。

Amazonゴールドカード2年目以降年会費割引特典

 

さらに、Amazon Prime年会費4,900円も無料のため、上記を適用させるだけで、実質、2年目以降、3年目もその先もずっと年会費は0円となり無料と考える事もできます。

下記表に表します。

内容Amazon
マスターカード
クラシック
AmazonMastercardクラシック
Amazon
マスターカード
ゴールド
AmazonMastercardゴールド
2年目以降年会費1,350円
10,800円
前年1回以上のカード利用翌年度無料
前年1回以上のカード利用
とマイ・ペイすリボ登録継続
5,400円割引
WEB明細サービス継続
と過去1年で6回以上請求
1,080円割引
最終2年目以降年会費無料4,320円
Amazon Prime4,900円4,900円割引
実質2年目以降年会費4,900円実質0円

 

2年目以降も、Amazon Prime会員の方は、上記年会費割引特典を付けることが絶対条件で「Amazon Mastercardゴールド」がおすすめになります。

 

プライム会員ではない方や、プライム会員は必要無い方、たまにしかAmazonを使わない方は、初年度と同じく「Amazon Mastercardクラシック」を選ぶか、39歳以下の方は「JCB CARD W/JCB CARD W plus L」、40歳以上の方は「Orico Card THE POINT」の方がAmazonでのお買い物の還元率が良く、使い勝手も良いので、そちらもオススメになります。

こちらも同じく、下の方の比較の項目で詳しく解説いたしますね。

 

▼公式:Amazonカード 公式サイト

Amazonマスターカード

 

 

3.Amazonカードは、Amazon Primeに入ると還元率がアップします。

内容Amazon
マスターカード
クラシック
AmazonMastercardクラシック
Amazon
マスターカード
ゴールド
AmazonMastercardゴールド
外でのお買い物1%1%
Amazonでのお買い物
プライム会員以外
1.5%2.5%
Amazonでのお買い物
プライム会員
2%2.5%

Amazon Mastercardクラシック」は、プライム会員になるとAmazonでのお買い物の還元率が2%になります。

Amazon Mastercardゴールド」は、元々Amazonでのお買い物は還元率2.5%です。

 

クラシックは2%になるのですが、Prime会員費4,900円がかかってしまうので、Prime会員にはならずに「JCB CARD W/JCB CARD W plus L」か「Orico Card THE POINT」の方がおすすめになります。

Prime会員であれば、ゴールドを選ぶのがおすすめになります。

 

▼公式:Amazonカード 公式サイト

Amazonマスターカード

 

 

4.ゴールドカードは、Amazon Primeが無料です。

amazonプライム

Amazon Mastercardゴールド」は、Amazon Prime年会費4,900円が無料になります。

私もAmazon Prime会員ですので無料です。

まだ、Amazonカードを作っておられない方でAmazon Primeに現在入会されている方も、「Amazon Mastercardゴールド」を作った時からの分は返金され、次の年からずっと無料になります。

 

amazon prime

Amazon Prime会員になると、Amazonでのお買い物の配送料が無料になったり、次の日に届く「お急ぎ便」や「日時指定便」も無料になったり、Amazon Prime Videoも追加料金なしで見られるようになったりします。

下記にAmazon Prime会員になったら無料になる、主な特典を書いておきます。

  • 配送料無料
  • お急ぎ便無料
  • お届け日指定無料
  • Prime Video(映画や番組が見られる。)
  • Prime Reading(数百冊のKindle本が読める。オススメは雑誌。)
  • amazon music(100万曲以上が聞き放題)
  • Prime wardrobe(服などを最大8着まとめて送ってもらって家で試着できる)
  • Prime Photos(ご家族5人まで写真を無制限で保管できる)
  • amazonパントリー(1箱390円で日用品詰められる)
  • amazonファミリー(おむつがいつでも定期おトク便で15%OFF)
  • amazonフレッシュが月額500円
  • prime pets(対象用品が10%OFF等)
  • 年に1回の安売りプライムデーに参加できる

などです。

下記に詳しく、分かりやすく書いておりますので、見てみてくださいね。

 

私が想うPrime会員特典オススメ1:Amazon Prime Video

PrimeVideoは、iPhoneやスマートフォン、パソコン、iPadやタブレットに限らずPS3やPS4などのゲーム機や、Fire TV Stickなどからも大画面のテレビで見られますので、普通に映画やテレビ番組、アニメーションや音楽番組などが見られてとても便利です。

毎月、新しいPrime会員特典の無料動画が公開されます。

詳しくは下記をご覧くださいね。

 

私が想うPrime会員特典オススメ2:Amazon Prime Wordrobe(ワードローブ)

Amazon Prime Wardrobe

次にオススメなのが、プライムワードローブというAmazonで売っている服などを家で試着できるサービスです。

8着まで自分で選んだものを送ってくれて、全部を家で試着し、気に入ったものだけを購入できます。

これのすごいところは、1着も購入しなくてもOKで、その際は全て無料です。

 

Prime Wardrobe

購入する時のみ、その服代を払えばOKという神サービスで、私自身めちゃくちゃ気に入っているサービスです。

下記に、私が実際に使っております体験談を書いておりますので、ぜひ見てみてくださいね。

 

私が想うPrime会員特典オススメ3:Amazon Prime Reading

Amazon Prime Reading

Amazon Prime Reading」というプライム会員の方は追加料金なしでKindle本が読めるサービスがあります。

本当にいろいろ読めるので、詳細は公式サイトを見ていただきたいのですが、私のおすすめは雑誌です。

Kindleの雑誌は、付録や懸賞に応募できない場合があることと、スマホなどの小さい端末だと見にくいので注意が必要ですが、Kindle雑誌も毎月無料で読むことができます。

読めるものは都度変わったりするのですが、現在確認できるのは、『オレンジページ』、『Oggi』、『LDK』、『クロワッサン』、『Casa BRUTUS』、『Ray』、『mina』、『美的』、『POPEYE』、『Tarzan』、『男の隠れ家』、『GO OUT』、『家電批評』、『Mac Fan』などです!

 

送料無料やお急ぎ便無料、日時指定無料もすごいんですけど、最近はコンビニ受け取りや置き配指定(家の前に置いておいて貰って受け取り対応しなくて良いサービス)などにしてあまり使っていません。

Amazon Primeはそれよりも他の動画サービスや、服の試着サービスなどが超優れていますので、気になった方はぜひ使ってみていただきたいと思います。

年会費4,900円の価値あります。

と言いますか、「Amazon Mastercardゴールド」だと、AmazonPrime年会費の4,900円が無料です。

 

▼公式:Amazonカード 公式サイト

Amazonマスターカード

 

 

5.「iDカード」が年会費無料・発行手数料無料で発行できる。

iD

iD(アイディー)」というのは、

  • チャージ不要
  • 後払い式(ポストペイ型)でAmazonカードと同じ請求
  • サイン不要の非接触型

の電子マネーです。

 

コンビニなどの少額決済に向いていて、店員さんに「iDで払います。」とお伝えして、レジの横の端末にかざすだけでお支払することができます。

 

iDカードの作り方

AmazonカードはiD一体型ではないので、別途、物理的な「iDカード」をお申し込みして送られてくるものを使います。

AmazonカードiDカードお申し込み

 

お申し込み方法は簡単で、上記写真のように、

  1. カード会員サイト「Vpass」内メニューの「カードサービス」
  2. その中の「三井住友カードiD」
  3. 「まだお持ちでない方」
  4. 「カード型」の「専用カード」からお申し込み

すると、2週間ほどでiDカードが届きます。

iDカード申し込み

AppleのiPhoneの方は、Appale PayでもiDが使えます。後述いたしますね。

 

iDでもAmazonポイントが貯まります。

iDカード

上記は実際の私のiDカードです。

この「iDカード」はとても便利ですので、Amazonカードを1枚しか作らない予定の方などは、無料ですので、作ることをオススメいたします。

この「iDカード」をそのまま持ち歩いてもOKですし、スマホケースに忍ばせてもOKですが、コンビニなどで店員さんに『iDで払います』とお伝えして、端末にかざすだけで簡単に使うことができます。

 

使い始めると、その便利さに驚くと思います。

簡単便利こそが、キャッシュレス決済の本質です。

 

もちろんiDでのお支払でも、Amazonポイントがたまります。

iDでのお支払いも外のお店で使った時と同じ、ポイント還元率1%です。

少額決済でも手間なく便利に使う事ができ、ポイントもたまるため、簡単に節約が出来ます。

 

iDが使えるお店はこちら!

iD

iDが使えるお店は、上記のiDマークがついているお店で使えます。とても多いですが、その中でも主なお店を下記に書いておきますね。普段お使いの方お店でiDが使える場合は、とても便利ですので、ぜひ一度「iDカード」を使ってみてくださいね。

業種iDが使えるお店
コンビニセブンイレブン
ファミリーマート
ローソン
ファーストフードマクドナルド
モスバーガー
CoCo壱番屋
ミスタードーナツ
すき家
吉野家
スーパーウエルマート
メガマート
平和堂
グルメ王道
牛角
はま寿司
レストランガスト
バーミヤン
ジョナサン
カフェ
喫茶店
コメダ
タリーズ
エ・プロント
ドラッグストアマツモトキヨシ
ココカラファイン
ウエルシア薬局
家電ヨドバシカメラ
ビッグカメラ
コジマ
本屋さん紀伊国屋書店
文教堂
ブックオフ

 

私もiDをよく使っていますが、コンビニやマクドナルド、ドラッグストアの店員さんに「iDでお願いします。」と言ってカードをかざすだけで決済されますので、すごく便利です。

少額でもポイントを取りこぼすことがないので、ぶっちゃけ、「iDカード」は超オススメです。

 

▼公式:Amazonカード 公式サイト

Amazonマスターカード

 

 

6.Amazonカードは、Amazonポイントが簡単に使える

AmazonカードのAmazonポイント

Amazonカードは、ポイント交換先がAmazonポイントのみです。

Amazonカードなので当たり前といえば当たり前ですが、Amazonに超特化したクレジットカードです。

下の方の「ポイント」の項目で詳しく解説いたしますが、AmazonカードはAmazonに特化したAmazonポイントのみだからこそ、普段Amazonでお買い物をする方に全力でオススメしたいです。

 

Amazonポイントは「マイポイント」から確認できます。

下記のような感じで表示されます。

AmazonカードのAmazonポイント

Amazonポイントの良い所は、特に設定などをしなくても、外のお店でもネットでもAmazonカードを使ったら勝手に自分のアカウントにAmazonポイントが溜まっていく所です。

そして、Amazonでお買い物をする時に何ポイントを使うかを入力するだけでOK。

ポイントの取りこぼしも無いし、使い忘れることもまずありません。

まさに、その設定入らずで使いやすい所こそが、Amazonカード→Amazonポイントのシンプルさが生んだ勝利とも言うべき、便利で簡単で凄い所です。

 

▼公式:Amazonカード 公式サイト

Amazonマスターカード

 

 

7.Amazonカードは、Apple Payが使えます。

Apple Pay

Amazonカード」は、クラシック、ゴールドともにApple Payが使えます。

Amazonポイントは、Apple Payを通すと1%還元です。

iPhoneやApple Watch(iPhone7・Apple Watch Series 2以降のデバイスが対応しています。)に登録して、先ほどの「iD」が使える場所でスマホやウォッチをかざすだけでお支払いが可能です。

 

現在、Google Payには対応していませんが、本年度秋以降の対応を予定とのことです。

Google PayはSMBCデビットカードには対応していますが、クレジットカードはまだ対応していません。

以前、『Google Payでのクレジットカードによる決済については、本年秋以降の対応を予定しています。』との公式発表がありましたので、楽しみに待っていたいと思います。

 

▼公式:Amazonカード 公式サイト

Amazonマスターカード

 

 

8.Amazonカードは、紛失・盗難補償があります。

Amazonカード」は、紛失・盗難補償があります。

カードの紛失・盗難の際は、お届け日から60日前にさかのぼり、それ以降の不正利用・不正使用について補償されます。

これは、届け出がないと保証してくれませんので、無くしちゃったり、カバンごとどこかに置いてきたしまったなど、必ず、下記公式さんに連絡しましょう。

紛失・盗難デスク0120-919-45624時間・年中無休

詳しくはこちらから。

海外での紛失・盗難時のオートコレクトコールナンバーリストはこちら

 

その他、通常利用時に、不正利用・不正使用があった場合も、保証可能かどうか不明ですが、すぐに連絡してみましょう。

紙の請求書でない場合は請求書の確認を忘れがちなので「VpassのWEB請求書」から必ず、不正請求などが無いか確認するようにしましょう。

 

 

9.Amazonカードは、ショッピング保険(動産総合保険)があります。

Amazonカード」は、ショッピング保険(動産総合保険)があります。

Amazonカードでクレジット決済された商品の破損・盗難による損害を、購入日および購入日の翌日から90日間補償されます。

 

クラシックは100万円までで、海外での利用、または、国内ではリボ払いか、分割(3回以上)払いを利用した時のみ補償されます。

また、事故日以降の「あとからリボ」「あとから分割」は対象となりませんので注意が必要です。

 

ゴールドは300万円までで、海外国内ともに保証されます。

詳しくは、下記公式サイトをご確認ください。

 

▼公式:Amazonカード 公式サイト

Amazonマスターカード

 

 

10.Vpass安心サービスで、ネットショッピング補償制度があります。

AmazonカードのVpassID安心サービス

Amazonカード」には、『VpassID安心サービス』というインターネットショッピング補償制度があります。

 

VpassID安心サービスとは?

VpassIDを持っている会員さんのVpassID・パスワードまたはクレジットカ-ド番号が、第三者によりインターネットショッピングで不正利用された場合に備えた補償制度です。

万一の場合でも、クレジットカード会社へのお届け日から60日前にさかのぼり補償してくれるとのことです。

但し、ID・パスワードおよびクレジットカ-ドの管理が十分に行われていたことなどが条件となるそうなので、詳しくは、下記ページをご確認くださいね。

 

Vpassで利用明細を確認する習慣を付けましょう!

最低でも1ヶ月に1,2回ぐらいは、「Vpass」で利用明細を確認する習慣をつけて、利用明細に利用した覚えのない記載があったりした場合や、不正利用、不正使用、不正請求の類が疑われる場合なども、必ず、公式さんに連絡するようにしましょう!

下記公式サイトなどを参考にしてくださいね。

 

 

11.Amazonカードは、ETCカード(初年度無料・翌年度1回利用で500円が無料・ポイントも貯まる)があります。

Amazonカード」は、ETCカードを作る事ができます。

初年度無料です。

翌年度以降は、前年度に1回以上ETC利用のご請求があれば年会費無料になります。

 

もちろん、Amazonポイントも付きます。

 

ETCカードが無料のクレジットカードは貴重です。

年に1回ぐらい使う方は翌年も年会費が無料になりますので、お車の方でETCカードをお持ちでは無い方は、お申込みをオススメいたします。

 

▼公式:Amazonカード 公式サイト

Amazonマスターカード

 

 

12.Amazonゴールドカードは、海外・国内旅行傷害保険がついている。

Amazon Mastercardゴールド」は、海外旅行損害保険・国内旅行損害保険が、最高5,000万円付いています。

企画型海外旅行の代金を支払うこと、もしくは、交通費の支払うことで保険がついてきます。

 

国内旅行損害保険が付いているカードは少なく、しかも最大5,000万円ですので、海外も国内も旅行をよくする方は、Amazonゴールドカードは、本当に超オススメのクレジットカードです。

上記の方で解説しましたが、マイペイす・リボとWEB明細、6回請求、Amazon Primeをお使いなら、年会費10,000円が実質0円無料でゴールドカードを持つことができ、海外国内旅行保険も最大5,000万円ついてきますし、空港ラウンジなども使えますので、本当にまじで、「Amazon Mastercardゴールド」は、超おすすめです。

 

また、VISAの「エポスカード」との2枚持ちも、国際ブランドがMaster+VISAとなりオススメです。

エポスカード」は海外保険が自動付帯です。

国際ブランドはAmazonカードはMasterなので、エポスカードはVISAがおすすめです。

出発前の届けや手続きは一切不要で、海外旅行にカードを持って行くだけで海外旅行保険が適用されますので、海外旅行をよくされる方に、かなりおすすめです。

 

Amazonゴールドカードは、空港ラウンジサービスも使えます。

国内の主要空港、およびハワイホノルルの空港内にあるラウンジを、本会員の方は無料(同伴者は有料)で利用可能です。

地域空港
北海道新千歳空港
函館空港
旭川空港
東北青森空港
秋田空港
仙台国際空港
中部新潟空港
富山空港
小松空港
中部国際空港
富士山静岡空港
関東成田空港
羽田空港
近畿伊丹空港
関西国際空港
神戸空港
中国岡山空港
広島空港
米子空港
山口宇部空港
出雲縁結び空港
四国徳島空港
高松空港
松山空港
九州福岡空港
北九州空港
長崎空港
大分空港
熊本空港
鹿児島空港
沖縄那覇空港
海外ダニエル・K・イノウエ国際空港

 

ゴールドデスクも使えます。

ゴールドデスクとは、ゴールドカード会員の方専用のデスク(相談場所)です。カードやサービスに関することはどのようなことでも、気軽に相談可能です。専任の担当者がいるフリーダイヤルが用意されています。

Amazon Mastercardゴールドデスク(ゴールドカードをお持ちのお客様)

Tel: 0120-989-573
営業時間:9:00-17:00 (12/30-1/3を除く)

 

Amazonカードは、世界の主要都市に設置されている「VJデスク」が使えます。

VJデスク」とは、現地の観光情報のご提供からレストラン・チケットの予約、カードやパスポートの紛失・盗難時のサポートまで、日本語でバックアップしてくれるサービスです。

Amazonカードでも「VJデスク」が使えることを公式さんに確認しましたので、安心して、海外旅行をする事ができます。

 

▼公式:Amazonカード 公式サイト

Amazonマスターカード

 

 

13.Amazonカードには、宝塚歌劇の冠協賛公演やチケット情報、公演出演者のインタビュー、舞台写真など、さまざまな情報がある。

宝塚歌劇ニュース」ということで宝塚歌劇専用のコーナーがあり、宝塚歌劇の冠協賛公演や貸切チケット情報なども載っています。

三井住友カード会員だけの「Vpassチケット」なども紹介されています。

このチケットサービスは、三井住友カード株式会社が発行しているAmazonカードでも問題なく使えるそうです。(公式さんに電話で確認しました。)

詳しくはこちらをご覧ください。

 

三井住友VISAカード株式会社は、他にもゴルフの「三井住友VISA太平洋マスターズ」なども主催したりしている所も、文化の発展に寄与しようとしている三井住友カードならではで、とっても良い所だなと思います。

 

▼公式:Amazonカード 公式サイト

Amazonマスターカード

 

 

14.Amazonカードは、即時発行できる。

Amazonカード」は、通常、ほぼ3営業日〜3週間程度で審査が終わり、審査に通ればクレジットカードがお家に郵便書留で届きます。

が、無料の即時審査サービスを利用すると、必要事項を入力してから最短3分程度で、上限30,000円まで利用可能なテンポラリーカードの番号が発番されます。

そのテンポラリーカード番号で、Amazonでのお買い物が即日可能です。

 

ただし、「即時審査サービス」には、以下の利用条件があります。

 

即時審査サービスで発行された、Amazonテンポラリーカード番号に関する注意点は下記になります。

  • 即時審査サービスでお申し込みの場合は、即時審査の後に正式な審査があります。
  • 正式な審査に通らない場合がまれにあり、その場合は、テンポラリーカードの番号は無効化されます。
  • それまでにテンポラリーカードでのご利用があった場合には、お申し込みの際にご指定いただいたお支払い口座からご利用代金を引き落とします。
  • Amazonギフト券のご注文には、Amazonテンポラリーカードはご利用いただけません。
  • テンポラリーカードは、一括払いのみのご利用となります。分割払い・リボ払いはご利用いただけません。

 

即時審査サービス対象外の場合には、通常審査サービスのご利用で最短3営業日から3週間程度の審査が必要となります。

 

詳しくは、こちらをご覧ください。

 

▼公式:Amazonカード 公式サイト

Amazonマスターカード

 

 

15.Amazonカードは、発行元の三井住友カード株式会社が、日本のカード会社老舗であるため安心感・信頼感があり、ブランドイメージもよく、堅実なイメージがある。

三井住友VISAカード

メリット・おすすめポイントの最後になりますが、最後、これ結構重要なことだと思っていますので紹介させていただきます。

実は、Amazonカードを発行している三井住友カード株式会社さんは、世界中で多くのお客様に選ばれている「VISA」カードを、日本で初めて発行し普及させた会社さんなんです。

老舗中の老舗です。

 

  • 1967年12月に、三井住友カードの前身である株式会社住友クレジットサービス設立。
  • 1980年2月に、日本初の「VISA」カードとして国内外共通「住友VISAカード」を発行。
  • 1980年5月に、全国的なVISAの普及を目指してBC(ブラザーカンパニー)作りに注力するため、ビザ・ジャパン株式会社を設立。

 

老舗ということで、三井住友カード株式会社さんは、安心感や信頼感も高く、ブランドイメージも良い傾向があります。

Amazonカード自体はAmazonMasterカードなのですが、発行している三井住友カード株式会社自体が堅実であるというのも、隠れたおすすめポイントだと思います。

 

▼公式:Amazonカード 公式サイト

Amazonマスターカード

 

 

以上が、Amazonカードのメリット・おすすめポイントです!次は、デメリット・注意点になります!

 

 

スポンサーリンク

Amazonカードのデメリット・注意点

Amazonカードのデメリット・注意点

1.Amazonポイントしか使えない。
2.年会費がかかる。
3.リボ払い「マイペイすリボ」推し。
4.ショッピング保険(お買い物安心保険)を適用させるには、リボ払い・分割3回以上払いが必要。
5.三井住友カードのワールドポイントプレゼントのサービスが使えない。

 

1.Amazonポイントしか使えない。

AmazonカードがAmazonポイントしか使えないのは、メリットであり、デメリットであると思います。

良くも悪くも、Amazonに特化したクレジットカードなので、Amazonを使っていない方にはおすすめしづらいのも事実です。

 

普段からAmazonをお使いの方は、他社のクレジットカードのようにポイントの交換の手間が全く無いので本当に楽です。

めんどくさいからクレジットカード1枚で良いよ、という方は、「Amazon Mastercardゴールド」を作って、外のお店でもインターネットショッピングでも普段はそれを使って、コンビニなどではiDカードでかざすだけ決済を使って、勝手に貯まったポイントは全部Amazonで使う、というのが一番簡単で楽で手間のかからないベストなクレジットカードの使い方だと思います。

 

 

2.年会費がかかる。

上記メリットのところにも書いておりましたが、Amazonカードは年会費が永年無料ではありません。

もう少し詳しく解説いたします。

加えて、「マイペイすリボ」を手数料無料にするやり方や、WEB明細のやり方も合わせて書いておきますので、参考にしてみてくださいね。

 

Amazon Mastercardクラシックの年会費

まず、「Amazon Mastercardクラシック」は、

  • 初年度年会費無料。
  • 2年目以降は、年1回以上のカード利用で年会費が無料。

です。

年1回利用というのは、Amazonでも、Amazon以外でもOKです。

 

Amazon Mastercardゴールドの年会費

Amazon Mastercardゴールド」は、

  • 初年度も2年目以降も、ずっと年会費10,800円。
  • 初年度も2年目以降も、「マイ・ペイすリボ」登録で5,400円割引きになり、年会費が5,400円になる。
  • 2年目以降から「カードご利用代金WEB明細書サービス」+「過去1年間に6回以上の請求回数」で1,080円割引となり、2年目以降の年会費は4,320円になる。
  • 加えて、AmazonマスターカードゴールドはAmazonPrimeの年会費4,900円が無料なので、初年度年会費は実質500円、2年目以降は実質0円無料と考えることもできる。

です。

 

1.前年1回以上、クレジットカードを利用する。

まず、前年に1回以上利用すると、翌年の年会費が無料になったり、一つの条件をクリアできたりします。

クレジットカードを持つということになれば、自然と年に1回ぐらいは使うかなと思いますので、これは是非ともクリアしたい所です。

 

2.WEB明細+過去1年間で6請求で年会費1,080円割引になる。

三井住友VISAカードのWEB明細

WEB明細にするデメリットは、あまりないかなと思いますので、ぜひ。

最大過去15ヵ月分の明細が見られます。

上記のように印刷用ページもあり、CSV形式でダウンロード保存(確定分とみ確定分のみ)できます。

どうしても、紙の請求書が欲しい方以外は、WEB明細書にしてしまったほうが年会費の割引もあるので、おすすめです。

 

ただ、WEB明細にすることで年会費1,080円にする事ができますが、同時に、過去1年間(最大12回請求)で6回以上請求が無いと条件をクリアできません。

  1. WEB明細にする。(Vpassよりお申込み出来ます。)
  2. 過去1年間(最大12回)の内、6回以上の請求がある。
  3. 1と2の条件をクリアすると、年会費1,080円の割引になる。

ということになります。

 

1年間で6ヶ月、何かの請求が無いと条件をクリアできないのですが、これは、ざっくり言いますと、携帯料金とか、電気ガス水道とか、そういう毎月引き落としがあるやつを理想としているのだと思います。

が、そうじゃなくても、12回の内6回は請求があれば良いので、だいたいでほぼ毎月、何か買い物的なものがあれば条件はクリアできるかな、と思います。

 

3.「マイ・ペイすリボ」に登録する

「マイ・ペイすリボ」に登録すると、2年目の年会費が大幅割引になります。

三井住友カードの「マイ・ペイすリボ」【三井住友カード公式】

 

マイ・ペイすリボ」というのは、自動リボ払いの名前です。

詳しくはこちらをご確認ください。

 

お支払を「マイ・ペイすリボ」に設定すると、街のお店で使っても、インターネットショッピングで使っても、なんでも、1回払いのものは、事前に決めておいた設定金額を超えたら全て自動的にリボ払いになります。

例えば、5,000円と決めたら月5,000円以上使っても、20,000円とか50,000円とか使っても、「毎月5,000円+手数料」ずつ払う、というお支払い方法になります。

 

「マイ・ペイすリボ」のようなリボ払いは、設定金額を超えた分に、毎月手数料がかかりますので、結果的に年会費を無料にできてもその手数料の分だけ損をする可能性があります。

『リボ払いに注意!』とよく言われている要因はこの、毎月手数料を取られるから、というのが大きいです。

 

「マイ・ペイすリボ」でも手数料を取られない方法がある。

しかし、「マイ・ペイすリボ」に関しては、毎月手数料を取られない方法があります。

その方法というのはとっても単純で、

  • リボ払いの設定金額を、上限限度額(ご利用可能額)最大にする!

です。

これで「マイ・ペイすリボ」に登録して年会費を無料もしくは大幅割引にしても、リボ払いの手数料を取られない設定にすることが出来ます。

 

これは、違法行為やグレーな方法では全くなく、正式に認められている方法なので全く問題ありません。

こちらのSMBC三井住友カードさん公式のコラムでも、「マイ・ペイすリボでは全額お支払いなら金利手数料は発生しません」と紹介されています。

 

多くの方も同じやり方で、年会費を無料にしています。

そして、私も同じやり方で年会費を無料にしています。

 

下記にその方法・設定の流れを書いておきます。

  1. カードが届いたら「Vpass」に入る。
  2. 上限限度額(ご利用可能額)を確認する。
  3. Vpass内「マイ・ペイすリボお支払い金額変更」から【増額を申し込む】を押す。
  4. 増額記入欄に、上限限度額を入力してOKを押す。
  5. リボ払いの金額が、上限限度額まで増額され、リボ払い手数料を取られなくなる。

 

下記に、図入りで分かりやすく説明いたします。

簡単なので、ぜひ、やってみてください。

 

「マイ・ペイすリボ」でも手数料を取られず、年会費無料にする設定その1:カードが届いたら「Vpass」に入る

Vpass(ブイパス)」というのは、三井住友VISAカードを作った人が全員入る、三井住友カードの公式会員サイトです。

いろいろな設定変更や、明細、住所変更などの各種お手続きなどが出来ます。

こちらの「Vpass(ブイパス)」から入って下さい。

一番最初だけ、登録が必要です。

 

「マイ・ペイすリボ」でも手数料を取られず、年会費無料にする設定その2:上限限度額(ご利用可能額)を確認する。

三井住友VISAカードご利用可能額紹介

Vpass(ブイパス)」内に入ると上記のような画面になります。

そこの【ご利用可能額を確認する】を押します。

 

三井住友VISAカードご利用可能額紹介

上記のような「ご利用可能額照会」の画面になりますので、【内リボ払い】のご利用可能額を確認します。

この場合だと【120万円】ということになります。

 

「マイ・ペイすリボ」でも手数料を取られず、年会費無料にする設定その3:Vpass内の「マイ・ペイすリボお支払い金額変更」から【増額を申し込む】を押す。

三井住友VISAカード・マイペイすリボ

次に、メニューの「リボ払い&キャッシング」から、【マイ・ペイすリボ】のボタンを押し『マイ・ペイすリボ』ページに行きます。

 

三井住友VISAカード・マイペイすリボ

マイ・ペイすリボ』ページの下の方に上記のような画面があります。

まず、上は申し込みがまだの方の為の「マイ・ペイすリボのお申し込み」です。

ほとんどの方はお申し込み済みだと思いますので、「マイ・ペイすリボお支払い金額変更」を押します。

 

三井住友VISAカード・マイ・ペイすリボお支払い金額変更

上記のような画面になりますので、【増額を申し込む】を押します。

 

三井住友VISAカード・マイ・ペイすリボのお支払い金額増額申込

次に、この画面になりますので、上下の下の方の○を選んで次へ進みます。

これは、次だけじゃなく、以降ずっと増額のままにするという設定です。

 

「マイ・ペイすリボ」でも手数料を取られず、年会費無料にする設定その4:増額記入欄に、上限限度額を入力してOKを押す。

三井住友VISAカード・マイ・ペイすリボお支払い金額変更お申し込み

次の画面の、「お支払コースのご変更」の元金定額コースの所に、最初に確認した「ご利用可能額」を入力して「確認する」を押します。

ここでは【120万円】です。

 

三井住友VISAカード・マイ・ペイすリボお支払い金額変更お申し込み

次の画面でお申し込み内容を確認して、「申し込む」を押すと申し込み完了となり、手続きが完了するとWEBとメールで連絡がきて、設定が完了します。

 

「マイ・ペイすリボ」でも手数料を取られず、年会費無料にする設定その5:リボ払いの金額が、上限限度額まで増額され、リボ払い手数料を取られなくなる。

以上の設定にて、毎月120万円以上使わない限りは(上限限度額(ご利用可能額の上限)が120万円なので絶対使えませんが)、常時1回払いになり、リボ払い手数料を取られる心配がありません。

私の場合は120万円でしたが、それぞれ100万円や80万円、50万円の事があると思いますので、皆様のご利用可能額の上限金額で設定しましょう。

 

私も全く同じ方法でやっていますので、皆様もこの方法で年会費を無料、または大幅に割引しましょう。

 

 

3.リボ払い「マイペイすリボ」推し。

Amazonカードの発行元である三井住友カードさんは、上記「マイペイすリボ」というリボ払いを使って欲しいんだなあ、と強く感じるのは事実です。

と言いますか、クレジットカード会社さんも商売なので、経済活動として、三井住友カード株式会社さんに限らずその多くがリボ払いや分割払い、キャッシング、カードローンを推しているのはある意味では当然だとも思います。

 

リボ払いも便利に使えば安心ですが、慣れていない場合はリボ払いにはしないほうが無難です。

年会費を無料にする際も、必ず、上で説明させていただいたように、まずは上限限度額(ご利用可能額)の上限いっぱいの設定にしてください。

 

クレジットカードはとても便利で素晴らしいですが、借金をしているという側面がありますので、特にリボ払いや分割払いに関しては十分に注意してください。

 

と言いましても、私は結構リボ払いや分割払いも使っています。

しかし、使う時は絶対に後日、お金を払える算段が付いている状態で、先に商品を手に入れる必要があり、時間を買う感覚でのみリボ払い、分割払いを使っています。

私は、時間を買う以外での、リボ払い、分割払いは推奨いたしません。

 

これは逆に言いますと、私は、時間を買うというような、自分の行動に対し明確な理由があり、リスクを取ってでも必要な覚悟があることなら、リボ払いも分割払いもキャッシングもカードローンもOKだという考えです

 

私は、注意が必要だから一切使わないほうが良いという方針ではなく、何でも自分で考えて失敗してもいいから上手に使って欲しいと考える派です。

せっかくのクレジットカードです。

上手に使って、生活に潤いを与え、人生を楽しみましょう。

 

とにかく、きちんと返済し続けることで、クレジットカードヒストリーは高まって行きますので、必ず、無理の無い範囲で使うようにしましょう。

お支払いができなくなるのだけは、本当に、本末転倒です。

無理の無い範囲で使う分には、クレジットカードはすごく便利なキャッシュレッス決済の王道ですので、必ずや日々の生活の頼もしい味方になってくれる事と思います。

 

 

4.ショッピング保険(お買い物安心保険)を適用させるには、リボ払い・分割3回以上払いが必要。

ゴールドカードではないクラシックカードの場合、ショッピング保険(お買い物安心保険)を適用させるには、リボ払い・分割3回以上払いが必要です。

  • マイペイすリボ:ショッピング保険適用
  • 分割3回払い以上:ショッピング保険適用
  • 1回払い2回払い:ショッピング保険適用されず

 

と、言いましても、私は運が良かったのか、クレジットカードを数十年使っていますが、まだ一回もショッピング保険を使ったことがありません。

多分、使ったとしても数年に1回程度だと思いますが、どうしても必要であれば、ゴールドカードを作ってしまうのがベストだと思います。

 

 

5.三井住友カードのワールドポイントプレゼントのサービスが使えない。

Amazonカードは三井住友カード株式会社さん提携のクレジットカードですが、ポイントサイトがAmazonポイントなので、三井住友カードさんのポイントサイトサービス「ワールドプレゼントのポイント」のサービスが使えません。

 

具体的には、「Vpass内のポイント確認・交換」や、

AmazonカードVpass共通エラー

 

 

ポイントアップモール」や、

AmazonカードでポイントUPモール

 

 

ココイコ!」などがそれに当たります。

Amazonカードでココイコ

中でも、ココイコ!はとっても良いサービスだと感じておりますので、別途、三井住友VISAカードを作って体験したいと思います。

 

▼公式:Amazonカード 公式サイト

Amazonマスターカード

 

 

以上、デメリット・注意点でした。次は、AmazonクラシックカードとAmazonゴールドカードの違いについて、簡単にまとめておきたいと思います。

 

 

スポンサーリンク

AmazonクラシックカードとAmazonゴールドカードの違い

Amazon MastercardクラシックとAmazon Mastercardゴールドの違い

Amazonカードには、

の2種類あります。

下記に違いを表にしました。

 

AmazonクラシックカードとAmazonゴールドカード、どちらが良いのでしょうか?

内容Amazon
マスターカード
クラシック
AmazonMastercardクラシック
Amazon
マスターカード
ゴールド
AmazonMastercardゴールド
初年度年会費無料10,800円
マイペイすリボ
で5,400円
2年目以降年会費1,350円
前年1回以上利用
で無料
10,800円
マイペイすリボ
WEB明細
過去1年6回以上請求
で4.320円
Amazon Prime4,900円無料
発行対象18歳以上
(高校生除く)
20歳以上
旅行損害保険なし海外最高5,000万円
国内最高5,000万円
お買い物安心保険100万円300万円
空港ラウンジなし全国主要ラウンジ
無料
電子マネーiDカード
無料発行可能
iDカード
無料発行可能
ETCカード年会費540円
初年度無料
2年目以降は
前年1回以上利用
で無料
年会費540円
初年度無料
2年目以降は
前年1回以上利用
で無料
家族カード年会費無料
3枚まで申込可能
年会費無料
3枚まで申込可能
Amazon
でのお買い物
ポイント還元率
プライム会員以外1.5%
プライム会員2%
2.5%
Amazon以外
でのお買い物
ポイント還元率
1%1%

 

AmazonPrime会員なら、Amazonゴールドカードがベストです。

Amazonマスターカードゴールド

Amazonを結構使っておられる方で、クラシックとゴールドを迷ったら、ゴールドがベストだと私は判断しています。

まず、Amazon Prime会員の方は、上記しました「マイペイすリボ」設定することが絶対条件で、迷わず「Amazon Mastercardゴールド」がベスト一択になります。

2年目以降の年会費が実質無料と考えられますし、Amazonでのポイント還元率も2.5%です。

 

たまにしかAmazonを使わない方は、Amazonクラシックカードもアリです。

Amazonマスターカードクラシック

難しいのは、Amazon Primeが必要ない方です。

Amazonはたまに使うけど、普段からそんなにお買い物をされない方。

そういう方は、「Amazon Mastercardクラシック」でも年1回だけ使えば、年会費がずっと無料になるし、ポイントも勝手に反映されて、シンプルで分かりやすく便利ですので、おすすめです。

 

Amazon Primeが必要なく、たまにAmazonでお買い物をしたり、外でたまにクレジットカードを使ったりする方には、即反映されるAmazonポイントがシンプルで、何も考えずに使いやすいので、「Amazon Mastercardクラシック」1枚だけ持つ、という方法はアリだと私は思います。

その為、Amazonもクレジットカードもたまに使うぐらいかな、という方には、私は「Amazon Mastercardクラシック」をオススメしています。

で、もう少し使うようになった場合には、「Amazon Mastercardゴールド」に切り替えられるので、使い勝手も分かっているし、安心かなと思います。

 

ただし、ポイントに一手間かけられるなら、他のカードも選択肢に入ってきます。

ただし、39歳以下の方は「JCB CARD W/JCB CARD W plus L」、40歳以上の方は「Orico Card THE POINT」の方がAmazonでのお買い物の還元率が良く、別の部分での使い勝手が良いのも事実です。

が、その2枚は、ポイントがAmazonポイントのように即反映される訳では無く、変換といいますか、交換といいますか、とても簡単なのですが、実際にお金として使うために一回だけネットで別のものに交換する一手間があります。

それなら、Amazonポイントが手間なく即反映される「Amazon Mastercardクラシック」や、楽天スーパーポイントが手間なく即反映される「楽天カード」の方がよい方もいるだろう、ということになります。

 

もし、ご興味があれば、下記にわかりやすく解説しておりますので、見てみてくださいね。

 

AmazonクラシックカードとAmazonゴールドカードのどちらが良いかの結論

というわけで、AmazonPrimeを使われる方は、年会費割引を適用させることを絶対条件に、迷わず「Amazon Mastercardゴールド」一択です。

加えて「iDカード」を無料発行してiDも使って少額決済でもAmazonポイントを貯めて、勝手に自分のアカウントにAmazonポイントが貯まっていくので、Amazonのお買い物でそのAmazonポイントを簡単便利に使っていくのが、一番ベストな使い方です。

 

一方で、Amazonはたまに使うけど、Amazon Primeは使わない方で、ポイントとかも簡単な方が良い方は、「Amazon Mastercardクラシック」がベストです。

ゴールドとクラシックの境目は、Amazon Primeを使うか使わないかと、毎月1回ぐらいの頻度でAmazonでお買い物をするか否か、で考えていただければ良いかなと思います。

 

Amazonは使うけど、Amazon Primeは使わない方で、ポイントの一手間があっても良い方は、Amazonクラシックカードよりもポイント還元率が良いので、39歳以下の方は「JCB CARD W/JCB CARD W plus L」、40歳以上の方は「Orico Card THE POINT」が良いと思います。

 

別途、どちらかと言うと、Amazonよりも楽天を多くお使いの方は「楽天カード」がベストになります。

 

▼公式:Amazonカード 公式サイト

Amazonマスターカード

 

 

以上、Amazonマスターカードクラシックと、Amazonマスターカードゴールドの違いでした。次は、Amazonカードの審査全般について書いておきたいと思います。

 

 

スポンサーリンク

Amazonカードの審査について

Amazonカード審査について

Amazonカード」の審査全般について書いていきたいと思います。

カード会社は全ての審査情報・審査確認・審査結果を開示している訳ではありませんので、どうしても、推測や経験則からの情報が含まれます。

皆さまの信用情報やクレジットカードヒストリー(クレヒス)なども多岐に渡り、全ての方に当てはまるかどうか不明な部分が多いですので、参考情報として捉えて頂き、お申し込みをされる際にお役に立てて頂ければと思います。

 

Amazonカードの審査難易度

内容概要備考
審査収入がある方無収入でなければ
審査対象と思われる
審査期間即日〜
3週間程度
即日審査サービスがある
通常2,3日で結果分かる
カード発行
スピード
発行日数
最短3営業日
通常、審査から
計3週間程度
でカード到着
本人確認運転免許証
パスポート
健康保険証等
審査時
本人確認の為
電話連絡あり
会社へ
在籍確認
有る場合も
無い場合もある
勤続年数短い
住居年数短い
以前問題ある等は
有る可能性増える
審査基準銀行系の為
やや厳しい
と思われる
厳しさは
銀行系>信販系>流通系
の順
必要年収数十万円〜
程度と思われる
(安定性重視)
アルバイト・パート
フリーター・主婦
も審査対象と思われる

一番最初の表の審査の部分だけを抜き出したものです。

Amazonカード」の審査の難易度については、やや厳しいぐらいだと思われます。

根拠としては、審査の厳しさとして『銀行系>信販系>流通系』が言われており、「Amazonカード」はSMBC系列の銀行系、三井住友カード株式会社のクレジットカードである事からです。

 

Amazonカードの審査難易度・所属別推測

所属
カテゴリー
推測
難易度
備考
会社員勤続年数による
居住年数による
契約社員勤続年数による
居住年数による
フリーター収入額による
勤続年数による
居住年数による
アルバイト収入額による
勤続年数による
居住年数による
パート収入額による
勤続年数による
居住年数による
主婦
(旦那さん会社員)
家族カードあり
正会員の収入等による
学生
大学生
収入が必要
勤続年数による
居住年数による
個人事業主収入による
資産・貯蓄額による
年金受給者×収入が必要
資産・貯蓄額による
無職×収入が必要
資産・貯蓄額による

※全て、情報・口コミ・経験則等からの推測になります。

 

Amazonカード」は、18歳以上(高校生不可)がお申し込みできます。未成年は親の同意書が必要です。

ゴールドカードは、20歳以上です。

 

Amazonカードは三井住友カードの株式会社が提携発行しているクレジットカードなので、SMBC系は銀行系ですので、審査はやや厳しいぐらいであると考えられます。

Amazonカードの審査基準は甘いよ、という口コミはあまり見られず、やはり銀行系の厳しさがあるような感じがいたします。

 

Amazonゴールドカードはさらに厳しい審査があると思われますが、私は契約社員時代でもAmazonゴールドカードの審査に通っていますので、必ずしも会社員じゃ無いとダメだということは無いと思われます。

 

正社員に限らず、契約社員や派遣社員、フリーター、アルバイトやパートでもお申し込みできます。

専業主婦の方は個人名義で難しい場合でも、旦那さんの家族カードとしてなら発行可能だと思われます。

 

会社員や正社員の方は雇用契約に守られており、解雇規制がある事も含め、簡単には仕事を止めることは出来ない傾向が強いので、継続的にお支払い可能・返済可能と判断され、審査に通りやすくなります。

契約社員や派遣社員、フリーター、アルバイトやパートの方は、ある程度の年収、勤続年数や居住年数が必要であると考えられます。

 

年金受給者や個人事業主の方は、貯蓄額や資産額で難易度が左右されると考えられます。

無職の方でも何らかの収入を作れば、個人事業主として申し込む事は可能だと思いますが、やはり収入がなければ厳しいと思われ、同じように貯蓄額や資産額で難易度が左右されると考えられます。

 

収入額自体よりも、安定性がより重視されるようです。

収入額自体よりも、安定性が担保されているほうがよい傾向が見受けられます。

 

勤続年数、居住年数なども、5年以上あればかなりベストな状態だと思われますが、半年〜1年程度でもOKな場合があるようです。

少し違いますが、家を借りる際の賃貸の保証人でも勤続年数がかなり効いてくる傾向があります。

そのため、勤続年数や居住年数は長ければ長いほうが安定感や信用度、信頼度が上がり、返済をきちんとしてくれそうだ、という根拠にもつながるため、審査にも通りやすくなります。

 

私の審査経験談。

私は「Amazon Mastercardゴールド」を持っています。

Amazonカードは、三井住友カード株式会社のクレジットカードですので、審査も三井住友カード株式会社が行います。

 

居住年数3年、勤続年数3年目程度の契約社員の時にお申し込みし、無事審査に通り、Amazonゴールドカードを作る事が出来ました。

 

土日や祝日でも申し込みの受付をしているので、その際、確か、土曜日に申し込みをしました。

審査自体は土日や祝日は行われているのか、いないのか、この辺りも詳細は不明です。

即日審査サービスは、土日祝でも可能なようです。

 

私の場合、在籍確認はなかったです。

その際、申し込み後すぐに本人確認の電話はありましたが、その他、会社への在籍確認などは一切ありませんでした。

キャッシングは、10万円でお申し込みしたと思います。

 

そのような自分の経験から、契約社員でも継続的に安定的な収入があるならクレジットカードを作る事が出来るんじゃないか、というのは確認できています。

 

その後、クレジットカード普通に使って返済やお支払いをちゃんとし続けていると、順調に良いクレジットカードヒストリーを重ねることができますので、ショッピング枠120万円、キャッシング枠10万円とかまでアップされて行きます。

 

ただ最初は、キャッシング枠0円でお申し込みするのがおすすめです。

上記表の【△】の印をつけた所属の方でも、キャッシング枠を0円にしてお申し込みすると、審査に通る可能性がグンと上がる傾向が見受けられます。

これは、「Amazonカード」は、キャッシングが『保証人不要・無担保』であるため、どうしても、良いクレジットカードヒストリーや会社の従業員としての安定的な信用が必要になるためです。

 

従って、最初はキャッシング枠を0円でお申し込みし、カードを作った後、きちんと返済し続け、良いクレジットカードヒストリーを重ねて信用を積み重ねて行くのがベストです。

そうこうしている内に、クレジットカード会社からキャッシング枠や、ショッピング枠の増額などの提案があったりする流れになると思います。

 

Amazonカードの審査に落ちた所属・カテゴリー

推測になりますが、審査落ちしたり、審査に通らない要因として、SMBC系・銀行系だけではなく、多くのクレジットカードで下記が考えられます。

  • 無職である
  • 収入がない
  • 年収が一定より低い
  • 勤続年数が短い
  • 居住年数が短い
  • 収入が安定していない
  • 個人事業主や年金受給者などの(仕事先が無い)場合で、貯蓄や資産が少ない
  • 過去にクレジットカードやローン等で信用を失っている。
  • クレジットカードヒストリー(クレヒス)に傷が付いている。
  • 過去に返済不能になった等。

 

クレジットカード会社は収入自体もそうですが、より安定性を重視する傾向があると考えられます。

フリーターやアルバイト、パートでもお申し込みOKであるのは、正社員の会社員よりも収入金額や年収が低くても、安定性という面で勤続年数や居住年数などから様々な事情を鑑みているからだと思われます。

正社員と同じように継続的な収入が見込まれて、生活も安定しているという印象を与えられるなら、信用度が上がり、審査にも通りやすくなります。

 

Amazonカードの審査結果までの期間は長い?遅い?

Amazonカード」は、審査後、何日で、いつ届くのでしょうか。

審査確認、審査期間、審査日数はどのくらいで届くのでしょうか。

カードが届くまでは時間がかかり、遅いのでしょうか。

 

Amazonカードには、即日審査サービスがあり、ひとまず3万円のテンポラリーカード番号が発行されますが、その後正式審査がなされます。

即日審査サービスには通ったけど、正式審査で落ちてしまう場合もあるようです。

 

通常審査は、最短3日営業日程度〜3週間程度でカード発行されるようですが、それぞれの審査状況もあり、やはり詳細は不明です。

審査は問題がなければ速いようで、通常2,3日で審査終了、本人確認の電話があった後、特に問題なければ発行され、合計で3週間程度でお家に郵便書留で郵送され、本人の元にクレジットカードが到着するものと考えられます。

 

クレジットカードの作り方は、「Amazonカード」からオンラインでお申し込みをして、審査後、発行されます。

お申し込みは、WEBからが便利です。

 

Amazonカードは、会社への在籍確認や本人確認はあるの?

会社などへの在籍確認は、あったりなかったりするようです。

私の場合は、数枚クレジットカードを持っていますが、全てにおいて、1回も在籍確認はありませんでした。

 

別途、本人確認の連絡は必ずあると思います。

私の場合は必ず、連絡先に書いた電話にかかってきました。

 

その際、必ず本人確認の電話には出てください。

本人確認の連絡が着かないと、審査が終わらずにカード発行が遅れてしまいます。

 

また、過去のクレジットカードヒストリーに何か問題があった場合等であれば、審査時間が手動になり、時間がかかる場合があるかも知れませんが、やはり、その辺りの詳細は不明です。

 

Amazonカードの増枠審査・増額審査について

Amazonカード」は、利用可能額の増枠・増額のお申し込みもする事ができます。

普通の増枠から、旅行などで次の月だけといった一時的な増枠も可能です。

  1. Vpass」にログイン
  2. トップ画面上部のメニューより「お支払について」から『カードご利用枠の引き上げ』をクリック
  3. 「インターネットからお申し込み」をクリック

よりお申し込みすればOKです。

 

お申し込み後、増枠の審査が行われ、1~2週間程度で書面等にて回答が来るそうです。

学生の方は、ご利用枠の上限は原則30万円となるそうです。

詳細はこちらから。

 

Amazonカードの2枚目・2枚持ち・デュアル発行について

Amazonカードは、クラシックとゴールドの2枚持ちはできないと思われますが、未確認です。

本家、三井住友カードの場合は「デュアル発行」という方法で、三井住友カードのVisaとMastercardの2枚を作ることができます。

その際、2枚目のクレジットカードの年会費は割引されます。

例えば、三井住友VISAクラシックカードの年会費は通常1,250円ですが、デュアル発行の場合2枚目の年会費は250円となります。

カード名VisaとMastercardを2枚
お申し込みの場合の
2枚目の年会費
本会員家族会員
5,000円無料
2,000円お1人目無料
お2人目から
1,000円
1,000円お1人目無料
お2人目から
1,000円
500円250円
お1人目は初年度無料
250円250円
お1人目は初年度無料
250円250円
お1人目は初年度無料
250円250円
お1人目は初年度
無料無料
250円250円
無料無料
250円125円
250円250円
無料無料
250円250円

 

上記のように、2枚目は年会費が割引になるので、VISAに加えてMasterも持ちたいという方は、本家の三井住友カードのVISA+Masterのデュアル発行もおすすめです。

 

あと、Amazonカードと何かの2枚持ちだったら、「Amazonカード」+「エポスカード」の2枚持ちがオススメです。

国際ブランドもMaster+VISAですので、海外でも国内でも使えない場所はほとんど無いと思います。

Visa付き「エポスカード」なら海外保険が自動付帯です。

出発前の届けや手続きは一切不要で、海外旅行にカードを持って行くだけで海外旅行保険が適用されますので、海外旅行をよくされる方に、かなりおすすめです。

 

 

Amazonカードのキャッシング枠の増額について

キャッシング枠の増額やキャッシング0円でお申し込みした後にキャッシング機能を付けたい時もお申し込みで増枠可能です。

  • 10万円~50万円まで(10万円単位)
  • 学生の方:5万円まで
  • 65~69歳の方:50万円まで
  • 70歳以上の方:10万円まで
  • 未成年の方(学生除く):30万円まで

年収の1/3まででのお申し込みがベストです。

「Vpass」内の『キャッシングリボ(国内)の設定・増枠のお申し込み』から、お申し込みできます。

審査に通れば、無事キャッシング枠が付いたり、キャッシング枠が増額されたりします。

詳細はこちらです。

 

Amazonカードのキャッシング減枠依頼・減額依頼・取り消し依頼について

反対に、利用可能額の減枠・減額、キャッシング枠の減枠・減額・引き下げは、クレジットラインデスクに連絡が必要です。

詳細はこちらです。

ただし一度、減枠・減額・取消してから、再度、増枠・増額・付帯する場合は無条件では無く、改めて、再審査が行われると思いますので注意してください。

 

Amazonカードの住所変更・名義変更について

Amazonカードの住所変更・名義変更は、インターネット上の「Vpass」から可能です。

詳しくはこちらです。

 

Amazonカードの解約・退会について

Amazonカードの解約・退会は、お電話から受付とのことです。

詳しくはこちらになります。

 

Amazonカードの審査総評

クレジットカード会社としても、色んな方に多く発行して、継続的に末長く使ってもらったほうが良いのは、自社の存続に直結している事からも間違いありません。

そのため、1回だけ高額に使って返せなくなる、みたいな状態が一番クレジットカード会社にとってダメージがあり良くないので、まずは低い金額で限度額を設定することで収入自体は少なくてもOKとして、継続的に収入があるか?生活は安定しているか?定期的に返済可能か?を最重要視しているものと考えられます。

 

以上のことから、最初はキャッシング枠を0円でお申し込みし、始めはショッピング枠も少ないかも知れませんが、そうすることで、クレジットカードの審査難易度を下げ、カード発行の可能性をあげる事はできるのではないかと考えられます。

 

▼公式:Amazonカード 公式サイト

Amazonマスターカード

 

 

以上、審査についてでした!次は、ポイントについて分かりやすく解説していきたいと思います!

 

 

スポンサーリンク

AmazonカードのAmazonポイントについて

Amazonカードのポイントの名前は、「Amazonポイント」と言います。

ここまでいくつか見てきましたが、ここで改めて「Amazonポイント」に付いてテンポよくまとめておきたいと思います。

内容概要備考
ポイント100円
1ポイント
1ポイント
何円
1ポイント
1円相当
ポイント
還元率
1%Amazonでは
1.5%〜2.5%
ポイント
有効期限
1年間最終購入日もしくは
最終ポイント獲得日
のいずれか
遅い日から1年間
ポイントが
使える場所
Amazonのみ

 

AmazonカードのAmazonポイントはとてもシンプルな仕組みです。

Amazonカードを使うと基本的に1%、Amazonでは1.5%〜2.5%貯めることができ、それをAmazonで1ポイント1円から使うことができます。

 

なので、ポイントの使い残しも取りこぼしも無いので、ポイントについてあまり深く考えたく無い方などにも、簡単にAmazonポイントを貯めることができ、とてもおすすめのクレジットカードです。

他社のポイントサイトのように、変更や交換をしてポイントを使ったり貯めたりするものではなくて、Amazonのみで使うだけなので本当にシンプルです。

 

Amazonポイントアプリはあるの?

Amazonポイントアプリ

Amazonポイントアプリという専用のものはなく、Amazonショッピングアプリからポイント残高の確認など全てが分かります。

ポイント確認はアマゾンアプリから、トップ→左上のメニューの「アカウントサービス」→「Amazonポイント残高の確認」で、確認可能です。

他にも、ギフト券を登録したり、定期おトク便を変更したり、色々出来ますので、Amazonをお使いならとても便利なアプリです。

詳細は、こちらです。

 

Amazonポイントが使えないものは?

Amazonポイントは、

  • Amazonギフト券
  • Amazonフレッシュ
  • Amazonコイン
  • デジタルコンテンツ商品(Kindle本を除く)

のお支払いには使えません。

 

Amazonポイントが貯まらないものは?

Amazonポイントがたまらないものは、下記です。

  • キャッシングリボのご利用分
  • 海外キャッシュサービスのご利用分
  • リボ払い・分割払い手数料
  • カード年会費
  • 一部の保険料(国民年金保険料など)
  • 電子マネーチャージなど(Suicaやnanacoへのチャージなど)の特定の費用、および特定の加盟店でのご利用

では、貯まりません。

詳しくは、こちらをご覧ください。

 

Amazonポイントの有効期限は1年。

Amazonポイントの有効期限は、1年です。

ただし、最終購入日もしくは、最終ポイント獲得日のいずれか遅い日から1年間ですので、使っているうちはほとんど、Amazonポイントの有効期限切れになることは無いと思います。

 

Amazonポイントの付与タイミング

入会特典ポイントは、いつ貰えるの?

  • 正式なカード発行の翌営業日に、お申し込みの際にログインしたアカウントに加算されます。即時審査サービスを利用した場合は、Amazonテンポラリーカード発行時点では加算されませんのでご注意ください。

 

Amazon.co.jpの利用では、いつポイントが貰えるの?

  • 商品の発送後に、ご利用の際にサインインしたアカウントに加算されます。
  • デジタルコンテンツのダウンロード商品をご購入の場合は、ダウンロード完了日に加算されます。
  • Amazonフレッシュの商品をご購入の場合は、週ごとに加算されます。

 

Amazon.co.jp以外の利用では、いつポイントが貰えるの?

  • ご利用の翌月15日までに、カードお申し込みの際にサインインしたアカウントに加算されます。
  • 家族カードでの利用分のポイントは、本会員のアカウントに集約されて加算されます。

です。

詳細はこちらをご確認ください。

 

Amazonカード「Amazonポイント」の総評

というわけで、Amazonカードの「Amazonポイント」について見てきました。

AmazonカードのAmazonポイントはAmazonでしか使えませんが、そのシンプルさこそが最大の強みだと思います。

Amazonをお使いの方はもちろん、ポイントの移動や交換、変換などがめんどくさい方などにも、Amazonポイントはオススメのポイント制度だと思います。

 

▼公式:Amazonカード 公式サイト

Amazonマスターカード

 

 

以上、Amazonポイントについてでした!次は、Amazonカードの明細について、簡単にまとめておきたいと思います。

 

 

スポンサーリンク

Amazonカードの明細について。明細はどこで見れるの?

【Vpassアプリ】毎日のキャッシュレス生活を快適に【三井住友カード公式】

Amazonカードには、「Vpass(ブイパス)」と呼ばれる、発行元の三井住友カードと同じ会員サイトにログインすることで、いつでも簡単に明細などを確認することが出来ます。

 

Vpassにはアプリもありますので、iPhoneやAndroidスマートフォンからも簡単に明細を確認することが出来ます。

AmazonカードVpassアプリ

 

実際のVpassアプリの画面です。

AmazonカードのVpassアプリ

上記写真の「明細を確認する」という所から詳しい明細を確認することも出来ます。

 

Amazonカードの明細書発行は、郵送でもWEB明細書でも可能です!

Amazonカードの明細書は最初は紙の明細書が送られてきますが、年会費を安くする為などに、WEB明細にされる方も多いかと思います。

私も、紙の明細書を捨てるのがめんどくさいことと、エコロジー的な観点からも、WEB明細書にしております。

WEB明細書サービスに変更するのは、Vpass内の「カードご利用代金WEB明細書サービス」から可能です。

 

 

以上、Amazonカードの明細についてでした!次は、Amazonカードのデザインについてです。

 

 

スポンサーリンク

Amazonカードのデザイン

AmazonマスターカードクラシックAmazonマスターカードゴールド

Amazonクラシックカードは、段ボールみたいなデザインです。

Amazonゴールドカードは、その名の通りゴールドに輝いています。

 

巷では、『Amazonカードは、あまりデザインがよろしく無い、、』というお声もちらほらお聞きしますが、、笑

私は結構このデザインが好きです。

 

私自身は、お店で出しても恥ずかしく無いですが、気になる方はApple Payにするか、iDカードがあると、このクレジットカード自体は財布の中にでも入れておけばOKで、あまり表に出す機会が無いと思いますので、その点は良いかなと思います。

実際持ってみると、愛着が湧いてくる良いデザインだと私は思います。

 

あ、でも、もう1種類ぐらい、Amazonの特徴の笑顔を前面に押し出した感じの、めちゃくちゃ可愛いデザインのAmazonカードがあっても良いかもしれませんね。

 

▼公式:Amazonカード 公式サイト

Amazonマスターカード

 

 

以上、Amazonカードのデザインでした!では次に、クラシックカードから、ゴールドカードへの切り替え方法と、注意点をまとめておきます。

 

 

スポンサーリンク

AmazonクラシックカードからAmazonゴールドカードへの切り替え方法と、注意点

Amazon Mastercardゴールドへの切替えるアップグレード

 

Amazonクラシックカードには、お申し込みで入会ポイント5000ポイントがもらえるプレゼントがあります。

Amazonゴールドカードにはそのポイントプレゼントが無いので、まず、クラシックカードに申し込んでから入会ポイント5,000ポイントをもらって、ゴールドカードにランクアップする、という方法をとる方も多いようです。

昔は、2000ポイントの時や、8000ポイント、9000ポイントもあったよ、というような噂もありますが、今は、入会ポイントは5000ポイントに固定され、たまにゴールドカード入会ポイントが7000ポイントの時があるようです。

 

うまくやらないとゴールドカードに移るときに「マイペイす・リボ」が設定されておらず、年会費が5,400円ではなく、10,800円になってしまうようです。

私自身はすぐ必要だったため、いきなりゴールドカードにお申し込みしましたので、新規申し込み画面で「マイペイす・リボ」に同時申し込みし、無事、年会費を5,400円にすることができましたが、クラシックカードをすっ飛ばしたため、入会ポイントの5,000ポイントはもらっていません。

 

いろいろ調べてみましたが、多分、総合的にベストだと思われるやり方を下記に順番に書いておきます。

但し不明点が多く、完璧にクラシックカードからゴールドカードに何の取りこぼしもなく切り替えできるかどうかわかりませんので、参考程度に考えていただき、注意してくださいね。

それから、クラシックカードからゴールドカードへ変更すると、カード番号が変わる、という情報もありました。

その点から、めんどくさい人は、いきなりゴールドカードでも良いかもしれません。

 

もし、クラシックからゴールドへ切り替えアップグレードされる方がいらっしゃいましたら、他にもゆっくり調べてみてくださいね。

 

AmazonクラシックカードからAmazonゴールドカードへの切り替え方法

  1. Amazon Mastercardクラシック」からAmazonクラシックカードをお申し込みするときに、「マイペイす・リボ」を3万円枠で同時に申し込む。
  2. 審査に通ると、クラシックカードが届く。
  3. Vpassで「カードご利用代金WEB明細書サービス」を申し込む。
  4. Vpassで「マイ・ペイすリボお支払い金額変更」を限度額上限(人それぞれ30万円〜100万円ぐらい?)に設定する。
  5. 5,000ポイントをもらえたか「マイポイント」から確認する。(何故か2,000ポイント?の場合もあるようです。)
  6. 月1回クラシックカードを使って、計6回以上(6ヶ月以上)の請求がされるまで待つ。請求金額は少額でも請求があれば回数にカウントされるのでOK。年会費割引の為と、良いクレジットカードヒストリーを積む目的もあるので、普通に使って支払い遅れの無いようにちゃんとお支払いもしましょう。
  7. 6回以上請求があった後、Vpassの「カードの種類を切替える」からAmazonゴールドカードへの切り替え申し込みをする。
  8. 多分、「マイペイす・リボ」を同時に申し込むボタンはないので、そのまま申し込む。
  9. 審査に通ると、ゴールドカードが届く。
  10. ゴールドカードが届いてから少しの間はリボ払いの金額変更設定が行えず「このカードでは設定できません」のような表示が出るようです。
  11. ゴールドカードが届いたら、すぐに、『三井住友カード切替え案内デスク【0120-938-301】(受付時間: 9:00-17:00 / 年中無休 ※12/30-1/3を除く)』にお電話をする。多分、ゴールドカードのカード番号が必要です。Vpassの「カードの種類を切替える ~アップグレード~」に詳細がありますので、必ずご確認を。
  12. お電話口で、ゴールドカードでの「マイペイす・リボ」にお申し込みされているか確認して、1.これでゴールドカードの年会費が5,400円割引されるのかどうか、2.WEB明細+6回以上請求もしているのでこれで1,080円割引が適用されるのかどうか、3.リボ払いの金額が上限いっぱいになっているか、の3つを確認する。OKであればお礼をお伝えし、電話を切る。NGであればどうすれば良いのかを聞く。
  13. 改めてVpassで「マイ・ペイすリボお支払い金額変更」から限度額を上限(人それぞれ80万円〜150万円ぐらい?)を確認して、上限になっていなければ上限まであげる。
  14. ゴールドカードの年会費が4,320円になる。

 

以上です。

多分、上記の方法でゴールドカードに切り替えると年会費が最初から5,400円に割引されるか、過去1年間に6回以上の請求がある場合でWEB明細が適用されている場合は、4,320円に割引されると思います。

 

いろいろ調べてみると、どうやら、ゴールドカードでの「マイペイす・リボ」が適用されていなくて、5,400円割引にならない方が多いようです。

肝は、ゴールドカードが届いたら、すぐ、ゴールドカードでの「マイペイす・リボ」を適用させるために、『三井住友カード切替え案内デスク【0120-938-301】(受付時間: 9:00-17:00 / 年中無休 ※12/30-1/3を除く)』に、お電話してしまうのが一番間違い無い方法のようです。

 

ただし、自分でやった訳では無く私自身は未確認ですので、参考程度に捉えてくださいね。

 

▼公式:Amazonカード 公式サイト

Amazonマスターカード

 

 

以上、Amazonカードクラシックカードから、ゴールドカードへの切り替え方法と、注意点でした!では最後に、実際に使っている感想や評判、他のカードとの比較、現在の最新キャンペーンなどをテンポよく書いて、本記事を終わりにしたいと思います!

 

 

スポンサーリンク

Amazonカードの感想レビュー

Amazonカード感想評価レビュー

私は「Amazon Mastercardゴールド」を持っています。

カードローンや銀行もSMBC三井住友系も多く使わせていただいていますので、個人的にも気に入って使っています。

 

ここまで色々書いてきましたが、私が思うAmazonカードの最大のオススメポイントは、『Amazonに特化したシンプルさ』もそうですが、三井住友カードが発行していることの『堅実さ』『楽しさ』です。

 

Amazonカードは、Amazonに特化したシンプルさが強み

Amazonに特化したシンプルさは、ゴールドカードでAmazon Primeが無料なのも嬉しいですし、Amazonポイントも手間なく簡単に使いやすいので、すごく便利です。

 

Amazonカードは、三井住友カード発行の堅実さと楽しさもある

加えて、三井住友カード株式会社さんの発行ということで、旅海外国内旅行保険も付いていますし、空港ラウンジ無料もそうですし、ショッピング保険も、ETCカードも、家族カードも、IDカードも、色々使うことができて、クレジットカードを持つ楽しさを感じることが出来ると思います。

 

あ、あと、何気に気に入っているのが公式サイトの見やすさです。

明細などを見る「Vpass」が、以前よりどんどん使いやすくなっているのもとても良いなと感じています。

 

▼公式:Amazonカード 公式サイト

Amazonマスターカード

 

 

スポンサーリンク

Amazonカードの評判・評価・口コミ

Amazonカード」の評判・評価・口コミは、サイトやSNSなどを見ていても悪くないと感じます。

特に、「Amazon Mastercardゴールド」が良い口コミが多い印象です。

 

リンク先のAmazonのクレジットカードページにも他の商品と同じように、口コミが数千と載っているのも、凄い所です。

不正利用、不正使用時の対応の件も様々に書かれてあったりと、色々わかることもありますので、気になっておられる方は、一度、主な口コミを見てみるのも良いかと思います。

 

▼公式:Amazonカード 公式サイト

Amazonマスターカード

 

 

スポンサーリンク

Amazonカードと他社カードとの違いを比較

AmazonカードとOrico Card THE POINT(オリコカードザポイント)との違いを比較

オリコカード ザ ポイント

Orico Card THE POINT」はAmazonでのポイントが貯めやすく、他のポイントへの変換も豊富ですので、Amazonをお使いの方で40歳以上の方は、「Orico Card THE POINT」がおすすめです。

  • Orico Card THE POINT(オリコカードザポイント) → どちらかと言えば、Amazonでのお買い物をメインで使っている40歳以上の方
  • Amazonカード → Amazonでのお買い物をメインで使っておられる方。ポイント管理に手間をかけたく無い方。

本当は、2枚持ちがベストです。

私も「Amazonゴールドカード」と「Orico Card THE POINT(オリコカードザポイント)」の2枚持ちをしています。

詳細は「年会費無料でおすすめのクレジットカード比較ランキング7選」の回に色々書いております!

 

▼公式:Orico Card THE POINT 公式サイト

 

 

Amazonカードと楽天カードとの違いを比較

楽天カード

楽天カード」は、楽天をメインにお使いであれば楽天カードがベストになります。

楽天市場で3%還元になりますし、他の楽天サービスを使っているとポイント還元率もアップしていきますので、楽天周りですごく使い勝手が良いです。

  • 楽天カード → どちらかと言えば、楽天市場でのお買い物をメインで使っている方
  • Amazonカード → どちらかと言えば、Amazonでのお買い物をメインで使っておられる方。

 

ただ、楽天カードに関しては、楽天系のサービスの時だけ楽天カードを使って、他はAmazonカードを使うという2枚持ちでもよいと思います。

 

詳細は「年会費無料でおすすめのクレジットカード比較ランキング7選」の回に色々書いております!

 

▼公式:楽天カード 公式サイト

 

 

Amazonカードと三井住友VISAカードとの違いを比較

三井住友VISAカード

三井住友VISAカード」は、Amazonカードと同じ三井住友カード株式会社発行ですので、安心感と信頼感が有ります。

Amazonカードは国際ブランドがMasterなので、VISAを持つという意味で三井住友VISAカードとの2枚持ちをするのも良いと思います。

あと、三井住友VISAカードはプラチナカードまであるので、そこまで辿り着く楽しさもあると思います。

  • 三井住友VISAカード → セブンイレブン、ファミリーマート、ローソン、マクドナルドをよくお使いの方。三井住友VISAカードをゴールド・プラチナまで高めたい方。
  • Amazonカード → どちらかと言えば、Amazonでのお買い物をメインで使っておられる方。

 

詳細は「三井住友VISAカードおすすめ全ガイド。メリット・デメリット・注意点など全まとめ。」の回に色々書いております!

 

▼公式:三井住友VISAカード 公式サイト

三井住友VISAカード

 

 

Amazonカードとリクルートカードとの違いを比較

リクルートカード 」は、還元率が1.2%の高還元率ですのでかなりオススメです。

普段、Pontaポイントやリクルート系サービス(じゃらん・ポンパレモール・ホットペッパーグルメ/ビューティー)などをお使いであれば、「リクルートカード 」がベストです。

なので、皆さまが普段、使いやすいポイントに交換できる方がベストになります。

  • リクルートカード → Pontaポイント・リクルート系サービス(じゃらん・ポンパレモール・ホットペッパーグルメ/ビューティー)などを普段お使いの方
  • Amazonカード → どちらかと言えば、Amazonでのお買い物をメインで使っておられる方。

 

▼公式:リクルートカード 公式サイト 

 

 

スポンサーリンク

Amazonカードのキャンペーン【2019年9月度最新版】

三井住友VISAカードキャンペーン

Amazonカード」の最新キャンペーン主な一覧です!

また、新しいキャンペーンが始まりましたら、その都度追記いたしますね。

  1. Amazon Mastercardクラシック」入会で5,000ポイントプレゼント!
  2. Amazon Mastercardゴールド」は、Amazon Primeが無料!
  3. ゴールドカードは、「マイペイす・リボ」申し込みで、年会費5400円割引。
  4. ゴールドカードは、「WEB明細書サービス+過去1年間6回以上請求」で年会費1080円割引。
  5. クラシックカードは、「前年1回以上利用」で年会費無料。

 

などが現在開催中の主なキャンペーンです!

 

▼公式:Amazonカード 公式サイト

Amazonマスターカード

 

 

本記事は、以上になります。最後まで読んでくださって、ありがとうございました。最後になりますが、まとめと感想を書いて本記事を終わりにしたいと思います。

 

 

スポンサーリンク

最後のまとめと、感想です。さあ、Amazonカードを使ってみましょう!

Amazonカード

最後まで読んでくださって、ありがとうございました!

以上、「Amazonカードおすすめ全ガイド。メリット・デメリット・注意点など全まとめ。」でした。

 

まなべやまなべやのひとこと感想>

  • 最後まで読んでいただいて、ありがとうございました!
  • ここまで書いてきましたが、「Amazonカード」はAmazonに特化した簡単便利でシンプルなクレジットカードです。
  • 加えて、三井住友カード株式会社発行ですので、安心感や信頼感もあり、普段Amazonお使いの方は、1枚持っていても損の無いクレジットカードです!

 

Amazonカード」は、Amazonをお使いであればすごく使いやすいクレジットカードです。

ポイントも勝手に反映されますので、手間がかかりません。

まずは、クラシックカードから使い始めて、慣れてきたら、ゴールドカードに移行を考えるのがベストです!

 

▼公式:Amazonカード 公式サイト

Amazonマスターカード

 

本記事は、以上になります。

みなさま、素敵なクレジットカードライフを!

最後まで読んでくださって、ありがとうございました!

 

P.S. 年会費無料クレジットカードの上位おすすめは「年会費無料でおすすめのクレジットカード比較ランキング7選」こちらから!

 

コメント